マクロビオティックコラム

精神のきらめき初体験! これが中庸?~マクロビオティック実践記14

シェアする

2008年9月。マクロビオティック開始から一年五ヶ月。

2007年から地道に続けていたサイト作成が波に乗り、食事にかまっていられなくなる。

食べ物のことがどうでもよくなるほど、執着がなくなるほど、余計な煩悩が消えて食生活自体は模範的なものとなる。

マクロビオティック食事

鉄火味噌おにぎり、ごぼう汁(醤油仕立て)、わかめ大根サラダ、ひじきの煮物(2008.9.12)

マクロビオティック食事

鉄火味噌おにぎり、大根葉の煮浸し(2008.9.20)

それまでは玄米、黒米、雑穀(もちきび、もちあわ、アマランサス)、昆布で炊いていたところに小豆を加えるようになったのがちょうどこの頃だ。

間食については、先月の暴走と失敗に懲りて過度な欲求もおさまっており、おやつにはもっぱら手作りのぶどうパンを食べていた。

マクロビオティック手作りパン

手作りぶどうパン(一時発酵まではホームベーカリーで)(2008.9.10)

このパンと一緒に、氷をたくさん入れたアールグレイのアイスティー(有機紅茶)を飲むのが好きだった。暑いせいもあって、スッキリとしたアイスティーがとても美味しく感じられた。

このときすでにコーヒーが体に合わなくなっていたのだが、紅茶は大丈夫だった。コーヒーよりは、紅茶の方が穏やかな飲み物なのだろう。

鮭とば(乾物)を食べることもあった。昔から私はスルメやさきいか、鮭とば、ぽんたらなどのつまみ系乾物が好きで、マクロビオティックを始めてからもあまり遠慮せず食べていたのだ。

こんな風に、昼は体に良い食事、おやつには手作りパンとアイスティー、たまに乾物という生活を続けて迎えた9月下旬。

なんだか、今までに感じたことのない精神の輝きが内側から燃え上がってきた。

きらきらと情熱的で、やる気に満ちあふれた感じだ。

それまでは、マクロビオティックで得られるという「中庸の精神」は、「静かで、凛としたもの」というイメージだった。凪いだ湖のような精神状態は体験したことがあって、「これが中庸というものなんだな」と思っていた。

だが、その考えが変わった。中庸の精神というのは、静かなだけではなく、わくわくと燃え上がるような明るさに満ちたものなのだ。

中庸、つまり、陰と陽がバランスよく混在している状態。

穏やかでありながら、やる気にあふれている。それこそがマクロビオティックで得られる中庸の精神。

こういうことなのか! と、新しい境地に足を踏み入れたような感覚に、私は興奮していた。

(「月経周期28日と混乱~マクロビオティック実践記15」に続く)


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

砂糖がダメ? そんなの知らん~マクロビオティック実践記1

マクロビオティックを学んで一番驚いた「砂糖禁止」。けれど私は「別にいいよね? 美味しいし」と、無邪気に使用を続けていました。

本物の醤油(有機栽培、二夏熟成)の美味しさにびっくり。7号食実践の決意~マクロビオティック実践記3

マクロビオティックを始めて半年。醤油をとても良いものに変えました。そして、「素材や醸造期間なんかで味が変わるかねえ」という懐疑心が打ち砕かれました。

7号食で初めて経験する苦しみ。マクロビオティック理論の勉強を続けることを決める~マクロビオティック実践記4

マクロビオティックを始めて七ヶ月。7号食実践で、猛獣のような肉体の欲望を精神でねじふせる経験をします。

親知らず抜歯後、歯茎の回復で噛めるようになってきた~マクロビオティック実践記11

マクロビオティックを始めて一年二ヶ月。親知らずを抜歯して2ヶ月経ち、やっと固形物が食べられるようになってきました。

食べ過ぎの失敗から新おにぎり開発、圧力鍋で玄米炊き開始~マクロビオティック実践記13

マクロビオティックを始めて一年四ヶ月。マクロビオティックにも慣れ、だいぶ食生活が洗練されてきます。鉄火味噌や圧力鍋を導入したのもこの頃。食べ過ぎの胃もたれで玄米おにぎりしか食べられず、玄米おにぎりだけで野菜も摂ろうと思って「鉄火味噌玄米おにぎり」が開発されました。

マクロビオティック完成形。だが実験は続く~マクロビオティック実践記19

マクロビオティックを始めて一年十ヶ月。私のマクロビオティックはほぼ完成形になりました。

月経周期28日で中庸状態達成、保とうとして混乱~マクロビオティック実践記15

マクロビオティックを始めて一年半。月経周期が、理想的と言われる28日になりました! しかし喜んでばかりもいられません。どうしたらこの良い状態を保てるのか、意識しすぎてガチガチになってしまったのです。

マクロビオティック理論勉強の大詰めと食生活の落ち着き~マクロビオティック実践記16

マクロビオティックを始めて一年七ヶ月。理論の勉強も大詰めとなり、ついに21冊を読み終えます。間食の改善にも乗り出しました

理論を考えすぎて突き抜け、もっと自由な境地へ~マクロビオティック実践記17

マクロビオティックを始めて一年八ヶ月。理論を詰め込みすぎて苦しんでいた時期を突如抜け、私は自由な境地へ躍り出たのでした。

制限のないマクロビオティックにたどり着く~マクロビオティック実践記18

マクロビオティックを始めて一年九ヶ月。マクロビオティックの禁忌食を見ても心を動かされない自分になりました。

ランダム記事

大凶は大吉、大吉は大吉

大吉を狙って引いた初詣のおみくじが末吉、リベンジにどんど焼きで引いたおみくじが小吉……。私をなぐさめるために母がかけた言葉は?

カップ麺もスナック菓子も、見ざる、言わざる、聞かざる。

マクロビオティックに慣れ、カップ麺やスナック菓子を見ても心動かされなくなっただろうと思っていたら、実際は「美味しそう」と感じる心が残っていました。

マクロビオティックへの批判

マクロビオティックに対し、強い怒りや悲しみ、懐疑心を抱いてしまうのはなぜなのか? どうしたらそれらを解決できるのか? 鍵は「自力独行の研究心」。

豊かな食事の「危険」とは何か

桜沢如一氏は、ご飯に野菜、汁物、肉やデザート、果物などがある豊かな食事を「危険」とおっしゃっています。その真意を考えてみました。

マクロビオティックでカレーが体に合わなくなった~だが「食べられなくなった」のではない

マクロビオティックを始めてからカレーが食べられなくなったと思っていましたが、そうではありませんでした。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事