マクロビオティックコラム

病気になって得るもの

シェアする

風邪をひどくこじらせたことにより味わった、四ヶ月近くにおよぶ体調不良。ここまでひどく体を壊したのは人生で初めてだ。

病気になんて、かからないで済むならかかりたくない。肉体も精神も疲れ果てるし、なんだか時間を無駄にしてしまったような気にもなる。

けれど、病気になる前となった後で、どちらが精神の格が上かといったら、絶対に病気になった後なのだ

健康を誇っていた頃

マクロビオティック実践が波に乗って病気を知らずにいたころ、私は自身の健康を誇っていた。

同時に、健康ではない人を心のどこかで嗤(わら)っていた

マクロビオティックの実践によって意識的に健康を築き上げたという自覚があったから、マクロビオティックの原則から大きく外れたような食事をしている人を見たとき、「あ~あ、そんな食べ方をしていては病気になるよ」と思っていた。

誰かが病気になったと聞いたら、「食べている内容が良くなかったんだろうね」となかば哀れみ、なかば批判するような気分になっていた。

そんな風に考えるのは良くないとわかっていたから、努めて自分のことだけに集中するようにしていたが、自分の健康に磨きがかかればかかるほど、健康ではない人を無意識のうちに見下してしまう。

病気になるような食べ方をしたからだ、自業自得だと、冷たい心が生まれてしまっていた。

自分が病気になってみて

だが、今度は自分が病気にかかる番が来てしまった。

病という暗闇のただ中に突き落とされ、出口を閉ざされて外から鍵をかけられた。逃げようにも逃げられない。背後から襲いかかってくる病気に羽交い締めにされ、私は、今まで自分が病気の人に対して思ってきた言葉が自分にそっくりそのまま返ってくるのを聞いた

「病気になるような食べ方をしたからだよ」「自業自得でしょ」「私のようにもっと食事に気をつければ病気になんてならないのに」

違う……。病に締め上げられ、息も絶え絶えになりながら、私は病の本質を垣間見た。

防げない病気は悪ではない

病気は、"良い食べ物"だけで防ぎきれるものではない。

防げる病気ももちろんあるだろう。だが生きている間には、まるで運命のように、避けきれない病気にかかることもあるのだ。

そしてそれは悪ではない。

病気は、人間にとって普遍的な苦しみの一つだ。仏陀だって、四苦に「生・老・病・死」をあげている。

生まれれば、老い、死にゆくことは避けきれぬさだめ。そのさだめと同列に「病」も入れられているということは、病がいかに人間にとって自然で身近なものであるかということを示している。

病を人生に受け入れる

私は健康を誇り、驕り、健康を絶対視する分だけ病を蔑み、恐れてきた。

だがそうやって、避けきれるものでもない人生の苦から、まなじりをつり上げて必死に逃げ続けるのはどんなに大変だったことか。

ついに私は病の手につかまり、あっと振り返る間もなくその黒いもやの中に取り込まれてしまったわけだが、つかまってしまえばもう逃げなくて良いのだ。安堵感にも似た諦めが心に生じ、私は観念した。

私は、病気になってしまった自分を受け入れると同時に、病気という存在そのものを人生に受け入れる気になれた。

病人の悲しさ、心細さ、怒り、不安、絶望を知った。

病気が人ごとではなくなる

病にかかれば、生きるか、死ぬか。死をも覚悟したけれど、私はどうやら生かされた。

生のステージに戻ってきて、見える景色は以前と違う。

病気の人を見れば、まずその人が味わっているだろう苦しみを想像し、自分が病体になったような錯覚を起こしながら同情する。

微熱が続くと訴えている人がいれば、「そうだよね、微熱が長引くというのもきついんだよね!」と布団をしいてあげたくなる。

まるでひとごとではなくなったのだ。

失敗も貴重な経験

病気にはなりたくなかった。けれど病気にならなければこんな優しさは得られなかった

病気にならずして優しさだけを学べたのなら一番良かったけれど、この宇宙、そう都合良くはできていないらしい。

「病気になって良かった」とは、その病気の痛みを思えば素直には言えない。だがきっと、私は病気になる必要があったし、これで良かったのだ。

好きで失敗する人間などいない。失敗なんて誰だってしたくない。それだけ失敗というのは痛いから。

しかし、普段は避けているからこそ、失敗というのは貴重な経験とも言える。

「転んでもタダでは起きあがるものかぁぁ!」。マクロビオティック実践時代、よく叫んでいたセリフである。私はよく失敗していた。

今回はもう起きあがれないくらいの打撃を受け、倒れたまま枯れ木になって大地に還っていくかと自分を心配したが、いや、枯れるにはまだ早い。

「病人への同情心」だけではなく。もっともっと、病気になったからこそ手に入れられる宝を貪欲につかみとるんだ。

それじゃなきゃ病気になった意味がない!

