マクロビオティックコラム

初めての「ねぎ味噌」体験記

シェアする

THEマクロビオティック』(久司道夫著)を読んでいたら、「腎臓および膀胱癌」の項に「みそと長ネギのふりかけ」、いわゆる「ねぎ味噌」のことが載っていた。

毎食小さじ1杯ずつ、主食とともに食べると良いらしい。

ねぎ味噌! その響きに、無性に食欲をそそられる。マクロビオティック料理のレシピ本に載っているのを前に見たことがあって、気になってはいたのだ。簡単そうだし、作ってみよう!

だが、ここからが一苦労。『THEマクロビオティック』掲載のレシピ内容が、どう考えてもしっくりこない。

長ねぎをみじん切りにしてそのかさを量るというところまでは良い。だが、その長ねぎと同量のごま油を用意するというではないか。長ねぎを2本も切れば、200ccのカップ1杯は優に超えるだろう。そうしたら、ごま油もカップ1以上用意するということ……?

油が多すぎやしないか?

そして、味噌はネギの3倍量だという。カップ1杯のネギと油に、カップ3杯の味噌……? 油ぎっしゅの味噌まみれじゃないか?

できるだけ久司氏のレシピに従おうと思っていたが、何かおかしいとしか思えない。元々アメリカで出版された本だから、日本語に訳するときに間違いが生じたのかもしれない……と決めて、分量は『毎日のマクロビオティックレシピ140』、『リマクッキング』を参考にすることにした。

そうして初めてのねぎ味噌作りがスタートした。ねぎを「みじん切りにする」というのは久司氏流。小口切りにしてからせっせとみじん切りにしたが、これがなかなか目にしみる! さすが玉ネギの親類……。

油の量は日本のレシピ本に従い、可愛く「小さじ1」。うん、そのくらいが妥当だよな。ひげ根とねぎを炒めてから、注水せずにフタをして蒸し焼くのは久司氏流。弱火で20分。

すっかりしんなりとして色あせたねぎの上に、少量の水で溶いた味噌をのせて再びフタをして弱火で20分。最後にかき混ぜて完成だ。

ねぎ味噌

さて……。ねぎと味噌だけというおそろしくシンプルな材料でできた「ねぎ味噌」。頭の中で二つの味を組み合わせてみる。味噌のしょっぱさと、ねぎの辛さ。きつめの味を想像しながらヘラについたねぎ味噌を少しなめてみた。途端に、口の中に甘みがいっぱいに広がる。

……甘い? 甘いってどういうことだ? まるでみりんか砂糖でも入れたような甘さだ。そして、ニンニクのような香りもある。ピリッとしたねぎの辛みも生きている。それらが味噌のコクと相まって、予想もできなかったような美味しさを醸し出している!

玉ネギをじっくり炒めると甘みが出るのは知っていた。それが長ねぎにも当てはまるということを初めて知った。合計40分、弱火でゆっくりと蒸し焼かれた長ねぎは、ふわふわととても甘くなっていたのだ。恐るべし長ねぎ!

普通、長ねぎにそこまで火を通そうとは思わない。他に甘い野菜はいくらでもあるから長ねぎに「甘さ」なんて期待していないし、甘味料だってあるのだから、甘くしたければ手っ取り早くそういうものを使えばいいと思ってしまう。

けれど、厳格なマクロビオティックにおいて、甘味料は体を弱らせないためにも極力避けた方が良い。だから、「長ねぎ」という食材に、とことん執着しなければいけない。

長ねぎは本来辛いもの。火の通し方が浅ければ辛みが残る。だったら、どこまでも火を通して、甘くしてやる。そんなマクロビオティックの執念を感じる。

辛いなら、甘くしてやろうホトトギス。その思いこみの強さというか、からし種一粒の信仰が山をも動かすような奇跡というか、なんともマクロビオティックというものの底力を感じさせられた。

「ねぎ味噌」は、「鉄火味噌」と並び、「ザ・マクロビオティック料理」にふさわしい一品だろう。

私は早速できたてのねぎ味噌を玄米ご飯にのせてみた。

ねぎ味噌を玄米ご飯にのせた

ご飯にほんの少しねぎ味噌を添えて、口に運ぶ。これが何とも言えず、玄米ご飯に合う! ねぎ味噌だけでご飯がどんどん進んでしまう!

