マクロビオティックコラム

電子レンジ回避で玄米ご飯を腐らせた

シェアする

電子レンジ、電磁調理器がダメと言われても』では「電子器具に頼ってでもマクロビオティックを続行することに重きを置く」と気を吐いた私だったが。威勢のいい記事を書いた反動か、なんだかそれまで以上に電子器具を意識するようになってしまった。

電磁調理器はそれほどでもない。これはもう撤去するわけにもいかないし、使っていてもたいしてイヤな感じはしない。

問題は電子レンジ。使った方が断然楽だし玄米生活を続けるには必要不可欠と思っていたが、ご飯を電子レンジにかけているときのウィーンという音とあの光が気になる。

マイクロ波が食物の波動を変えるって……? そんなこと言われても……でも……う~ん、どうしようかな……。電子レンジを回避する良い方法はあるだろうか?

毎日炊くのはさすがに面倒。冷蔵庫で保存してしまうと鍋で温め直さなければいけなくなって大変だから、それも却下。

できるとすれば、常温でご飯を保存して、腐らないうちに食べきってしまうこと。常温であれば温め直さなくても食べられるし、電子レンジを使う必要はない。

私は早速玄米を5合炊いた。いつものように200gごとにラップにくるむ。そして食卓テーブルの上にそのまま放置した。

当日はもちろん問題なく食べられる。翌日も、冷やご飯ではあるが美味しく食べた。

二日目の時点で、200gのご飯だんごは、まだ二つ残っていた。常温で三日もつだろうか? 不安がよぎり、その日の夜は玄関に保存先を移した。11月の北海道だ。冷蔵庫ほどではないけれど、寒さは十分。これでなんとか三日目までもつだろう。この試みがうまくいけば、電子レンジを使わない生活に入れるかもしれない……。

そして三日目。食事の時間になって、玄関からご飯だんごを持ってくる。見た目はまったく変わりない。ああ、常温でも三日保存できるんだ。私はラップをはがし、おにぎり作りに取りかかろうとした。

だが、そのときかすかな異変に気づいた。

なんだか、やけにご飯の表面が糸を引く……。

最初は、単なるご飯の粘り気だと思った。だが、粘り気にしては長く糸を引きすぎる。音で表現すると、「ぬたあ~」という感じだ。

鼻を近づけた。明らかにえた臭いがする!

いかん! 腐らせた! 私は玄米ご飯のぬたぬた加減と臭いを何度も確かめた。

有機栽培のコシヒカリ玄米ご飯なのだ! 大切な大切な主食なのだ! 立派な昆布と小豆も混ぜて炊いてある! しかも200gだんごが二つ! 大量だ! 腐らせるなんてありえない! もったいない!

しかしやはり、怪しげな粘りと臭いは本物。桜沢氏は、食べ物は腐ったくらいがちょうどよいなんてどこかで書いていたが、さすがに食べる勇気が出ない。

もしかしたら、いずれ食べる気になるかもしれないから……と、ラップにくるんだまま冷蔵庫に入れ、その日は主食を玄米餅で間に合わせた。

しかし冷蔵庫に入れた腐れ玄米ご飯は、何日も手をつけられず、そのうち冷蔵庫から姿を消した。知らないうちに母が捨てたのかもしれない。聞いてはいないが、あまり聞きたくもない……。

この出来事で、私は、「玄米ご飯を腐らせるくらいなら、やっぱり電子レンジを使ってでもきちっと食べきった方がマシだ」と思うようになった。

以来、電子レンジの使用に抵抗を感じなくなった。あの糸を引いて食べられなくなってしまった玄米ご飯の姿を思えば、炊きたてのまま凍って、電子レンジでホカホカに解凍された玄米ご飯の方が健康的に思える。

電子レンジを使っていて、それをダメと言われて反発し、反発したことで逆に気になって電子レンジを回避しようとした結果、結局電子レンジ生活に戻った。この経過は、真に「電子レンジ」というものを納得して使うために必要だったと感じる。

今日も私は、電子レンジで解凍した玄米ご飯でおにぎりを作って食べた。美味しかった。もう二度と君を腐らせやしないよ、玄米。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

電子レンジ、電磁調理器がダメと言われても

マクロビオティックでは電子レンジも電磁調理器も使わない方が良いことになっていますが、そんなことを言われても、使わざるをえない状況というものがあります。一番大事なのはマクロビオティックを続けるということではないでしょうか?

