マクロビオティックコラム

電子レンジ、電磁調理器がダメと言われても

シェアする

久司道夫氏は、自然な燃料推進派だ。『電気やマイクロ波(電子レンジなど)は決して使ってはならない。』(*1)とまでおっしゃる。

確かにそうだ。薪やガスの方が良いに決まっている。自然な炎はふんわりと温かく、料理に素晴らしいエネルギーと波動が伝わるだろう。それが理想だし、そうした方が良いのもわかる。

IHや電子レンジが良くないの?

だが、我が家の熱源はIH(電磁調理器)。カセットコンロはあるけれど、そんなものをわざわざ引っぱり出して料理するなんて現実的ではない。工事をしてガス式に設備を変えるなんて大がかりなことをする気もいまいちしない。だからいつも調理は電気じかけ。それが良くないの?

電子レンジも使っている。使わざるをえない。玄米ご飯を、時間のあるときに圧力鍋で一度に5合炊いて、食べきれなかった分を小分けにラップでくるんで冷凍保存し、食べるときにレンジで解凍している。

圧力鍋で頻繁に炊くのは大変

不精せず、その都度炊くのが一番良いということになるのだろう。

確かに冷凍ご飯をレンジにかけるともちもち感が減ずるから、日々炊ければ一番良い。だが、そうなると少ない量を頻繁に炊くことになる。

玄米ご飯を炊く圧力鍋は全自動というわけではなく、時間が来たら火加減を調整したりしないといけないから、炊いている間はあまり遠くへは行けない。

炊けたらすぐに鍋を空けて洗い、次の玄米を水に浸けて……。考えるだけでせわしない。

継続が困難になる

それでも、相当の無理をすれば、毎日炊くのは可能だろう。

しかしそうなると、玄米食を続けるのが困難になる。最初は気力で持ちこたえるだろうが、おそらく長くは続けられない。

電子レンジを使って玄米ご飯を食べるのと、電子レンジを使わない代わりに玄米が食べられなくなるのと、どちらが良いの? ということになる。

電磁調理器を使ってマクロビオティックを実行するのと、電磁調理器を使わないで料理ができなくなるのと、どちらが良いの?

極端だが、私にとってはそういう世界だ。

継続が最も重要

マクロビオティックは、続けることに意味がある。その人にとって「中庸」のやり方でなければ、続けられなくなる。電子レンジも、電磁調理器も、使わないでなんとかならないかと考え込んだこともあったが、私にとって、その方法は「中庸」ではない。

病人が、病気を治すために本気で取り組むマクロビオティックならば、電子レンジも電磁調理器も封印しなければならないかもしれない。だが、健康な人がマクロビオティックを日常生活の中で続けようとするとき、料理に時間をかけていられないことだってある。

何が一番大事なのか? 私は、たとえ電気やマイクロ波を浴びていても、玄米や野菜を自分で調理して食べていくことだと思う。

次善の策ではあるが、動物性食品や砂糖を摂る生活よりはずっと良いではないか。

電子レンジも、電磁調理器もダメと言われたとき、それらを使わないでもマクロビオティックを続けられるか? そう自分に問うて、「続けられない」と思ったら、電子器具に頼ってでもマクロビオティックを続行することに重きを置く。これが、私の出した結論だ。

(追記:後日譚があります。「電子レンジ回避で玄米ご飯腐らせた」参照)


*1久司道夫、久司・アヴェリン・偕代共著『マクロビオティック食事法(下)』p.58
運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

人生が先、マクロビオティックは後。~マクロビオティックに振り回されてはいけない

マクロビオティックの知識を、何のために普段の食生活に生かすのか。第一は健康のため。第二はやりたいことをやるため。この、「やりたいことをやるため」というのが大事です。マクロビオティックのために人生があるのではなく、人生のためにマクロビオティックがあるのです。

電子レンジ回避で玄米ご飯を腐らせた

電子レンジの使用を避けようとして玄米ご飯を常温で保存した結果、腐らせて、食べられなくなってしまいました。そんな経験から得た教訓を書いています。

マクロビオティックをオープンにしたい~私がサイトを作った理由

マクロビオティックというのはその詳細があまりオープンにされていない。「玄米菜食」という一言では語り尽くせないマクロビオティックの本当のところを知らせるため、このサイトが役立てられたらと思う。

マクロビオティックのトラウマ~母の囚われ

幼少期に参加した「健康学園」という厳格なマクロビオティックの合宿によって、マクロビオティックに対するトラウマを抱えてしまっている母。その根は深そうで、娘の私も困ってしまうほど。

食事は仕事~体を養うための食

食の楽しみとは何でしょうか? 目や舌のためではなく、体のために食べるのだということがわかったとき、新たな食の姿が見えてきます。

一食分の玄米の量(グラム数)

一食分につき、玄米ご飯をどのくらい食べますか? マクロビオティックでは、主食の推奨量(重さで全体の約半量(50%)、かさで1/3(33%))が決められています。

マクロビオティックが「偉そう」?

マクロビオティックが偉そうだという声を聞きました。けれど偉そうと感じるのはマクロビオティックを間接的にしか見ていないからでしょう。もっと直接触れてみてほしいです。

空腹が薬

体の調子が良くないとき、空腹が一番の薬になる場合があります。まずは胃をからっぽにさせ、さらに数時間おいてから、玄米ご飯を良く噛んで食べます。

マクロビオティック成功と失敗の定義-成功の秘訣は信じること

マクロビオティックをやって成功したか失敗したか。成功する秘訣は、うまくいくと信じて続けることです。ただ、途中で離脱しても、最終的に感謝が持てたなら成功です。

強くない体に守られている

胃腸が強くないことで太りすぎずにすんでいるんですよね。物事は、マイナスだけではありえず、必ずプラスの面があることを考えさせられます。

ランダム記事

マクロビオティックは苦しいか?

私はマクロビオティックをやっていて苦しいと思ったことがありません。それは、マクロビオティックに対しいつも反発しているから。マクロビオティックを自分のものにするためには、この「反発」も大事なことです。従順なだけじゃ苦しいです。

電子レンジ、電磁調理器がダメと言われても

マクロビオティックでは電子レンジも電磁調理器も使わない方が良いことになっていますが、そんなことを言われても、使わざるをえない状況というものがあります。一番大事なのはマクロビオティックを続けるということではないでしょうか?

マクロビオティックを実践している家族に関する相談

読者の方から、マクロビオティックを実践するご家族が「動物性食品や白砂糖を食べる人」、および「動物性食品や白砂糖そのもの」に対して批判的になっていることに関するご相談をいただいた。

しなびた大根の救済策~丸ごと煮物にすれば間違いない(レシピ)

しなびた大根が床に転がっていて、何とかしようと煮物を作ることにしました。

「スーパー活力なべ(圧力鍋)で玄米炊き」失敗談~水加減多過ぎでおかゆ状、火の弱め忘れで焦げ

スーパー活力なべで玄米を炊いたときの二つの失敗談を写真つきで掲載しています。一つ目は、水加減の多すぎ。二つ目は、10分加圧のところを、仕事に集中しすぎて火を止め忘れたため一時間も加圧。さて一体どうなったか……。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事