マクロビオティックコラム

白砂糖菓子の代わりに食べていた干し芋で銀歯が外れる~マクロビオティック実践記6

シェアする

2008年1月。マクロビオティック開始から9ヶ月。

マクロビオティックおやつ

干し芋、三年番茶(2008.1.16)

食事は「おにぎり・ごぼう汁定食」、おやつは「干し芋や干し柿」という、ストイックな生活が続いていた。

干し芋でストイックさを保っていたが

どうしても我慢できないときだけスナック菓子やフライドチキンを食べたりしたが、それでも頻度は週に一度ほどにまで減り、白砂糖のお菓子は厳密に避けていた。

一日ストイックでいられたら、「さあ、あと何日ストイックでいられるか!」と、白砂糖もジャンクフードも食べずにいられた日を数え、記録更新に挑戦したりしていた。

干し芋を大量に食べて小腹を満たすことでストイックな日々の記録が延び、二週間超えを達成した頃。

干し芋にくっついて銀歯が外れてしまった。

歯医者嫌いの私、大ショックである。

青ざめ、生きた心地もしなくなり、ぱたりと干し芋を食べなくなった。

虫歯が怖くて白砂糖を避ける

銀歯を元の位置にはめ、そのまま三週間過ごすが、食事のたびに何度も外れる。勇気を奮い立たせて歯医者に行き、治療したが、銀歯が外れたのは干し芋にくっついたからというよりは銀歯の下が虫歯になっていて外れやすくなっていたからだった。

つまり二次カリエスというやつだ。初体験だったため、以来、「虫歯の恐怖」に怯えるようになる。

また、どこかの銀歯が外れたらどうしよう? 虫歯怖い!

虫歯になりたくないという理由で、ますます白砂糖を避けるようになる。これはマクロビオティック的には不幸中の幸いと言うべきか……。

生理が来ないのはマクロビオティックのせい?

そして生理は先月からずっと来ていなかった。生理のない日が60日を突破した時点で、もうこれ以上気にするのはやめようとカレンダーをチェックしなくなった。

どうしたんだろう? 下腹部をさすりながら、「マクロビオティックが関係しているかもしれない」と思った。

けれど体調は良かったのだ。間違いがあるとは思えない。何か知らないけれど、きっと体の中で良いことが起こっているんだ。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

アトピー性皮膚炎との歩み~6.砂糖禁止の衝撃

マクロビオティック料理のブログを開設したはいいけれど、マクロビオティックについてほとんど何も知らなかった私。渋々勉強し始めて、驚異の事実を知ります。砂糖を摂ってはいけない? なぜそんなルールがあるのか納得がいかず、マクロビオティックを深く追究することになります。

自分をマクロビオティック実践者だなあと感じるとき~白砂糖を避けようとする

普段の生活において、自分をマクロビオティック実践者だとことさらに意識することはない。だが、先日、マクロビオティックが「異物」として、私の中でその存在をあらわにする経験をした。数年ぶりに訪れた、和食レストランのお土産売り場でのことだ。

ショックからの立ち直り方「アベコベの法則+α」~すべてのものは移りゆく。「良い方向に向かって」。

ショックなことがあったとき、どうやって立ち直るか? マクロビオティック無双原理の「アベコベの法則」と、私独自のプラスアルファで、私は自分自身を鼓舞しています。

砂糖がダメ? そんなの知らん~マクロビオティック実践記1

マクロビオティックを学んで一番驚いた「砂糖禁止」。けれど私は「別にいいよね? 美味しいし」と、無邪気に使用を続けていました。

白砂糖が甘い、カレーがくどい~マクロビオティック実践記2

マクロビオティックを始めて五ヶ月目。白砂糖を使った菓子が甘ったるく感じられるようになり、好物のカレーもくどくて胃にもたれるようになりました。

おにぎり・ごぼう汁定食開発、生理ストップ~マクロビオティック実践記5

マクロビオティックを始めて8ヶ月。体調絶好調メニューおにぎり・ごぼう汁定食が誕生します。

欲望がぶり返して白砂糖摂取のせいか親知らずが虫歯になる。生理は復活~マクロビオティック実践記7

マクロビオティックを始めて10ヶ月。だいぶマクロビオティックも慣れてきた頃だろうという油断からフランス料理を食べ、欲望をぶり返させてしまいます。ついでに親知らずが虫歯になりました。

親知らず抜歯の恐怖で心ここにあらず~マクロビオティック実践記8

マクロビオティックを始めて11ヶ月。正しい食事で体調をととのえながらも、毎日親知らず抜歯の恐怖に震えていました。

暴走、失敗、抜歯、暴走を経てスナック菓子からの離脱~マクロビオティック実践記12

マクロビオティックを始めて一年三ヶ月。ジュースの飲み過ぎ、スナック菓子の食べ過ぎで胃の調子がおかしくなりました。

歯医者のストレスとコーヒーを飲んだときの血管が縮まる感じが似ている

歯医者に行く前のひどい緊張感が何かに似ていると気づきました。コーヒーを飲んだときに出てくる身体症状そっくりなのです。

ランダム記事

健康な人が実践するマクロビオティックの限界

マクロビオティックの食事法は、病気の人にこそ効果を発揮する。健康な人の体調ももちろん上向くが、健康というのには限度がある。

完全粉(全粒粉)100%でパン作り~ガチガチのダンゴになった失敗談

全粒粉(完全粉)100%のパンを焼いてみようとしたのですが、できあがったのは茶色でガリガリのだんごのような無骨パンで……。写真とともにその経過を掲載。しかしこれで諦めたわけではない! リベンジを誓う!

笑うしかない極短全粒粉うどん

手打ちで全粒粉うどんを作ってみたは良いのですが……

厳しさが連れてくる美しさ、苦しみが連れてくる喜び

北海道の冬に触れるたびに、私は励まされる。人生の苦しみは、受け止めようではないか。逆境の中にある輝きを見つけ、それを大事にしながら、春を待とうではないか。

病気を受け入れる

マクロビオティック実践者であるにも関わらず重い風邪をひき、私は今まで忌み嫌っていた「病気」を受け入れざるを得ないところまで追い込まれました。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事