マクロビオティックコラム

マクロビオティックグルメ食べ歩きはマクロビオティックなのか

シェアする

「チャヤマクロビオティックレストラン」探訪記』、『「パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」探訪記』と、二回連続でマクロビオティックグルメレビューをお送りしたが、実は、この二つは新たにレビューコンテンツを立ち上げてその中に入れるつもりであった。

せっかく東京に来たのだ。東京にはマクロビオティック料理を食べられる店がある。だったら、それらの店を食べ歩き、感想を書こう。その情報をまとめてコンテンツにすれば、誰かの役に立てることもあるかもしれない。そう思っていた。

だが、いざ店の下調べをして「行こうかな」という段になると、抵抗感が生じた。

マクロビオティックは、家でやるものだ。自分で自分の陰陽を見極めて、なるべく中庸のバランスに近づくよう工夫して料理したものを食べるのが本来のあり方だ。

いくらマクロビオティック料理とは言え、人が作ったものを受動的に食べるだけでは自分の陰陽バランスをコントロールするのは難しい。

それに、なんと言っても外食は値が張る。

マクロビオティックでは無農薬の野菜や自然派の調味料を用いるため、家で食べてもそれなりに食事の原価がかかってくる。それでも、外で食べるよりはずっと安く、美味しくて内容が安全なのでお得感がある。

だが、同じマクロビオティックでも、外食となると、食べる内容に対して価格がすごいことになってくる。

食事内容は家と同じなのに、値段だけがつり上がるような感覚がある。それなら家で食べればいいじゃんという気持ちになってくる。

自炊したくてもどうしてもできなくてやむを得ず外食になり、そこでマクロビオティックレストランを利用するというならわかる。だが、レビューを書くために、本当なら家で食べられるところをあえて外食するなんて不自然で気が進まない。

マクロビオティックには、執着を落とす効果がある。実践を進めていくと、それまでは外での華やかな食事が楽しみだったのが、家での淡々とした食事に心が満ち足りて外食などほとんどせずともいられるようになる。

せっかくそのように精神を鍛え上げたのに、何を好きこのんで無理矢理外食することがあるのか。

マクロビオティックレストランのレビューコンテンツを作るには、最低でも10店くらいは食べ歩かなければいけないだろう。その10店が、途方もない数に思えた。そんなに回れないよ。だって行く気がしないもの。一体コンテンツ完成までに何ヶ月かかるの?

考え、悶々と悩み、コンテンツ作成作業を中止した。そして、コラムの一記事としてアップすることに決めた。

この形ならば、「早くもっとたくさんの店をレビューしなきゃ」と気が急くこともない。もし行ったなら記事にすればいい。いつか新しいコンテンツにできるくらい数がたまったなら、そのときに独立させることを考えよう。

「マクロビオティック実践で得られる精神」と「グルメ食べ歩きコンテンツ」というのはどうにも相性が良くないのだということが今回のことで身にしみた。

「外食をしなくてもいられるようになったのって、幸(こう)なのかなあ、不幸なのかなあ……」と、寝る間際に妹に言ってみたら、「幸じゃな~い?」と返ってきた。

うん、きっとそうだよな。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

人生が先、マクロビオティックは後。~マクロビオティックに振り回されてはいけない

マクロビオティックの知識を、何のために普段の食生活に生かすのか。第一は健康のため。第二はやりたいことをやるため。この、「やりたいことをやるため」というのが大事です。マクロビオティックのために人生があるのではなく、人生のためにマクロビオティックがあるのです。

マクロビオティック独学のススメ

マクロビオティックは独学が基本だと私は思っている。指導者の書いた本を読めば、直接指導を受けたと同じこと。あとは、日々の実践の中で、知識の定着をはかってゆけば良い。正しい食物を選ぶ判断力はすでに自分の中に備わっていると考え、もっと自分の力を信じることが大切だ。

マクロビオティック実践後、前は食べられたもの(ドリア、カレー等)が食べられなくなった~読者様より

マクロビオティック実践により、前は食べられたカレーやドリアが食べられなくなった…それは、体が自分に不要なものを「要らない」と主張し始めた良いサインだと思います。

マクロビオティッ苦(ク)

「マクロビオティック」とキーボードで打ち込むのはなかなか難しく、たまに間違えます。その代表格が「マクロビオティ苦」。「ク」だけが「苦」と変換されるのがミソです。

「チャヤマクロビオティックレストラン」探訪記

チャヤマクロビオティック伊勢丹新宿店(ランチ)の感想、口コミ、レビューです。写真入り。ショートケーキが美味しかった!

「パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」探訪記~マクロビオティックとフレンチの融合

パティスリーシンプルモダンマクロビオティック(自由が丘)の感想、口コミ、レビューです。写真入り。パティシエの妹をもうならせるスイーツ群です!

マクロビオティックだけで精神修養できるのか

マクロビオティックを実行すれば中庸の精神が得られるとされますが、私自身は、現在の楽な精神状態をマクロビオティックだけで手に入れたのではありません。

マクロビオティックQ&Aは、マクロビオティックを理解した道筋の再現

当サイト「マクロビオティックQ&A」はメインコンテンツであり、私が本気を入れて書いたマクロビオティックの解説でもあります。用語の解説だけでは理解できなかった過去の私の経験が基になっています。

ソバカキって何? 深大寺「一休庵」で初めてそばがきを食す!

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」。深大寺近くのそば屋(一休庵)で実際に「そばがき」を食べたときの写真つきレポートです。

初めての「銀座吉水(よしみず)でランチ」体験記

銀座の吉水でランチを食べてきました。写真入りレビューです。祝島の豚肉が野性的でした!

ランダム記事

好きなものについて語る~嫌いなものについて語るのは悪口になり、誰かを傷つけ、最後には自分も傷つくことになる

私は何かについて語るとき、対象を好きなものに限定するようにしている。気に入らなかったものについては語らない。それは悪口と同じで、誰かを傷つけ、自分も傷つく結果となるからだ。

楽をしたいなら苦労も背負う

マクロビオティックは「楽しい」ということが強調される場合も多いですが、実際は苦しい場面も多いです。それを耐え抜いてこそ、楽しい境地が開けるのです。

アトピー性皮膚炎との歩み~1.除去食人生スタート

生まれつき食物アレルギーのある私。病院で診断を受け、肉、卵、牛乳を除去した食事(除去食)を保育所でスタートさせますが、小児喘息、とびひなど、アレルギー性の疾患に次々とかかります。けれど除去食の効果で小学校入学前にはだいぶ良くなります。

厳しさが連れてくる美しさ、苦しみが連れてくる喜び

北海道の冬に触れるたびに、私は励まされる。人生の苦しみは、受け止めようではないか。逆境の中にある輝きを見つけ、それを大事にしながら、春を待とうではないか。

電子レンジ回避で玄米ご飯を腐らせた

電子レンジの使用を避けようとして玄米ご飯を常温で保存した結果、腐らせて、食べられなくなってしまいました。そんな経験から得た教訓を書いています。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事