マクロビオティックコラム

倒れた妹をオーサワジャパンのレトルト惣菜が救う

シェアする

東京で一人暮らししている妹は、激務のパティシエ。

朝の五時半に起きて出勤し、帰ってくるのは夜の十時近く。職人の世界だからこのくらい厳しいのは仕方ないのかもしれないが、それにしても余裕がなさすぎる。

料理好きで、学生時代は毎日手作りの弁当を持参していたほどだったのに、今では玄米を水に浸けることすらできないほどの疲労困憊ぶり。

「慢性の睡眠不足。疲れが取れない。毎日、疲れを紛らわすために、インスタントコーヒーをブラックで飲んでいる」と、たまの電話で言っているのを聞き、心配はしていたのだが。

ついにその心配は現実のものとなってしまった。

その日、妹は朝から具合が悪く、歩くたびに涙が出そうになるくらい辛かったという。絶え間ない吐き気をこらえ、なんとか家に帰り着いて間もなく、トイレで嘔吐してしまったのだ。

休みを三日間取って寝込んでいる妹から連絡が来て、私と母は大騒ぎになってしまった。

吐いたなんてエライことになった。大変だ大変だ、栄養をつけさせないと。

何か、調理がいらなくて体に良いものはないかと探していて見つけたのが、オーサワジャパンのレトルト惣菜!

野菜煮物切り干し大根の煮物わかめ玄米おにぎり小豆玄米おにぎりだってある。

素材はもちろん国産、有機栽培や特別栽培のもので、調味料も自然派。まさにレトルトのマクロビオティック!

小松菜の味噌汁まであったので、それもつけて二万円分ほど買い、大量に荷物として送った。

後日、妹から「ありがとうございます。これでしばらくは健康に生きていけます」とメールが来た。オーサワジャパンの食事をありがたく食べ、体調も回復したようだ。

気力が戻り、部屋の掃除までしたという。

妹のように、自炊が困難な環境にある人間にとって、レトルトのマクロビオティック惣菜はなんてありがたいのだろう。

オーサワジャパンよ、桜沢如一氏の名を冠したオーサワジャパンよ。

ありがとう! 後光が差して見えるよ!

主食もおかずも汁物も用意してくれて、なんて細やかな気配りなんだ。

現代人の救世主! よっ! オーサワジャパン!

「病気で死ぬ人をなくしたい」。桜沢氏の思いは、確実に今にまで生き、妹を救った。

お会いしたことはないけれど、桜沢先生。あなたの笑顔が、目の前に見えるような気がします。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

初めての「鉄火味噌(てっかみそ)」体験記~サラサラした野菜の佃煮のよう。思った以上に美味しい。

マクロビオティックの「最高貴薬」と言われる鉄火味噌(てっかみそ)。その得体の知れなさに手を出せずにいましたが、ついにトライしてみました。そうしてわかるてっかみその実力! ぜひこのてっかみその魅力をお伝えしたいです。

皮つきりんごが美味い!~竹嶋さんの無農薬紅玉

りんごジャムを作るために、無農薬の「竹嶋さんのりんご」を買いました。写真つきでレビューしています。無農薬だから皮つきで食べられたのですが、これがとても美味しかったのです! 皮つきりんごのウマさにびっくりです。ジャムを作る前に減ってしまいそうです。

欲望を信じる

私の中に住む「欲望」は、マクロビオティック開始当初はすさまじい荒くれ者でしたが、今は理性を身につけた尊敬できるヤツになりました。

初めての「食養第一期食そばパン作り」体験記~栄養バランス良く、副菜いらず

桜沢如一氏著「新食養療法」にマクロビオティック開始直後の「第一期食」として掲載されていた謎の食品「ソバパン」を作ってみました。

忙しい人のためのチャーハンおにぎり弁当

激務の妹に玄米チャーハンおにぎりを持たせています。主食とおかずを一品で摂れるお得料理です!

除毒(農薬除去)してジャスミンティーを入れる

有機栽培ではないお茶を入れるときは、一煎目を捨てると良いのです。

三年番茶ブレンドでジャスミンティーの陰性を和らげる

ジャスミンティーは陰性が強いお茶ですが、それを陽性化する方法を見つけました。三年番茶と一緒に煮出すのです!

初めての「そばがき手作り」体験記

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」を初めて手作りしたときのレポートです。練るのがとにかく大変!

除去食ベースのマクロビオティック料理

肉、卵、牛乳除去。これだけでもマクロビオティックとしてかなり十分だと思えるのです。

妹の作る栄養不良回復御膳

私の栄養不良を治すために妹が作ってくれた食事の数々を公開。

ランダム記事

好きだったスナック菓子を食べなくなって半年、今、思うこと

マクロビオティックを始めて、私が執着を断つのに最も成功したと言えるのはスナック菓子だ。

アトピー性皮膚炎との歩み~5.マクロビオティックとの出会い

大学卒業後、実家へ戻った私は、自分のごはんをしぶしぶ自分で作るようになります。そんな中でレシピをまとめる必要性が出てきて、ブログをレシピ集代わりにすることに。そのタイトルに採用したのが「マクロビオティック」だったのです。マクロビオティックのことをほとんど何も知らなかったのに……

人生は自分で決める。マクロビオティックも。

理想の人生とは何だろうか? 「自分の選んだ道で、うまくいくこと」だと私は思う。「自分が選んだのではない道で、うまくいかないこと」が最悪だ。

クローン牛・豚が解禁? マクロビオティック実践者の心構え

2009年中にもクローン牛・豚の流通が解禁されるかもしれないと報じられました。マクロビオティック実践者はこの事態にどのような心構えでどう対処すれば良いのか提案します。

失敗を繰り返して強くなる

マクロビオティックを実践していれば失敗はつきものですが、それは向上への大きな足がかりとなります。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事