マクロビオティックコラム

砂糖がダメ? そんなの知らん~マクロビオティック実践記1

シェアする

今でこそだいぶ食べ物への執着もなくなり、砂糖も肉もスナック菓子も、食べずに平気でいられる自分にはなったが。

ここに来るまで一年十ヶ月。その間にはもちろんあらゆる欲望や誘惑との闘いがあった。

理想はわかりながらも、言い訳をして食べ過ぎて、胃がおかしくなって反省する。そんなことの繰り返しだった。

その、失敗しながら歩んできた道のりを、「マクロビオティック迷走記」として振り返ってみたいと思う。

砂糖禁止の衝撃

まずはマクロビオティック開始から三ヶ月目まで。
2007年の5月、6月、7月あたり。

最初、マクロビオティックを食物アレルギーの除去食のようなものだと思っていた私は、マクロビオティックが動物性食品だけでなく砂糖まで避けていることを知って驚き、怒り、嘆きもした。

なぜダメなのか? 疑問と怒りに震えながら読んだのが桜沢如一著『ゼン・マクロビオティック』。

ここから、本で理論を学ぶ日々が始まるわけだが、頭で「砂糖はあまり良くない」とわかっても、それまでの習慣というものがある。私は、白砂糖は使っていなかったものの、未精製の原糖はよく料理に加えていた。

「ダメって言われても……原糖ならいいよね? 美味しいし……」と、ちょっとビクビクしながらも、原糖を使わない料理の味など想像できなくて、使わなければ美味しくならないと信じて、大さじ1~大さじ2ほどの原糖を煮物やあんかけに使っていた。

その頃に作った料理レシピは、このサイトにも掲載している。『ぷりぷりイカの甘酢炒め』だ。

ぷりぷりイカの甘酢炒め

ぷりぷりイカの甘酢炒め(2007.7.24)

鶏ガラスープにケチャップ、酢。原糖は大さじ2。イカもピーマンもためらいなく使っているし、強気としか言いようがない。(現在は鶏ガラスープを野菜コンソメスープに改訂している)

だがこれだけ自由な感じでいられたのは、マクロビオティックの理論をまだよく理解していなかったため。実践期間も少ないから、食物が体に与える影響をあまり実感してもいなかった。

自分と闘って葛藤し抜いた後に得た自由ではなく、知らなかったゆえに無邪気でいられた頃の自由だった。

主食に玄米を取り入れはしたものの、美味しくないのを懸念して、3合のうち1合は胚芽米を混ぜていた。

まだどこかマクロビオティックに対して信頼感が薄く、「玄米!」やら「砂糖ダメ!」と言った見知らぬ食事方法に完全になじむことはできないでいた。

おやつは以前と同様に、あんこたっぷりのおやき、大福、スナック菓子、アイスクリーム、たまにチーズケーキ、バームクーヘン、チョコレートケーキ、アップルパイなど、「まあ減らした方がいいんだろうけど食べたければ無理しな~い」というノリで食べていた。

この頃はまだ、そういうものを食べても体調が崩れなかったのだ。いや、崩れても、それに気づけないほどに体の変化に鈍感だったのかもしれない。

実践記2(白砂糖が甘い、カレーがくどい)に続く


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

アトピー性皮膚炎との歩み~6.砂糖禁止の衝撃

マクロビオティック料理のブログを開設したはいいけれど、マクロビオティックについてほとんど何も知らなかった私。渋々勉強し始めて、驚異の事実を知ります。砂糖を摂ってはいけない? なぜそんなルールがあるのか納得がいかず、マクロビオティックを深く追究することになります。

自分をマクロビオティック実践者だなあと感じるとき~白砂糖を避けようとする

普段の生活において、自分をマクロビオティック実践者だとことさらに意識することはない。だが、先日、マクロビオティックが「異物」として、私の中でその存在をあらわにする経験をした。数年ぶりに訪れた、和食レストランのお土産売り場でのことだ。

白砂糖が甘い、カレーがくどい~マクロビオティック実践記2

マクロビオティックを始めて五ヶ月目。白砂糖を使った菓子が甘ったるく感じられるようになり、好物のカレーもくどくて胃にもたれるようになりました。

白砂糖菓子の代わりに食べていた干し芋で銀歯が外れる~マクロビオティック実践記6

マクロビオティックを始めて9ヶ月。白砂糖の菓子の代わりに干し芋を食べてしのいでいたのに、その干し芋にくっついて銀歯が取れてしまいました。

欲望がぶり返して白砂糖摂取のせいか親知らずが虫歯になる。生理は復活~マクロビオティック実践記7

マクロビオティックを始めて10ヶ月。だいぶマクロビオティックも慣れてきた頃だろうという油断からフランス料理を食べ、欲望をぶり返させてしまいます。ついでに親知らずが虫歯になりました。

親知らず抜歯後、根性の流動食と噛めない苦しみ~マクロビオティック実践記9

マクロビオティックを始めて一年。親知らずを抜歯して噛めなくなった私は、流動食の日々にいらだちを感じていました。早く噛めるようになりたい……

親知らず抜歯後、歯茎の回復で噛めるようになってきた~マクロビオティック実践記11

マクロビオティックを始めて一年二ヶ月。親知らずを抜歯して2ヶ月経ち、やっと固形物が食べられるようになってきました。

マクロビオティック完成形。だが実験は続く~マクロビオティック実践記19

マクロビオティックを始めて一年十ヶ月。私のマクロビオティックはほぼ完成形になりました。

精神のきらめき初体験! これが中庸?~マクロビオティック実践記14

マクロビオティックを始めて一年五ヶ月。サイト作成に気をとられ、自然と間食が減って食事が洗練された結果、精神に変化が起こりました!

制限のないマクロビオティックにたどり着く~マクロビオティック実践記18

マクロビオティックを始めて一年九ヶ月。マクロビオティックの禁忌食を見ても心を動かされない自分になりました。

ランダム記事

朝、食欲がない人への提案~よく噛み、夜遅く食べず、よく寝る

朝、食欲が出ないのはなぜか? マクロビオティック的に考え、改善策を提案します。まず大事なのはよく噛むこと!

7号食実践記~2日目:現代日本の仙人

7号食実践、二日目の記録です。すでに7号食の辛さに打ちのめされている二日目、徐々に悟りの境地を切り開きます。

完璧主義に疲れ、能天気を心がけたら楽しくなった~思い詰めず、その日生きられたならそれでOKというおおらかさ。

思い詰めて、頑張らなきゃと気を張り詰めて生きてきたのですが、うまくいかないことに絶望するのに疲れ果て、とりあえず生きていけるだけで十分だという思いに至りました。

大根葉の水耕栽培でお得気分

大根のヘタを水につけておくだけで短い茎が伸び、葉がつきます!

空腹が薬

体の調子が良くないとき、空腹が一番の薬になる場合があります。まずは胃をからっぽにさせ、さらに数時間おいてから、玄米ご飯を良く噛んで食べます。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事