母も気に入り、二人であっと言う間に消費してしまった。今度は長ねぎ3本でねぎ味噌を作り、タッパーに入れて常備菜にした。

三冊のレシピ本の分量と手順をミックスさせて作った今回のねぎ味噌。私としては大満足の結果となった。

これから作ろうとする方にアドバイスするとすれば、ねぎ味噌の成否を決めるのは「ねぎの甘さ」だから、しつこく火を通してほしいということだ。長ねぎの分量が増えれば増えるほど、火を通す時間も長くした方が良い。焦って火を強くしてはいけない。あくまでも弱火で、ねぎが持つ水分で蒸し焼くのだ。

味噌を入れて、完成間近になってから「あ、まだちょっと辛いかも!」と気づいてしまっても遅くはない。フタをして、引き続き火を通し続ければ、甘くなる。

冷蔵庫で保管すれば二週間以上はもつ。長ねぎが余ったときにでも挑戦していただければ、きっと楽しい体験ができるだろう。

(今回作った「ねぎ味噌」のレシピはこちら!)


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

初めての「鉄火味噌(てっかみそ)」体験記~サラサラした野菜の佃煮のよう。思った以上に美味しい。

マクロビオティックの「最高貴薬」と言われる鉄火味噌(てっかみそ)。その得体の知れなさに手を出せずにいましたが、ついにトライしてみました。そうしてわかるてっかみその実力! ぜひこのてっかみその魅力をお伝えしたいです。

初めての「マイースのハンバーグ」体験記

リマクッキング掲載の「マイースのハンバーグ」(卵も牛乳もパン粉も不使用)に挑戦したときの記録です。つなぎに使う地粉の「適宜」という指示がどれくらいかわからず、最初は失敗……。

初めての「梅酢で寿司飯」体験記

マクロビオティックを学んでからもずっと、勇気が出なくて使えなかった梅酢。鉄火丼を作ることになり、意を決して梅酢による寿司飯に挑戦してみることになります。果たして味は……?

初めての「豆腐チーズ」体験記

豆腐チーズなる、豆腐を味噌に漬けた一品を作ってみました。確かに、香りや食感がチーズに似ています。写真つきでレシピも紹介。

初めての「完全粉からセイタン作り」体験記

必要ないと思って敬遠してきたマクロビオティック界の大いなる謎、「セイタン」を、好奇心から手作りしてみました。

初めての「グルテン粉からセイタン作り」体験記

セイタンを手作りしてみて意外に美味しかったので、今度はグルテン粉から作ってみました。

初めての「手作り納豆巻き」体験記

値段を気にせず納豆巻きを食べたくて、ついに手作りしてしまいました! 寿司酢も酢と粗糖と塩で手作り。レシピ掲載。

初めての「食養第一期食そばパン作り」体験記~栄養バランス良く、副菜いらず

桜沢如一氏著「新食養療法」にマクロビオティック開始直後の「第一期食」として掲載されていた謎の食品「ソバパン」を作ってみました。

初めての「がんに効く玄米ご飯の炊き方」体験記

伊藤悦男氏著「がんに効く玄米の炊き方」を参考に、乾煎りしてから玄米を炊いてみました。

初めての「そばがき手作り」体験記

マクロビオティックにおける謎の食べ物「ソバカキ」を初めて手作りしたときのレポートです。練るのがとにかく大変!

ランダム記事

外食前の玄米おにぎりで最低限の栄養確保

外食の前に玄米おにぎりを食べると、体調が崩れにくくなります。腹ぺこではなくなるため食べ過ぎず済んで、経済的にも良いです。

三年番茶ブレンドでジャスミンティーの陰性を和らげる

ジャスミンティーは陰性が強いお茶ですが、それを陽性化する方法を見つけました。三年番茶と一緒に煮出すのです!

マクロビオティックをやめて、食生活が整う不思議

マクロビオティックを始めたばかりの頃は、マクロビオティックのおかげで食生活がととのった。それが逆転する日が来るなんて、どうして想像できたろう?

悪口を言わない・その1

汚れやすく傷つきやすい自分の心を、悪から守らなければいけない。最も警戒しなければいけないのは、自分の内側から来る悪である。たとえば、誰かや何かに対する悪口。

カップ麺もスナック菓子も、見ざる、言わざる、聞かざる。

マクロビオティックに慣れ、カップ麺やスナック菓子を見ても心動かされなくなっただろうと思っていたら、実際は「美味しそう」と感じる心が残っていました。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事