マクロビオティックコラム

冬、国産かぼちゃが出回らない中、かぼちゃを求めて奮闘する

シェアする

私の地元(北海道)では、冬になると、スーパーにも自然食品店にも国産のかぼちゃが出回らなくなる(同じ道内でも冬に国産かぼちゃが売られる地域もあるかもしれないが、少なくとも私の生活圏内からは姿を消す)。

しかしそこで「時季が来るまで待とう」などと安穏とはしていられない。なにせかぼちゃは、私が野菜の中で一番好きなものであり、毎日食べるごぼう汁にも必ず入れるものだからである!

ネット注文

こうなったらインターネット頼み。私は、お気に入りショップである無農薬野菜のミレーで、坊ちゃんかぼちゃが売られているのを見つけた。これだ! 興奮しながら五個注文した。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑注文から五日後、待ちに待った坊ちゃんかぼちゃが到着。卵は入っていないが「たまご」のシールが貼られている。野菜を慎重に扱ってほしいというミレーの気持ちが伝わってくる。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑箱を開けると、つやつやの坊ちゃんかぼちゃが五個、鎮座していた。おおっ、これでしばらくは生き延びられる! と、砂漠の中でオアシスを見つけた旅人のような気分。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑坊ちゃんかぼちゃは手のひらサイズ。ぎゅっと凝縮されたような力強さを感じる。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑早速、一つを今日のごぼう汁に使う。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑他の野菜と一緒に煮込んで……。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑完成!

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑こうして無事に、かぼちゃ入りごぼう汁を備えた納豆ご飯・ごぼう汁基本食を用意することができたのだった。

期待いっぱいでかじった坊ちゃんかぼちゃは、ほっくりしていてとても甘かった。これは大当たりだ~! 

かぼちゃをこの二倍入れてもいいなと思いながら、満足して食べ終えた。

その後、早々に売り切れ。冷凍かぼちゃの道に入る

この調子だと、残り四個のかぼちゃもすぐになくなってしまいそうだ。そうなったら追加注文しないといけないな……と、気が早いながらも無農薬野菜のミレーの坊ちゃんかぼちゃ販売ページにアクセスをして愕然とした。

無農薬野菜ミレーから坊ちゃんかぼちゃ

↑にゃにい~~!! 売り切れただとぉぉ~~??

そんなあ、つい五日前まで売っていたのに。くう~っ、希望の綱だったのに~!

そうして再びかぼちゃ探しに奔走し始めた私が最終的に行き着いたのは冷凍かぼちゃ

冷凍かぼちゃであれば、国産で、しかも有機のものが冬でも簡単に手に入るのだ。

生のかぼちゃよりやや割高ではあるが、元からカットしてあって使いやすく、甘みも強く美味しいので、冬場の国産かぼちゃ問題解決法としてはなかなか良いと思っている。

冬でも、沖縄産のかぼちゃは出荷されていて、ネット販売されていたりもするから、それをスーパーに並べてくれたら一番ありがたいのだが……!!


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティック界に感じていた排他性

マクロビオティックを実践している間は、言いたくてたまらなかったけれどどうしても言えなかったことを言う。私は、マクロビオティック実践者の間に漂っているように見えた「排他性」に、最初から違和感を覚えていたのだ。

マクロビオティックをやめて、食生活が整う不思議

マクロビオティックを始めたばかりの頃は、マクロビオティックのおかげで食生活がととのった。それが逆転する日が来るなんて、どうして想像できたろう?

マクロビオティック卒業後コラムとは

私がマクロビオティックから巣立ったことを契機として、当サイトに新しいコラムカテゴリを誕生させた。その名も「マクロビオティック卒業後コラム」。

マクロビオティックを巣立った後の食生活【マクロビオティック卒業から一ヶ月】

マクロビオティックを終了させた運営者の現在の食生活を写真付きで紹介します。果物と砂糖の摂取が増えています。

健康な人が実践するマクロビオティックの限界

マクロビオティックの食事法は、病気の人にこそ効果を発揮する。健康な人の体調ももちろん上向くが、健康というのには限度がある。

マクロビオティックをやめて、一番感じること

マクロビオティックを手放して、新たな食の道を歩み始め、まず一番初めに感じたのは「食べられるものが増えた」ということだ。

マクロビオティックをやめて広がる世界

マクロビオティックを卒業したら、マクロビオティック実践者ではない方たちからメールをいただくようになった。「マクロビオティック」という限定的なくくりではなく、「健康的な食生活」に興味を持ち、このサイトを見てくださっている方もいたのだ。

マクロビオティックを実践している家族に関する相談

読者の方から、マクロビオティックを実践するご家族が「動物性食品や白砂糖を食べる人」、および「動物性食品や白砂糖そのもの」に対して批判的になっていることに関するご相談をいただいた。

反動のように食べ過ぎてしまうことに関する相談

厳格なマクロビオティック実践中、誘惑に耐えきれず、ケーキやチョコを暴食する日が増えてきた……という読者さんからの相談に対する返答を兼ねたコラムです。

マクロビオティックを巣立った後の食生活・その2【マクロビオティック卒業から五ヶ月目】

マクロビオティックを卒業してから五ヶ月目の食生活を、写真入りで紹介。納豆ご飯・ごぼう汁定食、胚芽ビスケット、りんご。意外と節制が効いています。

ランダム記事

病気を受け入れる

マクロビオティック実践者であるにも関わらず重い風邪をひき、私は今まで忌み嫌っていた「病気」を受け入れざるを得ないところまで追い込まれました。

人生が先、マクロビオティックは後。~マクロビオティックに振り回されてはいけない

マクロビオティックの知識を、何のために普段の食生活に生かすのか。第一は健康のため。第二はやりたいことをやるため。この、「やりたいことをやるため」というのが大事です。マクロビオティックのために人生があるのではなく、人生のためにマクロビオティックがあるのです。

マクロビオティックを信じてみる気になった理由

胡散臭いとか、宗教っぽいとか、そんな疑惑の眼差しを向けられることもあるマクロビオティックだけれど。私はマクロビオティックの主張は信頼に足ると、最初に直感した。その理由は、マクロビオティックが無欲だから。

マクロビオティックは超高級~外食では食べられない価格と質

外食をほとんどしなくなった私が、自然派系レストランのサイトで美味しそうなメニュー表記を見つけた。自分の家で食べるメニューもレストラン風にしたらどうなるか考えて、一人満悦。

倒れた妹をオーサワジャパンのレトルト惣菜が救う

過労で倒れた妹が、オーサワジャパンのレトルト惣菜により救われました。煮物、主食、汁物まで、すべて揃っている!

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事