マクロビオティックコラム

マクロビオティック成功と失敗の定義-成功の秘訣は信じること

シェアする

マクロビオティックに挑戦してみて、成功する人とそうでない人がいる。

成功するとは、マクロビオティック実践により体調や精神面に何らかの向上が見られ、マクロビオティックを続ける意欲を持てること。

成功しないとは、マクロビオティックを実践したのに何も変化がない、もしくは心身の状態が悪化して、「こんなのインチキじゃん」とマクロビオティックから離れてしまうこと。

両者は実に表裏一体、紙一重だ。

信じる心の有無

違いはおそらくただ一つ。信じる心を持っていたかどうかだ。

何事においても、「うまくいく」と信じて取り組むのと「うまくいきっこない」と疑いながら取り組むのとでは、結果が違ってくる。

信じていれば、途中どんな困難があろうとも「この先にきっと光が!」と耐え抜くことができる。だが、疑っていると、困難がふりかかってきたときに「やっぱりダメだった」とそこで諦めてしまう。

歩み続けていればたどり着いたはずの栄光のゴールを見ずして、そんなものがあると知ることもなく、ステージを降りてしまう。

マクロビオティックも同じだ。

信じているとマクロビオティックを継続する

たとえば、マクロビオティックの教えに則して玄米ご飯と野菜の食事を続け、数ヶ月後に生理が止まってしまったとする。

健康を得られると信じてマクロビオティックに取り組んでいれば、その「生理停止」という現象をも肯定的にとらえることができる。きっと、何か体の中で良い変化が起こっているに違いないと。

だが、マクロビオティックを疑っていた人は、生理が止まってしまったことがネガティブな現象に思える。やっぱり、マクロビオティックっておかしい、生理が止まっちゃった!……と。

信じていた人は続行する疑っていた人はそこでやめる

結果、信じていた人の生理は数ヶ月後に再び復活し、しかも周期が以前よりととのい、生理痛も軽減されたりする。それに感激し、ますますマクロビオティックへの信頼が強まる。

続けていれば得られていたはずの健康

マクロビオティックをやめて元の食生活に戻ってしまった人は、続けていれば体験できたはずのことを知らないままに、その後の生活を送る。

マクロビオティックで得られたはずの健康を得ないまま終わったからといって、特に問題があるわけではない。だが、もったいないのは確かだ。

健康は、いくら増大しても困ることなんてない。もらえるものならもらっておきたいと思うはずだ。マクロビオティックを続けていると、ほぼもれなく健康がプレゼントされると思って良い。

だから、信じることだ。マクロビオティックにトキメキを感じ、これはスゴイんだ! と、わくわくしながら取り組むことだ。

好きなものを食べられない苦しみだって何のその。この先に、想像したこともないような楽しい世界が待っていると思えば耐えられる。

マクロビオティックを続けることによって見られる世界というのは素晴らしい。耐えて、悩んで、葛藤し抜いて、そこまでする価値が十分にある。

見えないものを信じて貫くのは簡単ではない。けれど信じてほしい。きっと、きっと、続けて良かったと思える日が来るはずだ。

2018年追記:九年後思うこと

上記記事を書いてから九年が経過した。

マクロビオティック実践の果てに体調を崩して現在は自分なりの健康道に移行している身にとって、上記記事冒頭の「マクロビオティック成功者」「マクロビオティック失敗者」のうち、自分は一体どちらに該当するのか、改めて考えてしまった。

私は結果的にマクロビオティックから離れた。ここだけ見ると失敗なのだが、「インチキじゃん」というような悪感情はマクロビオティックに対して持っておらず、今でも、一つの興味深い食のあり方を体験させてくれたことに感謝している。

玄米、梅干し、ひじきなど、マクロビオティックを実践しなければ積極的に食べなかった健康食材も多い。

だから、新たに定義し直したい。

マクロビオティックに成功するとは、最終的に、マクロビオティックに感謝の心が持てること。

マクロビオティックに成功しないとは、最終的に、マクロビオティックに感謝の心が持てないこと。

この新基準に照らせば、私はマクロビオティックに挑戦し、成功した人間と言えると思う。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

