マクロビオティックコラム

栄養失調~いわゆる夏バテ:前編-熱はなく、ひたすらだるい

シェアする

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗』で書いたように、ジュースを飲み過ぎて具合が悪くなってしまった。

ああ、量が過ぎたのだな、これからはもっと飲み方を注意しなければいけないな……と反省して、翌日からはまた元気に一日を始められる……予定だった。

だが。ジュースの飲み過ぎがもたらした具合の悪さは、そのまま全身の不調へとなだれ込んだ。

その日の夜、布団に入ってから、どうも肺のあたりがおかしいと感じた。息を深く吸うと軽く痛む感じがする。

私は目を閉じながら脂汗をかいた。なんだ、この肺の痛みは。何かおかしな病気だったらどうしよう……。

一晩眠れば治るはず。そう信じて朝を迎えた私を、ひどい倦怠感が襲った。だるい。体が重たい。肺には相変わらず違和感がある。

これはどうしたことだ。歩こうとするとフラフラする。その日は外出する予定だったが急遽家でじっとしていることにし、布団にもぐりこんだ。

熱はなく、だるい

体温計

風邪だろうか? そう思ったが、熱はない。むしろ平熱よりも低いくらいで、いつから自分の平熱はこんなに下がってしまったのかと驚いた。

熱はない。鼻水も出ないし咳もない。けれどこのだるさは紛れもなく風邪のときのもの。

なんだかおかしな風邪だなあ……。

そう思いながらも、私は風邪を治すための食事を妹に作ってもらうことにした。ジュースの飲み過ぎで起きた不調なのだから、陰性病だろう。ということは陽性のものを食べなければいけない。

梅醤番茶を飲み、新食養療法で風邪の時のメニューとして載っていた「ねぎ味噌雑炊」をすすることで、私は体を陽性にもっていこうと頑張った。

悪化した

だが、なかなか症状は改善しない。風邪のときはあまりものを食べない方が良いと思っていたから、ねぎ味噌雑炊を一杯食べたらあとは寝るという生活をしていたのだが、回復があまり感じられない。

通常の風邪であれば、このように過ごせば一日ごとに何らかの前進が見られるものだ。少し熱が下がったり、体が楽になったり。

けれど今回の風邪は元々熱もなく、咳も鼻水もなく、ただだるいだけなのだ。そしてそのだるさが取れない。

ねぎ味噌雑炊と梅醤番茶だけで二日が経過した次の朝、私はトイレに行こうと立ち上がり、そのままくずおれそうになった。

な……なんだこれは。立つのもままならない。悪化している!

よろよろしながらなんとかトイレから戻ってきて、そのままベッドに倒れる。枕の位置にまで頭を持っていくことさえできない。

呼吸がぜえぜえと浅くなる。ああ、死ぬときってこんな感じなのかもしれないと本気で思った。

息絶えそう

雨 体調不良

「姉ちゃん、このまま死ぬかもしれない……」

食事の準備をしている妹に訴えると、「ええ~?」と笑われた。

トイレから戻ってきて倒れた姿のままベッドの上で時間が経過するのを待っているうちに、妹が「ご飯できたよ」と声をかけてくれた。

渾身の力を振り絞って起き上がり、食事が載せられたお盆を受け取る。その日のメニューには「ねぎ味噌雑炊」だけではなく、「大根おろし」と「かぼちゃとさらし玉ねぎのサラダ」もついていた。

久々のバラエティーに富んだ食事

この最悪の体調でこんなにたくさん食べられるだろうか。途中で吐いてしまったらどうしよう。そんな不安がよぎったが、とりあえずゆっくり、食べられるところまで食べることにした。

おそるおそる箸をつける。よく噛んで唾液と混ぜ、胃に静かに流し込む。意外と拒否反応はない。

体の反応を見ながら、私は食事を進めた。大根おろしも、美味しい。かぼちゃのほっくりとした甘さも懐かしかった。

けれど、まだ「自分は陰性過多だから陽性にととのえなければいけない」と強く思っていた私は、かぼちゃサラダにのせられていたさらし玉ねぎを食べなかった。

玉ねぎ自体は陽性だが、生のたまねぎとなるとあまり陽性とはいえないと思ったからだ。

さらし玉ねぎを残して完食した盆を妹に返す。すると妹は「玉ねぎ、食べられなかった?」と幾分残念そうな顔をした。

「生野菜は風邪の胃にはちょっときついかなと思って……。体調が良くなったら食べるからラップにくるんで冷蔵庫に入れておいてもらえる?」

そう言うと、妹は「うん」と盆を台所に下げに行った。その妹が、台所から声を上げる。

「レモン水、作ろうか?」

レモン水……? レモンっていったら陰性だよな……。そんなもの飲んで大丈夫かな……。さらし玉ねぎの陰性を気にして食べなかったくらいなのに……。そう思ったが、なんとなくレモン水という響きの爽やかさに惹かれ、作ってもらうことにしたのだった。

