マクロビオティックコラム

笑うしかない極短全粒粉うどん

シェアする

全粒粉パスタはあるのにどうして全粒粉うどんがないのか、ないなら作ったるわいと息巻いていたところ、親切な読者の方から全粒粉うどんが市販されている(*1)ことを教えていただいた。

そのうどんを求めて地元の自然食品店を訪れてみたが見当たらない。取り寄せようにも、うどんだけでは送料の方が高くついてしまう。だったらとりあえず作ったれ!

というわけで、全粒粉のうどんに挑戦してみることにした。

材料は完全粉300g、ぬるま湯195ml、塩小さじ2。塩を溶いたぬるま湯を、ボウルに入れた粉に少しずつ注ぎ、耳たぶ程度の固さになるまでせっせとこねる。

こね上げたらラップにくるみ、上からさらにバスタオルを巻いて4時間放置。

全粒粉うどん

↑ねかせた生地。見事に茶色い。

全粒粉うどん

↑その生地にたっぷり打ち粉(強力粉)をして麺棒で伸ばしていく。この段階で、中力粉で作ったうどんよりやけに簡単に伸びる=弾力がないことが気になったが、まあ全粒粉だしこんなものかと流す。

全粒粉うどん

↑たたんで、切って……。

全粒粉うどん

↑麺のできあがり。たっぷりとわかした湯に投入すると、麺が湯の中で踊った。そこで異変に気づく。

全粒粉うどん

↑あ……あれ? 短くない? 鍋の中全体をさらうが、どれもこれも短く切れた麺ばかり。これはどうしたことだ! 切ったときはこんな風ではなかった。

まさか、切ったあと、麺同士がくっつかないように粉をまぶす作業を力任せにやりすぎて、そのとき切れてしまったのか? 中力粉のうどんではうまくいくやり方なのに! 全粒粉のうどんは随分ともろいんだ!

全粒粉うどん

↑ゆであがった全粒粉うどんは、うどんというより小さな団子。食べた感じはすいとんに近かった。

これは……失敗なのか……いや、失敗とは言いたくない! いいじゃないか! 全粒粉のうどんなんて体にいいぞ! 短いだけだ!

全粒粉うどん

↑その後、予定していたとおり、めんつゆ(おろし生姜、長ねぎ、海苔、すりごま入り)でうどんを食べた。ご覧の通りの短さだったが、食べられないことはな~い!

母は、箸で食べるのを諦めたのかフォークでうどんをすくって食べていた。

このように、時間をかけて作ったわりにシビアな結果に終わった全粒粉うどんだが、これも研究の一環! 何事も試行錯誤あるのみ!

次回は、麺が切れないようにそっと扱おう。そうすればうどんらしくなるはず……。

それにしても全粒粉パンといい、全粒粉うどんといい、全粒粉100%の料理はなかなかうまくいかない。

やはり、少し強力粉を混ぜるとか、そういう工夫が必要になってくるのだろうか?

お好み焼きのような、形がどうでもよいものだったら、全粒粉100%でもうまくいくのだろうが……。


*1紹介していただいたのは、「ムソー 田舎うどん
運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」、曖昧レシピで謎のスープ完成、やり直し

久司道夫さんの本で見つけた「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」。ぜひ作ってみたいと思ったのですが、レシピが簡潔で曖昧すぎて、半分は当てずっぽうにやるハメに。結果、できあがったのはどこまでも茶色いエキス。鍋に残ったのは大量の切り干し大根……。

電子レンジ回避で玄米ご飯を腐らせた

電子レンジの使用を避けようとして玄米ご飯を常温で保存した結果、腐らせて、食べられなくなってしまいました。そんな経験から得た教訓を書いています。

マクロビオティックで実行が一番難しいこと~夜遅くに食べない

マクロビオティックの実践で何が一番難しいかと言えば。私にとっては「夜遅く食べないこと」。ついこの約束を破ってしまうが、そうすると翌日にひどい目にあう。

完全粉(全粒粉)100%でパン作り~ガチガチのダンゴになった失敗談

全粒粉(完全粉)100%のパンを焼いてみようとしたのですが、できあがったのは茶色でガリガリのだんごのような無骨パンで……。写真とともにその経過を掲載。しかしこれで諦めたわけではない! リベンジを誓う!

全粒粉で小麦粉料理の地位向上!

マクロビオティックを学んでから主食はもっぱら玄米だったのですが、薄力完粒粉と全粒粉のスパゲティを見つけてから小麦粉料理が再びメインの食事として復活!

パスタ(スパゲティ)食べ過ぎで激腹痛の失敗

パスタは胃もたれしやすいと自覚があったのに、油断して食べて胃を弱らせ、さらにたくさん食べるようなマネをしたので腹痛を起こしました。久々の失敗です。

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗~前編~

にんじんりんごジュースを飲みすぎて胃がおかしくなりました。

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗~後編~

にんじんりんごジュースを飲み過ぎて胃の調子がおかしくなった……失敗談の後編です。

栄養失調~いわゆる夏バテ:前編-熱はなく、ひたすらだるい

にんじんりんごジュースを飲み過ぎて胃の調子がおかしくなってから、本格的に体調を崩して寝込んでしまいました。

栄養失調~いわゆる夏バテ:後編-食べ物はバランスよく、たくさんの種類を摂るのが大事

栄養失調による夏バテを経験して初めて、私は「バランス良く、たくさんの種類の食物を摂る」ことの重要さを知った。

ランダム記事

マクロビオティックで長生き遺伝子発動

マクロビオティックはやはり長寿に関係あり! その秘密は老化をストップさせるSIR遺伝子にあります。

初めての「鉄火味噌(てっかみそ)」体験記~サラサラした野菜の佃煮のよう。思った以上に美味しい。

マクロビオティックの「最高貴薬」と言われる鉄火味噌(てっかみそ)。その得体の知れなさに手を出せずにいましたが、ついにトライしてみました。そうしてわかるてっかみその実力! ぜひこのてっかみその魅力をお伝えしたいです。

東京都杉並区の井草八幡宮参拝& 帰って有機そばを食べる

そばを食べるためのわさびを買いにいくついでに、井草八幡宮に参拝してきました。写真入り。

心が暗くなるような情報は遮断する

心に層を成す暗闇を蹴散らすことに躍起になったときにおこなったことの一つが「心が暗くなるような情報は見ない・聞かない」ということだった。

西洋医学とマクロビオティックの両立~親知らず抜歯後、抗生物質の飲み過ぎで弱った腎臓を小豆かぼちゃが治す

親知らず抜歯後、抗生物質と痛み止めの服用で腎臓に負担がかかり、尿が出なくなりました。それを、マクロビオティックの食箋料理である「小豆かぼちゃ」が治してくれました。そのときの体験から、西洋医学とマクロビオティックの両立というものを考えます。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事