人生が先、マクロビオティックは後。~マクロビオティックに振り回されてはいけない

マクロビオティックの知識を、何のために普段の食生活に生かすのか。第一は健康のため。第二はやりたいことをやるため。この、「やりたいことをやるため」というのが大事です。マクロビオティックのために人生があるのではなく、人生のためにマクロビオティックがあるのです。

マクロビオティック独学のススメ

マクロビオティックは独学が基本だと私は思っている。指導者の書いた本を読めば、直接指導を受けたと同じこと。あとは、日々の実践の中で、知識の定着をはかってゆけば良い。正しい食物を選ぶ判断力はすでに自分の中に備わっていると考え、もっと自分の力を信じることが大切だ。

マクロビオティックを信じてみる気になった理由

胡散臭いとか、宗教っぽいとか、そんな疑惑の眼差しを向けられることもあるマクロビオティックだけれど。私はマクロビオティックの主張は信頼に足ると、最初に直感した。その理由は、マクロビオティックが無欲だから。

マクロビオティックは苦しいか?

私はマクロビオティックをやっていて苦しいと思ったことがありません。それは、マクロビオティックに対しいつも反発しているから。マクロビオティックを自分のものにするためには、この「反発」も大事なことです。従順なだけじゃ苦しいです。

マクロビオティックへの批判

マクロビオティックに対し、強い怒りや悲しみ、懐疑心を抱いてしまうのはなぜなのか? どうしたらそれらを解決できるのか? 鍵は「自力独行の研究心」。

マクロビオティックのトラウマ~母の囚われ

幼少期に参加した「健康学園」という厳格なマクロビオティックの合宿によって、マクロビオティックに対するトラウマを抱えてしまっている母。その根は深そうで、娘の私も困ってしまうほど。

病気の人のマクロビオティック

病気治しのためのマクロビオティックには苦労がつきものです。その苦労を乗り越えずして病気は治りません。

マクロビオティッ苦(ク)

「マクロビオティック」とキーボードで打ち込むのはなかなか難しく、たまに間違えます。その代表格が「マクロビオティ苦」。「ク」だけが「苦」と変換されるのがミソです。

マクロビオティックだけで精神修養できるのか

マクロビオティックを実行すれば中庸の精神が得られるとされますが、私自身は、現在の楽な精神状態をマクロビオティックだけで手に入れたのではありません。

マクロビオティックはおすすめできない?

マクロビオティックに興味を持った人に対し、マクロビオティックを積極的にすすめるのをあまり見たことがありません。皆、どこか慎重です。けれどあまり恐れず、「一度、とりあえずやってみたら?」とまずマクロビオティックを相手に差し出してあげた方が良いと思うのです。

ランダム記事

マクロビオティックをオープンにしたい~私がサイトを作った理由

マクロビオティックというのはその詳細があまりオープンにされていない。「玄米菜食」という一言では語り尽くせないマクロビオティックの本当のところを知らせるため、このサイトが役立てられたらと思う。

邪食? 普通の食?

マクロビオティックを実践していると、「邪食」という言葉を聞くことがあると思います。その言葉によって苦しめられている人もいるようですが、そもそも「邪食」なんて呼び方を自分自身が拒否すれば良いだけの話だと思うのです。

自分を自分で怒らない、責めないことの大切さ~自分を許すと楽になる

過去の失敗行為を思い出して「ああすれば良かったなあ」と後悔するとき、自分を慰め励ますのも良い手なのですが、許してやれ、と自分に語りかけると、もっと根本から楽になれました。

7号食実践記~終章:7号食との付き合い方

7号食実践の総まとめ。7号食は、間食を食べたい欲求を静めるのに効果がありました。ただ、ふらふらになるので、実践するなら休日が良いです。

親知らず抜歯後、歯茎の回復で噛めるようになってきた~マクロビオティック実践記11

マクロビオティックを始めて一年二ヶ月。親知らずを抜歯して2ヶ月経ち、やっと固形物が食べられるようになってきました。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事