マクロビオティックコラム

マクロビオティック完成形。だが実験は続く~マクロビオティック実践記19

シェアする

2009年2月。マクロビオティック開始から一年十ヶ月。

一年前であれば、肉や砂糖入りのお菓子などを食べると、猛烈に欲望がぶり返してきていた。

なんとか静まらせていた欲望が目を覚まして牙をむいたとき、それを再び眠らせるのは本当に大変だ。

だから、欲望を刺激しないように、マクロビオティックのいわゆる禁忌食はかなり「避ける」という方向でずっと努力していた。

たまに欲望に負けて間食で暴走することはあったが、そういうときは内心、苦しんでいた。ああ、食べちゃいけないのに、どうしても食べたい、止まらない……と。

だが現在は、そのような節制と葛藤の日々が功を奏し、すっかり欲望がおとなしくなった。

昔は猛獣のようだったのに、今は一日中眠っている老犬のようだ。

だから、安心して実験ができるようになった。やみくもに避けてきた肉やチーズ、乳製品、アルコール、砂糖といったものが、私の体にどのような影響をもたらすのか。

もちろん、私は食物アレルギー持ちであるし、好きこのんで体に良くないものを食べたくはないから、食べる必要がないときはあえて食べたりしない。

だが、目の前にそれらのものが置かれたとき、目をそらすのではなく、この機会に実験してみようと手を出すようになった。

結果、やはり「体に合わない」とはっきりわかり、その食品が自分にとって不要なものになったことを改めて確認するのだ。

この実験は、「美味しかった」という記憶とともにわずかに残っている、禁忌食に対する自分の中の未練や執着を断ち切る効果がある。

久しぶりに口にしてみて、確かに味は昔と変わらないけれど、もはや以前のような興奮は感じないことを悟り、「ああ、こんなものだったか」と冷静に見切りをつけることができるのだ。

普段の食生活においては、さらなる向上を目指して工夫を続けている。

以前は精白強力粉だけを使って焼いていたパンも、現在は全粒粉を半分混ぜている。

全粒粉パン

全粒粉ぶどうパン(全粒粉:強力粉=1:1)(2009.2.3)

おにぎり・ごぼう汁定食

おにぎり・ごぼう汁定食(2009.2.4)

食事の基本は今でも「玄米おにぎりと味噌汁(ごぼう汁)」。間食でどんなに暴走しても、この基本だけはかたくなに守ってきたことで、私は「自由なマクロビオティック」のスタートラインに立てた。

さあ、ここからが本番だ。これから一体、マクロビオティックは私にどんな境地を見せてくれるだろう? とても楽しみだ。

油断せずに勉強を続け、ときに失敗したならそこから教訓を見つけ、私なりのマクロビオティック街道を意気揚々と歩いていきたい!

以上、マクロビオティック開始直後のよちよち歩き期から試行錯誤を重ねて自由を手に入れるまでの一年十ヶ月の道のりを振り返った。

迷走を続けた日々には目まぐるしくマクロビオティック的変化を遂げていた心身も、現在は一定の状態を保ち落ち着いている。

猛烈な勢いでマクロビオティックにつかみかかっていった毎日は、宝物のように、いつまでも私の中で輝き続けるだろう。

この4月で、マクロビオティックを始めてから二年になる。食に関し、ずいぶんと知恵がつき、賢くなったと感じる。「生きる力」がついたと言おうか。私の人生にマクロビオティックが伴走してくれるのは、とても心強い!

褪せることない叡智を与えてくれたマクロビオティックに、心から感謝!

