マクロビオティックコラム

マクロビオティックをやめて広がる世界

シェアする

このサイトを作り上げたころ、私は自分がマクロビオティックをやめることになるなど想像もしていなかった。

マクロビオティックに感動し、「こんな素晴らしい哲学を自分のものだけにしておくなんて罰当たりだ。ぜひインターネットで広く公開したい」と熱く情熱をたぎらせていた。

想定した読者は、マクロビオティックをこれから学ぼうとしている人たち。

病気を治すためでも、ダイエットのためでもなんでもいいから、「マクロビオティック」というものがあるのを小耳に挟み、「どんなもんだろう」と何気なくインターネットで調べるような、そんな人たちに読んでもらいたいと思っていた。

実際に運営を始めると、メールをくださるのは初心者よりもある程度の実践者の方が多かったが、それでも「マクロビオティックに関わりがある」という点は共通していた。

「マクロビオティック羅針盤」というサイト名だもの。マクロビオティックというキーワードで集まった人々が、このサイトを見ているのだ。

それは、私の中では真実として定着し、だからこそマクロビオティックをやめるという段になって不安が生じた。

マクロビオティックに興味のある人たちが見ているというのに、肝心のマクロビオティックをやめるとなってはその人たちをしらけさせるのではないか。

「見るべきものはもうない」と私のサイトを去っていってしまうのではないか。

そうしたら、私はぽつんと一人。

やめると言いたくない

……言いたくない。マクロビオティックをやめるだなんて、言いたくない。

けれどもう、私はマクロビオティックについて語ることは語りつくし、実践するべきことは実践しつくしてしまっていた。

これ以上、マクロビオティックを書くことはできない。ネタ切れだ。だったらどうなる? マクロビオティックをやめるとも言えないで、だからといってマクロビオティックについて書くこともできないで

このサイトの命脈が尽きてしまうではないか!

初心を思い出す

それはいやだ。私は、サイトを作ろうと決めたときの自分の気持ちを思い出した。

特定の誰かのために作ったサイトではなかったはずだ。ただ、自分の思いがあふれて、それを書きたくて仕方ないから書いたんだ。

確かに「こんな人が読んでくれるかな」と想像はしたが、誰が読むでもないとわかったからといって、「じゃあやめる」とはならなかったはずだ。

読んでもらえるから書くのではない。書きたいから書いてきた。

また振り出しに戻っても、それでいいじゃないか。皆が去っていったとしても、だからどうだというの。書ける喜びは失せはしない。

私は、「ヤー!」とすべてをなげうつ気持ちで、「マクロビオティックという学舎を卒業するとき」を書き、掲載した。

ずっと心に隠していたことをさらけ出し、晴れ晴れとした。これで、書き続けられる。サイトの命をつなげられる。

孤独を覚悟した

一人になってしまったと思った。私は独学のマクロビオティック実践者だったから最初から一人だったけれど、「自分だけの健康道」なんて、ますます誰もいないところに来てしまった。

まあそれもいいか……。と、鳥のさえずりを聞きながら気を取り直して歩き出そうとしたとき、思いもよらないメールが届き始めた。

マクロビオティック実践者ではない人たちからだ。

あるお一人は、「健康に気を配って生活しているけれどマクロビオティックを実践してはいないから、メールを出しにくかった」と告白してくださった。けれどマクロビオティック修了宣言を読み、親近感を持ち、メールをくださる気になったという。

私は驚いた。「マクロビオティック」という限定的なくくりではなく、「健康的な食生活」に興味を持ち、このサイトを見てくださっている方もいたのだ。

そのような方たちにとってみれば、私がマクロビオティック実践者であることが逆に垣根となっていたのだ!

