マクロビオティックコラム

マクロビオティックで実行が一番難しいこと~夜遅くに食べない

シェアする

健康を保つため、マクロビオティックが教えてくれていることは色々あるが、私にとって実行が一番難しく、そして実行できれば格段に体調が良くなることが何なのか最近気づいた。

「夜遅くに食べないこと」だ。

「寝る三時間前に食べない」と表現されることが多いが、夜間は消化能率が落ちている。最後に食べてから就寝まで、本当は五時間くらい間を空けるのが望ましいと個人的には感じている。

なのに、お腹が空いてくると、「三時間前までなら食べていいんだよね」とソバをゆでて食べたりしてしまう。

それで終わればまだ良いのだが、先日、夕食後に少し食べたのがきっかけで勢いがついて、お好み焼きやレーズン入りおやきやらまで食べてしまった。

食べれば食べるほど、胃の現実と脳の指令が乖離していく。お腹はいっぱいなのに、まだ食べたいと思ってしまうのだ。

結果、胃はガチガチ。時計を見れば夜の十一時。あと三時間後……つまり、二時に眠ればいいのねと自分を納得させた。

だが、二時になっても胃は膨れたまま。もう少し消化を待とうと寝る時間を遅らせ、三時までインターネットをして時間をつぶしてみても、お腹は苦しいまま。

仕方なく布団に入ることになるが、胃が重たくて寝つけない。一時間くらいじたばたしてようやく眠れたら、朝、今度はなかなか起きられない。体が休まっていないから、たくさん寝てもすっきりしないのだ。

起きたら起きたで、胃もたれしていて元気が出ない。もう、踏んだり蹴ったりだ。

お腹がいつまでも空かないので、何も食べられない。夕方の四時を過ぎてようやく玄米ご飯を茶碗に一杯と、味噌汁をお椀に半分飲む。前日に精一杯膨らませた胃は、中身は少ないのに拡張したままだ。これは、引き締めないといけない。

その一食以降、何も食べない決意をする。食べた量が少ないから、八時になる頃にはだいぶ空腹を感じてきた。一夜にして過食に慣れた体が、様々な煩悩を発してくる。昨日はあれだけ食べたじゃんよ、今日も食べさせてよ。イカの生姜醤油焼きとか~ポン鱈とか食べたいなあ~。

ああ、肉体がわがままを言う。甘やかしたツケだ。私は肉体に答える。絶対食べないからね。食べたら元の木阿弥だ。こうるさい肉体の欲望め、今、空腹というムチによって打ち据えてくれる!

空腹感はピークに達し、食べるのを我慢するのが本格的に辛く感じられる。ああ、こんな苦労をするなら、最初から腹八分目で終わらせておけば良かったんだよ。度が過ぎるほど食べたから、度が過ぎるほど食べるのを我慢しなきゃいけなくなるんだよ。

空きっ腹を抱えたまま風呂に入ってしまうと、憑き物が落ちたように精神的にストンと楽になった。限界を超えて、平穏な境地に入ったようだった。

その日の夜はすぐ眠りに落ちた。翌朝、すっきりと早起きできた。やる気に満ち、体力もあふれている。なんだこの違いは! 空腹で眠ると、こんなに幸せな翌日が待っているのか!

過食の度合いが前代未聞にひどすぎたせいで、空腹による幸福にはたと気づかされたのだった。

夜遅く、お腹が空いたと思ってちょこちょこ食べるのは楽しい。我慢した方が良いという理性は、「ちょっとくらいいいか」という欲望に負けてしまいがちだ。ここをこらえるのには少し力がいる。

だが、欲望の言いなりになって食べてしまうと、あとになってその報いが十倍くらいになって返ってくる。それなら、欲望が小さいうちに説き伏せてしまった方が良い。一番労力が少なく、得るものが大きい手段だ。

「夜遅くに食べないこと」。この教えが身にしみた。頭でわかっていても、体で納得しなければ、人はなかなかそれに従えないものなのね。

でもこれからはきっと、守ってみせる。空腹で眠って翌朝すっきりした頭と体で目覚めて一日を有効に使えるのと、欲望と腹を満たして翌日だるいまま過ごすのとどちらが良いかという話なのだ。

もう、もちろん前者! 絶対前者だ!


