マクロビオティックコラム

掌編小説:マクロビオティックとの対話~桜下の老人

シェアする

春の風が吹き抜ける丘の上。花もほとんど散ってしまった桜の木の下に、優子は沈んだ顔をして腰を下ろした。膝を抱えてため息をつく。

優子は大学四年生だった。絵描きになる夢があった。けれどどうしても、作品が世に認められないのだった。コンテストに応募して結果を見るたびに、優子の自信は崩れていった。こうなったら就職するしかなかった。絵に関係する仕事に就こうといくつか会社を当たったが、どこも書類選考で落とされた。

この就職難の時代、もう、絵にこだわっている場合ではないのだろうか。私は、私の抱いた夢をどうしたら良いのだろうか。

ここで人生を終えられたら楽だろうな。暗い思いがよぎった。こんなはずではなかった。在学中に才能が開花し、誰かに目をつけられて、なんとか絵描きとしてやっていける。そんな未来を思い描いていたのに。

「どうしたんだ、そんなつまらない顔をして」

突然の声に優子は身を固くし、隣を見上げた。ニッと笑ったのは、黒縁メガネをかけた老人。枯れ木のように痩せた体にくたびれた白いシャツをまとって、足はサンダル履きだ。

考え事をするためにわざわざひとけのない場所を選んだのに、とんだ邪魔が入ったものだ。優子は小さく笑顔を作って会釈し、立ち上がろうとした。それを制するように、老人が隣にどっかとあぐらをかいて座り込む。

「お前さん、腹が減っているんじゃないかね」
顔を引きつらせながら黙って首を横に振る優子に、老人は竹の皮の包みを取り出す。
「ほら、玄米にぎりだよ。これでも食べなさい」

受け取らずにいると、老人はにこにこしながら竹の皮をむいた。ごま塩がまぶされた、こがね色した小ぶりのおにぎりが姿をあらわす。

「元気が出ないときはね、玄米飯を食べるんだよ。よく噛んで。そしたら、玄米がお前さんを励ましてくれる」

何を言っているんだろう、この人は。思いながらも、おにぎりを受け取り、軽くお辞儀をする。

老人は、納得したように大きくうなずいた。

「人生には、思うようにいかないことだってあるさ。苦しくてたまらないときもある。でもそこで投げちゃだめだ。いいかい、すべては動いているんだ。お前さんの状況も、必ず変わる。ほら、この桜の木を見てごらん」

幹を撫でながら、老人は桜の木を見上げた。
「誰に教えられなくたって、花が咲き、花が散り、若葉が出て、茂ってゆくだろう。そして少しずつこの木も大きくなっていく。そんなもんさ。一時期の状況だけ見て、判断しちゃいけない。

この桜も、冬になれば葉を落とすだろう。春に芽吹くためには、そんな時間も必要なのさ。お前さん、今、辛いんだろう? 大丈夫さ。きれいな花咲かすために力を蓄えていると考えればいい。ほらどうだい、太陽が、桜を生かすために照っているだろう。お前さんにもあの光が降り注いでいる」

優子も、老人につられるように桜を見上げた。わずかに残っていた花びらが、風に吹かれて舞い落ちる。

「信じることだ。お前さんが生きている、この大きな自然界の力を。落ち着いて、耳をすませてよく聞いてごらん。心の奥から、お前さんの命の声が聞こえないかい。その通りに動いてみるんだよ。頭でごちゃごちゃ考えずに、心が動く方へ、自然に動いてごらん。信じるんだ。きっとうまくいく。お前さんを生んだこの宇宙は、決してお前さんを見捨てたりしないさ」

視線を戻したとき、優子の目の前に老人の姿はなかった。

驚いて辺りを見回すが、人影はない。

優子は思わず立ち上がり、木の後ろをのぞき込んだりして老人を探した。だが、どこにもいない。

……どこに行ってしまったのだろう? 幻のようにかき消えてしまった。

木々の葉が、気持ちよさそうに風にそよいでいる。

気の抜けたようにその場に座り込んだ優子は、手元に残されたおにぎりを見つめた。そのおにぎりだけが、老人と優子を結んでいた。

おそるおそる、小さく、一口囓ってみる。

--元気が出ないときはね、玄米飯を食べるんだよ。よく噛んで--

老人の声が蘇る。優子は、米粒を奥歯でかみしめた。何度も、何度も。

かすかに甘い味が、唾液に混ざって口の中に広がる。

なぜだか涙が出て、優子は目をこすった。

家に帰って、もう一度、どこか良さそうな会社はないか探してみよう。今度の公募展に向けて描いていた絵も途中だった。明日、授業もあるし……。まずは卒業を目指さなきゃいけないんだった。