目に炎が宿る。倒れた私は土をつかみ、歯を食いしばって立ち上がる。

【マクロビオティック卒業後の食事法について】

追記:マクロビオティックを卒業後は、自分オリジナルの健康道に移行しました。↓

玄米・ごぼう汁基本食健康法

↑「玄米・ごぼう汁基本食」を食べたらあとは何を食べても自由という食事法です。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

病は気から、気は病から

病は気からと言われ、実際その通りだと思うのだが、気は病からというのもまたしかりだと今回の風邪で痛感した。

健康な人が実践するマクロビオティックの限界

マクロビオティックの食事法は、病気の人にこそ効果を発揮する。健康な人の体調ももちろん上向くが、健康というのには限度がある。

マクロビオティックをやめて広がる世界

マクロビオティックを卒業したら、マクロビオティック実践者ではない方たちからメールをいただくようになった。「マクロビオティック」という限定的なくくりではなく、「健康的な食生活」に興味を持ち、このサイトを見てくださっている方もいたのだ。

心の健康道…体の健康だけではなく

体の健康にさえ留意すれば無条件で心が健康になるかと言ったらそんなことはない。体の健康を保つために食べ物や運動など様々なことに気を配るのと同じように、心の健康の獲得にも意識的な努力が必要となる。

好きなものについて語る~嫌いなものについて語るのは悪口になり、誰かを傷つけ、最後には自分も傷つくことになる

私は何かについて語るとき、対象を好きなものに限定するようにしている。気に入らなかったものについては語らない。それは悪口と同じで、誰かを傷つけ、自分も傷つく結果となるからだ。

卑下しない

ふざけてでも、自分に対し失礼なことを言ってはいけない。自分を貶めることで相手を相対的に優位に立たせようとするのは、相手にとっても失礼なことだ。

心が暗くなるような情報は遮断する

心に層を成す暗闇を蹴散らすことに躍起になったときにおこなったことの一つが「心が暗くなるような情報は見ない・聞かない」ということだった。

人のためになることって何?

人の役に立つとはどういうことか? 大仰なことはできなくても、人の気持ちを励ましたり、勇気づけたり、楽しませたり、ちょっとでも明るくさせたりできれば、十分に人の役に立てていると数年かけて気づいた。

マクロビオティックを実践している家族に関する相談

読者の方から、マクロビオティックを実践するご家族が「動物性食品や白砂糖を食べる人」、および「動物性食品や白砂糖そのもの」に対して批判的になっていることに関するご相談をいただいた。

PSP(携帯型ゲーム機)は病人の友

療養のため、ただベッドに横になり続ける日々。生産的なことをするのは諦めた。そんな私が心の慰めに買ったのがPSP(携帯型ゲーム機)だった。

ランダム記事

カップ麺もスナック菓子も、見ざる、言わざる、聞かざる。

マクロビオティックに慣れ、カップ麺やスナック菓子を見ても心動かされなくなっただろうと思っていたら、実際は「美味しそう」と感じる心が残っていました。

食べ過ぎの失敗から新おにぎり開発、圧力鍋で玄米炊き開始~マクロビオティック実践記13

マクロビオティックを始めて一年四ヶ月。マクロビオティックにも慣れ、だいぶ食生活が洗練されてきます。鉄火味噌や圧力鍋を導入したのもこの頃。食べ過ぎの胃もたれで玄米おにぎりしか食べられず、玄米おにぎりだけで野菜も摂ろうと思って「鉄火味噌玄米おにぎり」が開発されました。

卑下しない

ふざけてでも、自分に対し失礼なことを言ってはいけない。自分を貶めることで相手を相対的に優位に立たせようとするのは、相手にとっても失礼なことだ。

食べ過ぎると風邪をひく

1月に入ってから鼻水とくしゃみが止まらず、寒いせいなのかと思っていたのですが違いました。原因は食べ過ぎにあったのです。

マクロビオティックをやめて、食生活が整う不思議

マクロビオティックを始めたばかりの頃は、マクロビオティックのおかげで食生活がととのった。それが逆転する日が来るなんて、どうして想像できたろう?

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事