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」、曖昧レシピで謎のスープ完成、やり直し

久司道夫さんの本で見つけた「干し大根、シイタケ、アズキのスープ」。ぜひ作ってみたいと思ったのですが、レシピが簡潔で曖昧すぎて、半分は当てずっぽうにやるハメに。結果、できあがったのはどこまでも茶色いエキス。鍋に残ったのは大量の切り干し大根……。

「スーパー活力なべ(圧力鍋)で玄米炊き」失敗談~水加減多過ぎでおかゆ状、火の弱め忘れで焦げ

スーパー活力なべで玄米を炊いたときの二つの失敗談を写真つきで掲載しています。一つ目は、水加減の多すぎ。二つ目は、10分加圧のところを、仕事に集中しすぎて火を止め忘れたため一時間も加圧。さて一体どうなったか……。

電子レンジ回避で玄米ご飯を腐らせた

電子レンジの使用を避けようとして玄米ご飯を常温で保存した結果、腐らせて、食べられなくなってしまいました。そんな経験から得た教訓を書いています。

完全粉(全粒粉)100%でパン作り~ガチガチのダンゴになった失敗談

全粒粉(完全粉)100%のパンを焼いてみようとしたのですが、できあがったのは茶色でガリガリのだんごのような無骨パンで……。写真とともにその経過を掲載。しかしこれで諦めたわけではない! リベンジを誓う!

笑うしかない極短全粒粉うどん

手打ちで全粒粉うどんを作ってみたは良いのですが……

パスタ(スパゲティ)食べ過ぎで激腹痛の失敗

パスタは胃もたれしやすいと自覚があったのに、油断して食べて胃を弱らせ、さらにたくさん食べるようなマネをしたので腹痛を起こしました。久々の失敗です。

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗~前編~

にんじんりんごジュースを飲みすぎて胃がおかしくなりました。

にんじんりんごジュース飲み過ぎて失敗~後編~

にんじんりんごジュースを飲み過ぎて胃の調子がおかしくなった……失敗談の後編です。

栄養失調~いわゆる夏バテ:前編-熱はなく、ひたすらだるい

にんじんりんごジュースを飲み過ぎて胃の調子がおかしくなってから、本格的に体調を崩して寝込んでしまいました。

栄養失調~いわゆる夏バテ:後編-食べ物はバランスよく、たくさんの種類を摂るのが大事

栄養失調による夏バテを経験して初めて、私は「バランス良く、たくさんの種類の食物を摂る」ことの重要さを知った。

ランダム記事

妹の作る栄養不良回復御膳

私の栄養不良を治すために妹が作ってくれた食事の数々を公開。

マクロビオティック界に感じていた排他性

マクロビオティックを実践している間は、言いたくてたまらなかったけれどどうしても言えなかったことを言う。私は、マクロビオティック実践者の間に漂っているように見えた「排他性」に、最初から違和感を覚えていたのだ。

除去食ベースのマクロビオティック料理

肉、卵、牛乳除去。これだけでもマクロビオティックとしてかなり十分だと思えるのです。

冬、国産かぼちゃが出回らない中、かぼちゃを求めて奮闘する

私の住んでいる地域(北海道)では冬になると、スーパーにも自然食品店にも国産のかぼちゃが出回らなくなる。そこで無農薬の坊ちゃんかぼちゃをインターネット通販で取り寄せたのだが、追加注文しようと思ったら早々に売り切れ。

健康な人のマクロビオティック

病気治しを原点に持つマクロビオティックですが、現在では健康な人でも実践しています。ですが、健康な人が行うには、マクロビオティックの食制限は辛いものがあるのではないでしょうか。ちょっと心配になっています。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事