残りのおにぎりを食べきって、指についていたごま塩をなめる。いつの間にか日は傾き、空は夕暮れに染まり始めていた。

優子は立って、ジーンズのお尻を払った。

まっすぐ前を向いて、振り返ることなく、歩き出す。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティックは超高級~外食では食べられない価格と質

外食をほとんどしなくなった私が、自然派系レストランのサイトで美味しそうなメニュー表記を見つけた。自分の家で食べるメニューもレストラン風にしたらどうなるか考えて、一人満悦。

クローン牛・豚が解禁? マクロビオティック実践者の心構え

2009年中にもクローン牛・豚の流通が解禁されるかもしれないと報じられました。マクロビオティック実践者はこの事態にどのような心構えでどう対処すれば良いのか提案します。

マクロビオティックで長生き遺伝子発動

マクロビオティックはやはり長寿に関係あり! その秘密は老化をストップさせるSIR遺伝子にあります。

マクロビオティックは偏食?

マクロビオティックは偏食とは違います。嫌いだから食べないのではないし、食べようと思えば食べられるのですから。しかし、そのような見方をされても構わないと思っています。

「パティスリーシンプルモダンマクロビオティック」探訪記~マクロビオティックとフレンチの融合

パティスリーシンプルモダンマクロビオティック(自由が丘)の感想、口コミ、レビューです。写真入り。パティシエの妹をもうならせるスイーツ群です!

埼玉県大宮氷川神社でマクロビオティック弁当持参の一人ピクニック

埼玉県の大宮氷川神社に、マクロビオティック弁当を持って行ってきました。

マクロビオティックをやっていないのに苦しんでいる人

マクロビオティックをやっていないのに、「やめたいのにやめられない」と食の葛藤で悩んでいる人がいるのを見て驚きました。

欲望を信じる

私の中に住む「欲望」は、マクロビオティック開始当初はすさまじい荒くれ者でしたが、今は理性を身につけた尊敬できるヤツになりました。

マクロビオティックとウォーキング(アシックスPEDALA購入)~運動は人間を陽性にする

運動不足解消のためにウォーキングを生活に取り入れることにしました。ウォーキングシューズを買いに向かったのはアシックスの歩人館です。

マクロビオティックで自炊力アップ

マクロビオティックのおかげで、自炊力、生活力がアップしました!

ランダム記事

人間の深みが増すとき~苦しみで、人間としての味わいが増す

「寒さ、貧しさ、ひもじさ」が、なぜ人間を鍛えるのか? その答えは食品の氷結技術に隠されていました。苦しみを得ることで、人間は、心に不凍物質を作ります。

アトピー性皮膚炎との歩み~5.マクロビオティックとの出会い

大学卒業後、実家へ戻った私は、自分のごはんをしぶしぶ自分で作るようになります。そんな中でレシピをまとめる必要性が出てきて、ブログをレシピ集代わりにすることに。そのタイトルに採用したのが「マクロビオティック」だったのです。マクロビオティックのことをほとんど何も知らなかったのに……

自分をマクロビオティック実践者だなあと感じるとき~白砂糖を避けようとする

普段の生活において、自分をマクロビオティック実践者だとことさらに意識することはない。だが、先日、マクロビオティックが「異物」として、私の中でその存在をあらわにする経験をした。数年ぶりに訪れた、和食レストランのお土産売り場でのことだ。

白砂糖が甘い、カレーがくどい~マクロビオティック実践記2

マクロビオティックを始めて五ヶ月目。白砂糖を使った菓子が甘ったるく感じられるようになり、好物のカレーもくどくて胃にもたれるようになりました。

厳しいorゆるゆる? 各人に合ったマクロビオティックを実践し、継続を目指す

私は、マクロビオティックはある程度厳しくやってこそその楽しさもわかるし、効果も得られるのではないかと思っている。だが、大事なのは継続すること。ゆっくりやった方が続くならば、その方法をとるのが良い。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事