そして最後にどうしても言いたい。桜沢さん、ありがとう。

(追記:その後、2009年9月(マクロビオティック開始から二年五ヶ月後)、私はマクロビオティックを卒業し自分だけの健康道に進むことになりました。

詳しくは「マクロビオティックという学舎を卒業するとき」他、「マクロビオティックからの卒業カテゴリー」参照)


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

砂糖がダメ? そんなの知らん~マクロビオティック実践記1

マクロビオティックを学んで一番驚いた「砂糖禁止」。けれど私は「別にいいよね? 美味しいし」と、無邪気に使用を続けていました。

本物の醤油(有機栽培、二夏熟成)の美味しさにびっくり。7号食実践の決意~マクロビオティック実践記3

マクロビオティックを始めて半年。醤油をとても良いものに変えました。そして、「素材や醸造期間なんかで味が変わるかねえ」という懐疑心が打ち砕かれました。

7号食で初めて経験する苦しみ。マクロビオティック理論の勉強を続けることを決める~マクロビオティック実践記4

マクロビオティックを始めて七ヶ月。7号食実践で、猛獣のような肉体の欲望を精神でねじふせる経験をします。

抜歯後、噛まなくても楽しめる美味しいものを探す~炭酸ジュース、カップ麺のマクロビオティック的代替食研究:マクロビオティック実践記10

マクロビオティックを始めて一年一ヶ月。親知らずを抜歯して噛めなくなった私は、そのストレスを解放するべく、ジュースやカップ麺の代替となるものを探していました。

親知らず抜歯後、歯茎の回復で噛めるようになってきた~マクロビオティック実践記11

マクロビオティックを始めて一年二ヶ月。親知らずを抜歯して2ヶ月経ち、やっと固形物が食べられるようになってきました。

食べ過ぎの失敗から新おにぎり開発、圧力鍋で玄米炊き開始~マクロビオティック実践記13

マクロビオティックを始めて一年四ヶ月。マクロビオティックにも慣れ、だいぶ食生活が洗練されてきます。鉄火味噌や圧力鍋を導入したのもこの頃。食べ過ぎの胃もたれで玄米おにぎりしか食べられず、玄米おにぎりだけで野菜も摂ろうと思って「鉄火味噌玄米おにぎり」が開発されました。

精神のきらめき初体験! これが中庸?~マクロビオティック実践記14

マクロビオティックを始めて一年五ヶ月。サイト作成に気をとられ、自然と間食が減って食事が洗練された結果、精神に変化が起こりました!

マクロビオティック理論勉強の大詰めと食生活の落ち着き~マクロビオティック実践記16

マクロビオティックを始めて一年七ヶ月。理論の勉強も大詰めとなり、ついに21冊を読み終えます。間食の改善にも乗り出しました

理論を考えすぎて突き抜け、もっと自由な境地へ~マクロビオティック実践記17

マクロビオティックを始めて一年八ヶ月。理論を詰め込みすぎて苦しんでいた時期を突如抜け、私は自由な境地へ躍り出たのでした。

制限のないマクロビオティックにたどり着く~マクロビオティック実践記18

マクロビオティックを始めて一年九ヶ月。マクロビオティックの禁忌食を見ても心を動かされない自分になりました。

ランダム記事

良心の痛むことはしない

私は、おこなって、どこか罪悪感を抱いたり、後ろ暗くなるようなことはしないようにしている。自分を傷つけないために。心を清らかに保つために。堂々と明るく生きるために。

マクロビオティックは偏食?

マクロビオティックは偏食とは違います。嫌いだから食べないのではないし、食べようと思えば食べられるのですから。しかし、そのような見方をされても構わないと思っています。

歯医者のストレスとコーヒーを飲んだときの血管が縮まる感じが似ている

歯医者に行く前のひどい緊張感が何かに似ていると気づきました。コーヒーを飲んだときに出てくる身体症状そっくりなのです。

親知らず抜歯後、根性の流動食と噛めない苦しみ~マクロビオティック実践記9

マクロビオティックを始めて一年。親知らずを抜歯して噛めなくなった私は、流動食の日々にいらだちを感じていました。早く噛めるようになりたい……

マクロビオティックQ&Aは、マクロビオティックを理解した道筋の再現

当サイト「マクロビオティックQ&A」はメインコンテンツであり、私が本気を入れて書いたマクロビオティックの解説でもあります。用語の解説だけでは理解できなかった過去の私の経験が基になっています。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事