「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」、曖昧レシピで謎のスープ完成、やり直し

久司道夫さんの本で見つけた「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」。ぜひ作ってみたいと思ったのですが、レシピが簡潔で曖昧すぎて、半分は当てずっぽうにやるハメに。結果、できあがったのはどこまでも茶色いエキス。鍋に残ったのは大量の切り干し大根……。

「スーパー活力なべ(圧力鍋)で玄米炊き」失敗談~水加減多過ぎでおかゆ状、火の弱め忘れで焦げ

スーパー活力なべで玄米を炊いたときの二つの失敗談を写真つきで掲載しています。一つ目は、水加減の多すぎ。二つ目は、10分加圧のところを、仕事に集中しすぎて火を止め忘れたため一時間も加圧。さて一体どうなったか……。

マクロビオティックで実行が一番難しいこと~夜遅くに食べない

マクロビオティックの実践で何が一番難しいかと言えば。私にとっては「夜遅く食べないこと」。ついこの約束を破ってしまうが、そうすると翌日にひどい目にあう。

7号食実践記~1日目:玄米との対峙

7号食実践、一日目の記録です。玄米しか頼れるものがない中で、玄米に対してひれ伏すような、すがるような気持ちになります。「頼むよ玄米くん。君だけで命をつなぐんだ。信じてるよ」

一食分の玄米の量(グラム数)

一食分につき、玄米ご飯をどのくらい食べますか? マクロビオティックでは、主食の推奨量(重さで全体の約半量(50%)、かさで1/3(33%))が決められています。

外食前の玄米おにぎりで最低限の栄養確保

外食の前に玄米おにぎりを食べると、体調が崩れにくくなります。腹ぺこではなくなるため食べ過ぎず済んで、経済的にも良いです。

パスタ(スパゲティ)食べ過ぎで激腹痛の失敗

パスタは胃もたれしやすいと自覚があったのに、油断して食べて胃を弱らせ、さらにたくさん食べるようなマネをしたので腹痛を起こしました。久々の失敗です。

初めての「がんに効く玄米ご飯の炊き方」体験記

伊藤悦男氏著「がんに効く玄米の炊き方」を参考に、乾煎りしてから玄米を炊いてみました。

栄養失調~いわゆる夏バテ:後編-食べ物はバランスよく、たくさんの種類を摂るのが大事

栄養失調による夏バテを経験して初めて、私は「バランス良く、たくさんの種類の食物を摂る」ことの重要さを知った。

ランダム記事

初めての「そばがき手作り」体験記

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」を初めて手作りしたときのレポートです。練るのがとにかく大変!

苦痛は菩薩(ぼさつ)?

ネットニュースの記事を読んでいて、苦痛を菩薩と読み間違えました。そこから考えました。もしかして、苦痛と菩薩は似ているのでは?

マクロビオティック道の終点を迎えた経緯その3

マクロビオティックをやめよう。私はそう思うようになった。そして、マクロビオティックという大前提を意識から取っ払うことにした。

完全粉(全粒粉)100%でパン作り~ガチガチのダンゴになった失敗談

全粒粉(完全粉)100%のパンを焼いてみようとしたのですが、できあがったのは茶色でガリガリのだんごのような無骨パンで……。写真とともにその経過を掲載。しかしこれで諦めたわけではない! リベンジを誓う!

マクロビオティック指導者に頼る人の気持ち

私は、マクロビオティックで病気を治そうとする人が、いわゆる「指導者」と呼ばれる人に指示を仰ごうとする気持ちがわからなかった。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事