マクロビオティックコラム

親知らず抜歯の恐怖で心ここにあらず~マクロビオティック実践記8

シェアする

2008年3月。マクロビオティック開始から11ヶ月。

マクロビオティック食事

玄米ご飯(梅干し、ごま)、ごぼう汁、納豆(長ねぎのせ)、わかめのおひたし(おろし生姜のせ)(2008.3.9)

人生において、わかりやすい形で逃げ回ってきたのが歯医者。歯の現実を知るのが怖いから、歯に関する情報はいつも見て見ぬふりをしてきた。

けれど、親知らずを抜歯するとなったらそうはいかない。虫歯治療でさえ恐怖でおののく私なのに、ましてや抜歯なんて! 魂が取られるのではないか!

2008年3月は本当に、毎日毎日歯のことを何時間もインターネットで調べていた。歯ノイローゼとも言える状態だった。

歯のことで頭がいっぱいなのだから、食べ物にかまっていられない。そんなときマクロビオティックによって編み出していた「おにぎり・ごぼう汁定食」は便利だった。

栄養やらバランスやら考えなくても、これさえ食べれば調子が良いという安心メニュー。おにぎりとごぼう汁以外の副食がついたりすることもあったが、私は基本、ずっとおにぎり・ごぼう汁定食で通した。

歯ぐきになかば埋もれた親知らずの抜歯。ついリアルに想像してしまい、全身の血の気が引いてゆく。

こんなときこそマクロビオティックだ! 私は、おにぎり・ごぼう汁定食がもたらしてくれる「中庸の精神と肉体」に希望をかけていた。抜歯の恐怖も、マクロビオティックで作り上げた丈夫な精神と体があれば乗り越えられるはずと本気で思っていた。

そんな風に思えるほど、その当時の私にとって、マクロビオティックは信頼に足るものになっていた。

体が明らかに、マクロビオティックを始める前より健康になっている感じがあった。

便通は良くなったしアトピーの湿疹も出にくくなったし生理痛が軽くなって周期もととのったし……。

抜歯に耐えるため中庸の心身を作り上げようという意識で気持ちが引き締まり、先月から続いていた「欲望大暴発」状態に歯止めがかかった。それでも、週に一度はスナック菓子を食べていたが……。

そして3月24日。ついに、私は一本目の親知らずを抜歯したのだった!

(「根性の流動食と噛めない苦しみ~マクロビオティック実践記9」に続く)


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

西洋医学とマクロビオティックの両立~親知らず抜歯後、抗生物質の飲み過ぎで弱った腎臓を小豆かぼちゃが治す

親知らず抜歯後、抗生物質と痛み止めの服用で腎臓に負担がかかり、尿が出なくなりました。それを、マクロビオティックの食箋料理である「小豆かぼちゃ」が治してくれました。そのときの体験から、西洋医学とマクロビオティックの両立というものを考えます。

ショックからの立ち直り方「アベコベの法則+α」~すべてのものは移りゆく。「良い方向に向かって」。

ショックなことがあったとき、どうやって立ち直るか? マクロビオティック無双原理の「アベコベの法則」と、私独自のプラスアルファで、私は自分自身を鼓舞しています。

おにぎり・ごぼう汁定食開発、生理ストップ~マクロビオティック実践記5

マクロビオティックを始めて8ヶ月。体調絶好調メニューおにぎり・ごぼう汁定食が誕生します。

白砂糖菓子の代わりに食べていた干し芋で銀歯が外れる~マクロビオティック実践記6

マクロビオティックを始めて9ヶ月。白砂糖の菓子の代わりに干し芋を食べてしのいでいたのに、その干し芋にくっついて銀歯が取れてしまいました。

欲望がぶり返して白砂糖摂取のせいか親知らずが虫歯になる。生理は復活~マクロビオティック実践記7

マクロビオティックを始めて10ヶ月。だいぶマクロビオティックも慣れてきた頃だろうという油断からフランス料理を食べ、欲望をぶり返させてしまいます。ついでに親知らずが虫歯になりました。

親知らず抜歯後、根性の流動食と噛めない苦しみ~マクロビオティック実践記9

マクロビオティックを始めて一年。親知らずを抜歯して噛めなくなった私は、流動食の日々にいらだちを感じていました。早く噛めるようになりたい……

抜歯後、噛まなくても楽しめる美味しいものを探す~炭酸ジュース、カップ麺のマクロビオティック的代替食研究:マクロビオティック実践記10

マクロビオティックを始めて一年一ヶ月。親知らずを抜歯して噛めなくなった私は、そのストレスを解放するべく、ジュースやカップ麺の代替となるものを探していました。

親知らず抜歯後、歯茎の回復で噛めるようになってきた~マクロビオティック実践記11

マクロビオティックを始めて一年二ヶ月。親知らずを抜歯して2ヶ月経ち、やっと固形物が食べられるようになってきました。

暴走、失敗、抜歯、暴走を経てスナック菓子からの離脱~マクロビオティック実践記12

マクロビオティックを始めて一年三ヶ月。ジュースの飲み過ぎ、スナック菓子の食べ過ぎで胃の調子がおかしくなりました。

歯医者のストレスとコーヒーを飲んだときの血管が縮まる感じが似ている

歯医者に行く前のひどい緊張感が何かに似ていると気づきました。コーヒーを飲んだときに出てくる身体症状そっくりなのです。

ランダム記事

食べ過ぎの失敗から新おにぎり開発、圧力鍋で玄米炊き開始~マクロビオティック実践記13

マクロビオティックを始めて一年四ヶ月。マクロビオティックにも慣れ、だいぶ食生活が洗練されてきます。鉄火味噌や圧力鍋を導入したのもこの頃。食べ過ぎの胃もたれで玄米おにぎりしか食べられず、玄米おにぎりだけで野菜も摂ろうと思って「鉄火味噌玄米おにぎり」が開発されました。

初めての「食養第一期食そばパン作り」体験記~栄養バランス良く、副菜いらず

桜沢如一氏著「新食養療法」にマクロビオティック開始直後の「第一期食」として掲載されていた謎の食品「ソバパン」を作ってみました。

人生は自分で決める。マクロビオティックも。

理想の人生とは何だろうか? 「自分の選んだ道で、うまくいくこと」だと私は思う。「自分が選んだのではない道で、うまくいかないこと」が最悪だ。

マクロビオティックへの批判

マクロビオティックに対し、強い怒りや悲しみ、懐疑心を抱いてしまうのはなぜなのか? どうしたらそれらを解決できるのか? 鍵は「自力独行の研究心」。

マクロビオティック完璧主義者すぎて、マクロビオティック実践が苦しくなった

私はマクロビオティック実践において、かなり高い理想を掲げていた。憧れていたのだ。厳格なマクロビオティックに。しかしそのせいで、原則を破ったときの罪悪感も大きくなった。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事