マクロビオティックコラム

好きだったスナック菓子を食べなくなって半年、今、思うこと

シェアする

マクロビオティックを始めて、私が執着を断つのに最も成功したと言えるのはスナック菓子だ。

スナック菓子には一番依存していた。だからこそ今、とことん距離を保てるのかもしれない。極陽が転じて極陰となるように……。

だが、スナック菓子から離れられるときが来るとは、葛藤で苦しんでいるさなかには想像がつかなかった。

だって、美味しくてたまらなかったのだ。あの味の濃さ。こってりとしたチーズの風味。サクサクとした歯触り。ああ無理だ、離れようと思ったって離れられない。神様、こんな私をお許しください~!

と思いながら食べ続けていた。だから、親知らず抜歯後、熱がやっと下がったばかりの体でポテトチップを一袋半むさぼり食ったときも、まさかそれを最後にスナック菓子から離れることになるとは思っていなかった。

だが結局、本当に、あの2008年7月のポテトチップ暴食以後、私は一度もスナック菓子を食べずにここまできている。

私はそんな自分がいまだに信じられず、スーパーのスナック菓子コーナーにわざと立ち寄ることがある。欲しかったら買おう、もうそろそろいいよ、何か食べたいのない? と自分に問いかける。

けれど、「いや、いいわ……」と、スナック菓子を前にして、欲望はそっぽを向く。

なぜいらないのか? さらに自分に問うて出てくる答えは、「カロリーが高いから」。大体、スナック菓子は一袋で400キロカロリー以上あったりする。たいしてお腹がいっぱいになりもしないのに、400キロカロリーも摂ったらもったいない。そんな思いが先頭に立っている。

今の私は、同じ400キロカロリーならスナック菓子よりも満足できるおやつを知っているということなのだろう。たとえば、焼き芋、お好み焼き、ざるそば、うどん……。

同じ摂取カロリーでも、いかに体に良く、美味しいものを選んで食べるか? マクロビオティックを始めて以来、そんな合理的な精神が身についたように思う。

そんなわけで、私はスナック菓子コーナーから毎度立ち去ることになるのだ。「今日こそは買う!」と意気込んで行った日も、商品を目の前にするとたちまちその思いがかき消えるのが不思議である。

追記:その後、たまに食べるようになる

2018年追記:上記、マクロビオティック実践時代に、スナック菓子を数年間一切食べない時期があった。

だがその後、2009年に体調を崩し、マクロビオティックを卒業。(このへんのことについて詳しくは「マクロビオティック実践の果てに」参照)

自分なりの健康道に移行した現在は、スナック菓子もたまに食べるようになった。

だが、やはりあまり体に良くないという思いはあるので、極力、控える心がけはしている。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティック優秀献立おにぎり・ごぼう汁定食誕生秘話

マクロビオティック的にも素晴らしい上に、栄養所要量をも満たす優秀献立「おにぎり・ごぼう汁定食」誕生の裏話です。おにぎり・ごぼう汁定食は、高校時代、スキー授業の昼食で食べた「熱々の豚汁とおにぎり」の記憶から生まれました。

マクロビオティックは超高級~外食では食べられない価格と質

外食をほとんどしなくなった私が、自然派系レストランのサイトで美味しそうなメニュー表記を見つけた。自分の家で食べるメニューもレストラン風にしたらどうなるか考えて、一人満悦。

カップ麺もスナック菓子も、見ざる、言わざる、聞かざる。

マクロビオティックに慣れ、カップ麺やスナック菓子を見ても心動かされなくなっただろうと思っていたら、実際は「美味しそう」と感じる心が残っていました。

肉は、もうわかった。~焼き肉への執着が落ちた瞬間~

マクロビオティックを始める前に好きだった焼肉。いまだにチラシを見ると美味しそうだなあと思ってしまうので、思い切って三年ぶりに食べに行ってきました。その結果……。

揚げ物の食べ過ぎで頭痛、吐き気

油は、食べ物にパワーを与えますが、摂りすぎると陰性症状の原因になります。けれど揚げ物って美味しいので、つい食べ過ぎてしまって失敗……

マクロビオティックをやっていないのに苦しんでいる人

マクロビオティックをやっていないのに、「やめたいのにやめられない」と食の葛藤で悩んでいる人がいるのを見て驚きました。

煮詰まってイライラしたらりんごを食べる~焦りの陽性を穏やかな陰性で和らげる

煮詰まってイライラしている(陽性が強い)とき、甘いものがほしくなりますが、おすすめなのはりんごです。りんごはマクロビオティックにおいて最も陽性な果物とされています。

東京都杉並区の井草八幡宮参拝& 帰って有機そばを食べる

そばを食べるためのわさびを買いにいくついでに、井草八幡宮に参拝してきました。写真入り。

外見は綺麗に、中身は僧侶~デパートで物欲を揺さぶられない

マクロビオティックを始めてから、食への執着が落ちるとともに、物欲までなくなってきました。

ソバカキって何? 深大寺「一休庵」で初めてそばがきを食す!

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」。深大寺近くのそば屋(一休庵)で実際に「そばがき」を食べたときの写真つきレポートです。

ランダム記事

苦痛は菩薩(ぼさつ)?

ネットニュースの記事を読んでいて、苦痛を菩薩と読み間違えました。そこから考えました。もしかして、苦痛と菩薩は似ているのでは?

初めての「グルテン粉からセイタン作り」体験記

セイタンを手作りしてみて意外に美味しかったので、今度はグルテン粉から作ってみました。

マクロビオティックだけで精神修養できるのか

マクロビオティックを実行すれば中庸の精神が得られるとされますが、私自身は、現在の楽な精神状態をマクロビオティックだけで手に入れたのではありません。

「チャヤマクロビオティックレストラン」探訪記

チャヤマクロビオティック伊勢丹新宿店(ランチ)の感想、口コミ、レビューです。写真入り。ショートケーキが美味しかった!

病気を受け入れる

マクロビオティック実践者であるにも関わらず重い風邪をひき、私は今まで忌み嫌っていた「病気」を受け入れざるを得ないところまで追い込まれました。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事