マクロビオティックコラム

私の目指す健康=松岡修造

シェアする

私は熱い人間が好きだ。目標に向かってエネルギッシュに驀進する人が好きだ。転んでも、倒れても、顔を泥まみれにして立ち上がり、歯を食いしばって前進していくような人が好きだ。

そんな人を見ると力が湧いてくる。自分もそうありたいと強く思うと、弱まりかけていた情熱の炎も再び燃えさかる。

たとえば岡本太郎。太郎にはずいぶんと助けられた。「死ぬのが怖かったら本当に生きることはできない」という言葉に、どれだけ勇気を奮い起こされたろう。

テレビやインターネットで見かける人々に力をもらったことも多々あった。有名無名は問わず、好きなことに、ただ好きだからというそれだけの理由で、好きで好きでたまらないというキラキラしたパワーを振りまきながら没頭している姿は本当に美しい。

そして今、私が注目しているのはテニスプレイヤーの松岡修造氏。彼も熱い。

現役時代は何度も怪我で泣かされ、そのたびに猛烈な頑張りではい上がってきた。ウィンブルドンのコートで「この一球は絶対無二の一球なり!」と叫んだのも熱い。

松岡氏はテレビのインタビューでこう答えていた。「楽しくてしょうがない。疲れるってことがわからない」。

これを聞いて、「なんて健康なんだ!」と思った。

それは、マクロビオティックが目指す健康の姿そのものではないか? 楽しくて、楽しくて、苦しいことすら楽しくて、疲れることがない。健康の七大条件にもある。「ツカレを知らない」と。

松岡氏の食生活は知らないが、どんなものを食べているにせよ、あの輝いた精神状態は私には紛れもない「健康」と映る。それまでの人生において乗り越えてきたものが厳しかった分、磨き上げられたのだろう。

いいなあ、あんな風になりたいなあ。マクロビオティックを実践していくことで、松岡氏のようなパワーに溢れた状態になりたいなあ。

「やればできる!」「諦めるなと言ったのにどうして諦めたんだ!」

彼の言葉は本当に熱くて心地よい。松岡氏のような境地に達するというのが、私のマクロビオティック実践の先に見据える目標の一つとなった!


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティック優秀献立おにぎり・ごぼう汁定食誕生秘話

マクロビオティック的にも素晴らしい上に、栄養所要量をも満たす優秀献立「おにぎり・ごぼう汁定食」誕生の裏話です。おにぎり・ごぼう汁定食は、高校時代、スキー授業の昼食で食べた「熱々の豚汁とおにぎり」の記憶から生まれました。

マクロビオティックは超高級~外食では食べられない価格と質

外食をほとんどしなくなった私が、自然派系レストランのサイトで美味しそうなメニュー表記を見つけた。自分の家で食べるメニューもレストラン風にしたらどうなるか考えて、一人満悦。

厳しさが連れてくる美しさ、苦しみが連れてくる喜び

北海道の冬に触れるたびに、私は励まされる。人生の苦しみは、受け止めようではないか。逆境の中にある輝きを見つけ、それを大事にしながら、春を待とうではないか。

カップ麺もスナック菓子も、見ざる、言わざる、聞かざる。

マクロビオティックに慣れ、カップ麺やスナック菓子を見ても心動かされなくなっただろうと思っていたら、実際は「美味しそう」と感じる心が残っていました。

肉は、もうわかった。~焼き肉への執着が落ちた瞬間~

マクロビオティックを始める前に好きだった焼肉。いまだにチラシを見ると美味しそうだなあと思ってしまうので、思い切って三年ぶりに食べに行ってきました。その結果……。

マクロビオティックをやっていないのに苦しんでいる人

マクロビオティックをやっていないのに、「やめたいのにやめられない」と食の葛藤で悩んでいる人がいるのを見て驚きました。

外見は綺麗に、中身は僧侶~デパートで物欲を揺さぶられない

マクロビオティックを始めてから、食への執着が落ちるとともに、物欲までなくなってきました。

マクロビオティックで自炊力アップ

マクロビオティックのおかげで、自炊力、生活力がアップしました!

三年番茶ブレンドでジャスミンティーの陰性を和らげる

ジャスミンティーは陰性が強いお茶ですが、それを陽性化する方法を見つけました。三年番茶と一緒に煮出すのです!

除去食ベースのマクロビオティック料理

肉、卵、牛乳除去。これだけでもマクロビオティックとしてかなり十分だと思えるのです。

ランダム記事

マクロビオティックでカレーが体に合わなくなった~だが「食べられなくなった」のではない

マクロビオティックを始めてからカレーが食べられなくなったと思っていましたが、そうではありませんでした。

人生は自分で決める。マクロビオティックも。

理想の人生とは何だろうか? 「自分の選んだ道で、うまくいくこと」だと私は思う。「自分が選んだのではない道で、うまくいかないこと」が最悪だ。

除毒(農薬除去)してジャスミンティーを入れる

有機栽培ではないお茶を入れるときは、一煎目を捨てると良いのです。

マクロビオティック道の終点を迎えた経緯その3

マクロビオティックをやめよう。私はそう思うようになった。そして、マクロビオティックという大前提を意識から取っ払うことにした。

マクロビオティックをオープンにしたい~私がサイトを作った理由

マクロビオティックというのはその詳細があまりオープンにされていない。「玄米菜食」という一言では語り尽くせないマクロビオティックの本当のところを知らせるため、このサイトが役立てられたらと思う。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事