マクロビオティックコラム

マクロビオティックは超高級~外食では食べられない価格と質

シェアする

マクロビオティックを始めて、家で作ったものほど美味しい料理は外では食べられないと感じるようになり、外食をほとんどしなくなった。

数年前までは、話題のレストランを探して行ってみたりその店の口コミを見るのが好きだったが、今はたとえ情報があっても流し読みで、ほとんど素通りしてしまう。

家での食事に完全に満足しきっている。

だが今日、ある自然系レストランのサイトを見る機会を得た。ネット上でその店を褒めている人がいて、興味を持ったのだ。

ランチメニューを見て「へえ」と思った。「ご飯、味噌汁、お茶」と単純に書くのではなく、「釜で炊いた自然栽培のご飯」とか「長期醸造味噌○○の味噌汁」「自然農法のお茶」のような書き方がされていたのだ。

味噌の銘柄まで出しているのにはちょっと驚いた。だがこう書かれると、いかにも美味しそうではないか。

「いいなあ~」と、料理を想像して楽しんでいるとき、ふと思った。自宅で作る料理も、そんな風に表現したら美味しそうなのでは?

我が家の定番「おにぎり・ごぼう汁定食」も、「玄米おにぎり、具だくさん味噌汁、べったら漬け、番茶」ではなく、

・圧力鍋炊き有機栽培コシヒカリ玄米のおにぎり
・長期醸造味噌「有機立科麦みそ」の具だくさん味噌汁(有機野菜使用)
・特別栽培大根のもろみべったら漬け
・有機栽培の三年番茶

と紹介するのだ。説明過多という気がしないでもないが、事実を書くとこうなる。こんなメニューを出す店があったら、絶対行ってみたいと思う。

実際、上記のような料理を出す店があったとしたら、値が張りそうな雰囲気がする。品質も良いが値段も良い、高級自然派レストランという感じがする。ランチでも、東京なら1000円くらいしてもおかしくない。けれど家で食べれば400円台なのだ。

400円台で食べているいつものメニューも、もし都会の自然派レストランで食べるとしたら二倍以上の値がつくかもしれない。だとすると、うちで食べているごはんというのはなんて高級なんだろう。マクロビオティックって高級だなあ。

そんな高級なごはんをかなりお得に食べられているということに一人ほくそ笑む。400円台で、この内容では、やっぱり絶対に外では食べられないよね~!

家での食事を愛する心に、ますます拍車がかかりそうだ。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティック優秀献立おにぎり・ごぼう汁定食誕生秘話

マクロビオティック的にも素晴らしい上に、栄養所要量をも満たす優秀献立「おにぎり・ごぼう汁定食」誕生の裏話です。おにぎり・ごぼう汁定食は、高校時代、スキー授業の昼食で食べた「熱々の豚汁とおにぎり」の記憶から生まれました。

自分をマクロビオティック実践者だなあと感じるとき~白砂糖を避けようとする

普段の生活において、自分をマクロビオティック実践者だとことさらに意識することはない。だが、先日、マクロビオティックが「異物」として、私の中でその存在をあらわにする経験をした。数年ぶりに訪れた、和食レストランのお土産売り場でのことだ。

外食前の玄米おにぎりで最低限の栄養確保

外食の前に玄米おにぎりを食べると、体調が崩れにくくなります。腹ぺこではなくなるため食べ過ぎず済んで、経済的にも良いです。

マクロビオティックは偏食?

マクロビオティックは偏食とは違います。嫌いだから食べないのではないし、食べようと思えば食べられるのですから。しかし、そのような見方をされても構わないと思っています。

「チャヤマクロビオティックレストラン」探訪記

チャヤマクロビオティック伊勢丹新宿店(ランチ)の感想、口コミ、レビューです。写真入り。ショートケーキが美味しかった!

「パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」探訪記~マクロビオティックとフレンチの融合

パティスリーシンプルモダンマクロビオティック(自由が丘)の感想、口コミ、レビューです。写真入り。パティシエの妹をもうならせるスイーツ群です!

マクロビオティックをやっていないのに苦しんでいる人

マクロビオティックをやっていないのに、「やめたいのにやめられない」と食の葛藤で悩んでいる人がいるのを見て驚きました。

外見は綺麗に、中身は僧侶~デパートで物欲を揺さぶられない

マクロビオティックを始めてから、食への執着が落ちるとともに、物欲までなくなってきました。

マクロビオティックで自炊力アップ

マクロビオティックのおかげで、自炊力、生活力がアップしました!

除去食ベースのマクロビオティック料理

肉、卵、牛乳除去。これだけでもマクロビオティックとしてかなり十分だと思えるのです。

ランダム記事

忙しい人のためのチャーハンおにぎり弁当

激務の妹に玄米チャーハンおにぎりを持たせています。主食とおかずを一品で摂れるお得料理です!

否定的な言葉はやわらかな言い回しに変える

断定的な否定形の言葉というのがある。「悪い」や「嫌い」などだ。私はそれらの言葉を日常で使わないよう強く意識している。

豊かな食事の「危険」とは何か

桜沢如一氏は、ご飯に野菜、汁物、肉やデザート、果物などがある豊かな食事を「危険」とおっしゃっています。その真意を考えてみました。

掌編小説:マクロビオティックとの対話~桜下の老人

マクロビオティックの哲学を題材に掌編小説を書いてみました。夢に向かって努力しているのになかなかうまくいかない主人公の前に、玄米おにぎりを持った老人が現れます。その老人が主人公に語りかけた言葉は……

クローン牛・豚が解禁? マクロビオティック実践者の心構え

2009年中にもクローン牛・豚の流通が解禁されるかもしれないと報じられました。マクロビオティック実践者はこの事態にどのような心構えでどう対処すれば良いのか提案します。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事