マクロビオティックコラム

しなびた大根の救済策~丸ごと煮物にすれば間違いない(レシピ)

シェアする

台所の野菜置き場をふと見ると、玉ねぎやニンジンたちに埋もれて一本の大根が弱々しく横たわっていた。

葉は無駄に伸び、しおれかかってヒョロヒョロ。大根は表面に皺が寄って、張りもなく人形の腕のようにグニャグニャ曲がる。

これはいかん。このまま放置すれば、日に日に使い物にならなくなっていくだけだ。今日、今すぐ、何とかしよう。

私はすぐさまその大根を洗い、まな板の上にのせた。葉は、黄色くなっていた先端部分を切って、大根葉水耕栽培コレクションに加える。

大根葉:マクロビオティック羅針盤

↑写真右奥のもの。

大根は、一本分800gすべてを1㎝厚の輪切りにして、さらに銀杏切りにした。大根はしなびていても煮物にすればなんとかなるということを、「たくあんと根菜・昆布の煮物」で学んだ。

あんな、しなびた大根の代表格のようなたくあんでさえ、プリプリサクサクになったのだ。いわんや、まだ生野菜の風情を残す大根においてをや!

作り方

鍋にごま油を大さじ1ほど熱し、大根とざく切りにしたエノキダケ(大1束:200g)を炒める。全体に軽く火が通れば材料がひたひたになる程度にだし汁を加える。

しなびた大根煮:マクロビオティック羅針盤

↑煮立ったら弱火にし、落としぶたをして30分。醤油大さじ3を加え、ざっくり混ぜたら再び落としぶたをして一時間半じっくりと煮込んでいく。

しなびた大根煮:マクロビオティック羅針盤

↑合計二時間煮込んだ大根は、しっかりダシもしみて、サクサク、ホロホロの旨さである。

しなびた大根煮:マクロビオティック羅針盤

↑器に盛り、大根葉水耕栽培コレクションからプチッと少しもいで上に飾りでもすれば完璧。見た目も美しく、ジューシーで、ぺろっと食べられてしまう。

かように、風前の灯火だった大根の命は救われたのだった。

しなびた大根は一本まるごと煮物にする! これで間違いない。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

初めての「ねぎ味噌」体験記

マクロビオティック料理の「ねぎ味噌」を初めて作ったときの記体験談です。ねぎと味噌だけが材料なのでしょっぱい味を想像していましたが、意外や意外、なぜこんなに甘いのか? ねぎ味噌のレシピも掲載しています。

初めての「マイースのハンバーグ」体験記

リマクッキング掲載の「マイースのハンバーグ」(卵も牛乳もパン粉も不使用)に挑戦したときの記録です。つなぎに使う地粉の「適宜」という指示がどれくらいかわからず、最初は失敗……。

大根葉の水耕栽培でお得気分

大根のヘタを水につけておくだけで短い茎が伸び、葉がつきます!

初めての「豆腐チーズ」体験記

豆腐チーズなる、豆腐を味噌に漬けた一品を作ってみました。確かに、香りや食感がチーズに似ています。写真つきでレシピも紹介。

揚げ物の食べ過ぎで頭痛、吐き気

油は、食べ物にパワーを与えますが、摂りすぎると陰性症状の原因になります。けれど揚げ物って美味しいので、つい食べ過ぎてしまって失敗……

初めての「完全粉からセイタン作り」体験記

必要ないと思って敬遠してきたマクロビオティック界の大いなる謎、「セイタン」を、好奇心から手作りしてみました。

初めての「手作り納豆巻き」体験記

値段を気にせず納豆巻きを食べたくて、ついに手作りしてしまいました! 寿司酢も酢と粗糖と塩で手作り。レシピ掲載。

初めての「食養第一期食そばパン作り」体験記~栄養バランス良く、副菜いらず

桜沢如一氏著「新食養療法」にマクロビオティック開始直後の「第一期食」として掲載されていた謎の食品「ソバパン」を作ってみました。

初めての「がんに効く玄米ご飯の炊き方」体験記

伊藤悦男氏著「がんに効く玄米の炊き方」を参考に、乾煎りしてから玄米を炊いてみました。

初めての「そばがき手作り」体験記

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」を初めて手作りしたときのレポートです。練るのがとにかく大変!

ランダム記事

初めての「そばがき手作り」体験記

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」を初めて手作りしたときのレポートです。練るのがとにかく大変!

私の目指す健康=松岡修造

私は熱い人間が好き。そんな私が最近注目しているのが松岡修造氏。彼の「楽しくてしょうがない、疲れるってことがわからない」という精神状態を新たな目標の一つに、マクロビオティックを実践していきたい。

病気の人のマクロビオティック

病気治しのためのマクロビオティックには苦労がつきものです。その苦労を乗り越えずして病気は治りません。

マクロビオティックへの批判

マクロビオティックに対し、強い怒りや悲しみ、懐疑心を抱いてしまうのはなぜなのか? どうしたらそれらを解決できるのか? 鍵は「自力独行の研究心」。

アトピー性皮膚炎との歩み~3.浪人時代の脱ステロイド

離乳食から肉、卵、牛乳を除去した食事(除去食)を続けたおかげで皮膚症状はだいぶ改善されたものの、ステロイド剤を塗る日々が続いていました。せめて顔は脱ステロイドしたいと、自宅浪人を機に一念発起。リバウンドで赤くひび割れた頬を改善させるまで試行錯誤が続きました。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事