レモン水に体が目覚める

レモン水

妹が作ってくれた「レモン水」は、水100mlにオーガニックのレモン果汁を大さじ1杯ほど溶かしたものだった。淡黄色に濁ったレモン水を、吸い飲みに入れて一口飲む。

すると、なんと爽やかな香味! 目が冴え、体がシャッキリ元気になる感じがあった。私はそのレモン水を少しずつ喉に流し込み、全部を飲みきった。

「これ、美味しいね。体が軽くなる感じがする」
「クエン酸効果かな? ビタミンCも入ってるしね」
ビタミンC……? そう聞いて、私の中で何か反応するものがあった。

実は、生のにんじんジュースには、アスコルビナーゼというビタミンC破壊酵素が含まれているという情報(*1)をネットで得ていた。アスコルビナーゼは熱と酸に弱いから、ジュースにするときはレモン果汁などを加えると良いということも知ってはいた。

だが私はそれを無視していた。胃に入れば、胃酸でアスコルビナーゼも不活性化するのではないかと勝手に決めつけ、にんじんとりんごの果汁を混ぜたものをそのまま飲んでいた。

生のにんじんジュースに含まれるアスコルビナーゼが、私の体内のビタミンCを破壊したのか? それはわからない。だが、可能性はある。

現に、レモン水を飲んで体が目覚めるような感覚があったではないか!

そうだ、ビタミンC不足だー!!

私は自分への診断を「陰性過多」から「ビタミンC不足」に切り替え、ビタミンC摂取に乗り出した。レモン水を追加で飲み、さっき残したさらし玉ねぎもすぐにわしわしと食べたのだった。

後編へ続く……


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」、曖昧レシピで謎のスープ完成、やり直し

久司道夫さんの本で見つけた「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」。ぜひ作ってみたいと思ったのですが、レシピが簡潔で曖昧すぎて、半分は当てずっぽうにやるハメに。結果、できあがったのはどこまでも茶色いエキス。鍋に残ったのは大量の切り干し大根……。

「スーパー活力なべ(圧力鍋)で玄米炊き」失敗談~水加減多過ぎでおかゆ状、火の弱め忘れで焦げ

スーパー活力なべで玄米を炊いたときの二つの失敗談を写真つきで掲載しています。一つ目は、水加減の多すぎ。二つ目は、10分加圧のところを、仕事に集中しすぎて火を止め忘れたため一時間も加圧。さて一体どうなったか……。

電子レンジ回避で玄米ご飯を腐らせた

電子レンジの使用を避けようとして玄米ご飯を常温で保存した結果、腐らせて、食べられなくなってしまいました。そんな経験から得た教訓を書いています。

マクロビオティックで実行が一番難しいこと~夜遅くに食べない

マクロビオティックの実践で何が一番難しいかと言えば。私にとっては「夜遅く食べないこと」。ついこの約束を破ってしまうが、そうすると翌日にひどい目にあう。

完全粉(全粒粉)100%でパン作り~ガチガチのダンゴになった失敗談

全粒粉(完全粉)100%のパンを焼いてみようとしたのですが、できあがったのは茶色でガリガリのだんごのような無骨パンで……。写真とともにその経過を掲載。しかしこれで諦めたわけではない! リベンジを誓う!

笑うしかない極短全粒粉うどん

手打ちで全粒粉うどんを作ってみたは良いのですが……

パスタ(スパゲティ)食べ過ぎで激腹痛の失敗

パスタは胃もたれしやすいと自覚があったのに、油断して食べて胃を弱らせ、さらにたくさん食べるようなマネをしたので腹痛を起こしました。久々の失敗です。

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗~前編~

にんじんりんごジュースを飲みすぎて胃がおかしくなりました。

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗~後編~

にんじんりんごジュースを飲み過ぎて胃の調子がおかしくなった……失敗談の後編です。

栄養失調~いわゆる夏バテ:後編-食べ物はバランスよく、たくさんの種類を摂るのが大事

栄養失調による夏バテを経験して初めて、私は「バランス良く、たくさんの種類の食物を摂る」ことの重要さを知った。

ランダム記事

おにぎり・ごぼう汁定食開発、生理ストップ~マクロビオティック実践記5

マクロビオティックを始めて8ヶ月。体調絶好調メニューおにぎり・ごぼう汁定食が誕生します。

マクロビオティックをオープンにしたい~私がサイトを作った理由

マクロビオティックというのはその詳細があまりオープンにされていない。「玄米菜食」という一言では語り尽くせないマクロビオティックの本当のところを知らせるため、このサイトが役立てられたらと思う。

マクロビオティック実践後、前は食べられたもの(ドリア、カレー等)が食べられなくなった~読者様より

マクロビオティック実践により、前は食べられたカレーやドリアが食べられなくなった…それは、体が自分に不要なものを「要らない」と主張し始めた良いサインだと思います。

マクロビオティックへの批判

マクロビオティックに対し、強い怒りや悲しみ、懐疑心を抱いてしまうのはなぜなのか? どうしたらそれらを解決できるのか? 鍵は「自力独行の研究心」。

食事は仕事~体を養うための食

食の楽しみとは何でしょうか? 目や舌のためではなく、体のために食べるのだということがわかったとき、新たな食の姿が見えてきます。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事