一人ではなかった

ああそうか。私は改めて周りを見渡し、自分が一人でないことに気づいた。

「自分だけの健康道」を歩んでおられる方が、あっちの山にも、こっちの山にも、大勢見える。

私は一人になったのではない。マクロビオティック実践時代よりもよほどたくさんの人々がいるところに出てきたのだ。

失うものあれば、得るものあり。マクロビオティックをやめたことでひらけた新しい世界が、眼前にまばゆくきらめく。

より納得できる居心地の良い場所にどんどん近づけているという感覚が、今、私の体を包んでいる。

【マクロビオティック卒業後の食事法について】

追記:マクロビオティックを卒業後は、自分オリジナルの健康道に移行しました。↓

玄米・ごぼう汁基本食健康法

↑「玄米・ごぼう汁基本食」を食べたらあとは何を食べても自由という食事法です。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティック界に感じていた排他性

マクロビオティックを実践している間は、言いたくてたまらなかったけれどどうしても言えなかったことを言う。私は、マクロビオティック実践者の間に漂っているように見えた「排他性」に、最初から違和感を覚えていたのだ。

マクロビオティックをやめて、食生活が整う不思議

マクロビオティックを始めたばかりの頃は、マクロビオティックのおかげで食生活がととのった。それが逆転する日が来るなんて、どうして想像できたろう?

マクロビオティック卒業後コラムとは

私がマクロビオティックから巣立ったことを契機として、当サイトに新しいコラムカテゴリを誕生させた。その名も「マクロビオティック卒業後コラム」。

マクロビオティックを巣立った後の食生活【マクロビオティック卒業から一ヶ月】

マクロビオティックを終了させた運営者の現在の食生活を写真付きで紹介します。果物と砂糖の摂取が増えています。

健康な人が実践するマクロビオティックの限界

マクロビオティックの食事法は、病気の人にこそ効果を発揮する。健康な人の体調ももちろん上向くが、健康というのには限度がある。

マクロビオティックをやめて、一番感じること

マクロビオティックを手放して、新たな食の道を歩み始め、まず一番初めに感じたのは「食べられるものが増えた」ということだ。

冬、国産かぼちゃが出回らない中、かぼちゃを求めて奮闘する

私の住んでいる地域(北海道)では冬になると、スーパーにも自然食品店にも国産のかぼちゃが出回らなくなる。そこで無農薬の坊ちゃんかぼちゃをインターネット通販で取り寄せたのだが、追加注文しようと思ったら早々に売り切れ。

マクロビオティックを実践している家族に関する相談

読者の方から、マクロビオティックを実践するご家族が「動物性食品や白砂糖を食べる人」、および「動物性食品や白砂糖そのもの」に対して批判的になっていることに関するご相談をいただいた。

反動のように食べ過ぎてしまうことに関する相談

厳格なマクロビオティック実践中、誘惑に耐えきれず、ケーキやチョコを暴食する日が増えてきた……という読者さんからの相談に対する返答を兼ねたコラムです。

マクロビオティックを巣立った後の食生活・その2【マクロビオティック卒業から五ヶ月目】

マクロビオティックを卒業してから五ヶ月目の食生活を、写真入りで紹介。納豆ご飯・ごぼう汁定食、胚芽ビスケット、りんご。意外と節制が効いています。

ランダム記事

にんじんりんごジュースで知る新たな世界~マクロビオティックからはみ出すのが面白い

マクロビオティックの理論からはみ出す「にんじんりんごジュース」への挑戦は私の食生活を進化させてくれました。美肌効果にも驚きました。

自分を自分で怒らない、責めないことの大切さ~自分を許すと楽になる

過去の失敗行為を思い出して「ああすれば良かったなあ」と後悔するとき、自分を慰め励ますのも良い手なのですが、許してやれ、と自分に語りかけると、もっと根本から楽になれました。

続・皮つきりんごが美味い!~竹嶋さんの無農薬ジョナゴールド

竹嶋有機農園から、紅玉に引き続き無農薬ジョナゴールドを取り寄せました。写真つきの感想です。とにかく見た目が美しく、甘くて美味しい!

初めての「梅酢で寿司飯」体験記

マクロビオティックを学んでからもずっと、勇気が出なくて使えなかった梅酢。鉄火丼を作ることになり、意を決して梅酢による寿司飯に挑戦してみることになります。果たして味は……?

パスタ(スパゲティ)食べ過ぎで激腹痛の失敗

パスタは胃もたれしやすいと自覚があったのに、油断して食べて胃を弱らせ、さらにたくさん食べるようなマネをしたので腹痛を起こしました。久々の失敗です。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事