マクロビオティックコラム

煮詰まってイライラしたらりんごを食べる~焦りの陽性を穏やかな陰性で和らげる

シェアする

やらなければいけないことがあって、必死に取り組んでいるのに、思うように進まずにじりじりしていたとき。

「あ~ハーゲンダッツのアイスが食べたい」と苛立ちまぎれに思い、そんな自分を意外に感じた。

ハーゲンダッツのアイス? へえ、そんなものが食べたくなるなんて珍しい。

進みたくても進めず煮詰まっている状態というのは、たとえるなら焦がした醤油のような感じで、陽性が強いのだろう。

それを弱めるため、無意識のうちに「アイスクリーム」なんて極陰性のものが食べたくなったのかもしれない。

けれど、だからと言って本当にアイスクリームを食べなくてもいい。要は、イライラと陽性になっているのを優しい陰性で和らげられればいいのだ。

優しい陰性の筆頭

優しい陰性の筆頭は何か? りんごだ。

マクロビオティックにおいて果物は全般的に陰性だが、その中でもりんごは最も陽性でバランスが良いと言われている。赤く、実が堅く締まっており、寒冷地で採れるからだろう。

煮詰まったイライラにはりんごが効くに違いない! 私は早速、竹嶋有機農園のりんごを切って、皮付きのまま塩をふらずに1/2個食べた。

すると、思った通り、地団駄踏みそうなくらいにカリカリしていたのが、スーッと凪いでいくではないか。

落ち着きを取り戻した私は、気を取り直して再び作業に向かうことができたのだった。

もしアイスクリームを食べてしまっていたら、今度は陰性に傾きすぎて、やる気が失せたり、逆にしょっぱいものが無性に食べたくなったり、バランスをちょうど良いところで保てなくなっていただろう。

りんごであればその心配はない。バランスを崩さずに適度な陰性が欲しいとき、もってこいの食物だ。

煮詰まったときのイライラにはりんご。これを、今後の私の生活の知恵としたい。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

初めての「鉄火味噌(てっかみそ)」体験記~サラサラした野菜の佃煮のよう。思った以上に美味しい。

マクロビオティックの「最高貴薬」と言われる鉄火味噌(てっかみそ)。その得体の知れなさに手を出せずにいましたが、ついにトライしてみました。そうしてわかるてっかみその実力! ぜひこのてっかみその魅力をお伝えしたいです。

皮つきりんごが美味い!~竹嶋さんの無農薬紅玉

りんごジャムを作るために、無農薬の「竹嶋さんのりんご」を買いました。写真つきでレビューしています。無農薬だから皮つきで食べられたのですが、これがとても美味しかったのです! 皮つきりんごのウマさにびっくりです。ジャムを作る前に減ってしまいそうです。

続・皮つきりんごが美味い!~竹嶋さんの無農薬ジョナゴールド

竹嶋有機農園から、紅玉に引き続き無農薬ジョナゴールドを取り寄せました。写真つきの感想です。とにかく見た目が美しく、甘くて美味しい!

揚げ物の食べ過ぎで頭痛、吐き気

油は、食べ物にパワーを与えますが、摂りすぎると陰性症状の原因になります。けれど揚げ物って美味しいので、つい食べ過ぎてしまって失敗……

月経前の揺らぎ~揺らいでもカリカリしない。揺らぎを受け入れる。

マクロビオティックで心身をととのえていても、やはり月経直前の気持ちのゆらぎを完全に制御することはできません。でも、それも自然なことだと思うのです。

東京都杉並区の井草八幡宮参拝& 帰って有機そばを食べる

そばを食べるためのわさびを買いにいくついでに、井草八幡宮に参拝してきました。写真入り。

好きだったスナック菓子を食べなくなって半年、今、思うこと

マクロビオティックを始めて、私が執着を断つのに最も成功したと言えるのはスナック菓子だ。

三年番茶ブレンドでジャスミンティーの陰性を和らげる

ジャスミンティーは陰性が強いお茶ですが、それを陽性化する方法を見つけました。三年番茶と一緒に煮出すのです!

ソバカキって何? 深大寺「一休庵」で初めてそばがきを食す!

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」。深大寺近くのそば屋(一休庵)で実際に「そばがき」を食べたときの写真つきレポートです。

にんじんりんごジュースで知る新たな世界~マクロビオティックからはみ出すのが面白い

マクロビオティックの理論からはみ出す「にんじんりんごジュース」への挑戦は私の食生活を進化させてくれました。美肌効果にも驚きました。

ランダム記事

病気の人のマクロビオティック

病気治しのためのマクロビオティックには苦労がつきものです。その苦労を乗り越えずして病気は治りません。

強くない体に守られている

胃腸が強くないことで太りすぎずにすんでいるんですよね。物事は、マイナスだけではありえず、必ずプラスの面があることを考えさせられます。

マクロビオティックをやっていないのに苦しんでいる人

マクロビオティックをやっていないのに、「やめたいのにやめられない」と食の葛藤で悩んでいる人がいるのを見て驚きました。

人のためになることって何?

人の役に立つとはどういうことか? 大仰なことはできなくても、人の気持ちを励ましたり、勇気づけたり、楽しませたり、ちょっとでも明るくさせたりできれば、十分に人の役に立てていると数年かけて気づいた。

病気を受け入れる

マクロビオティック実践者であるにも関わらず重い風邪をひき、私は今まで忌み嫌っていた「病気」を受け入れざるを得ないところまで追い込まれました。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事