マクロビオティックコラム

マクロビオティックだけで精神修養できるのか

シェアする

マクロビオティックの食事法を実践すると、中庸の精神が得られるとされる。

気持ちの揺らぎが少なく、くよくよイライラしにくい。静けさと情熱を兼ね備えた、とても生命力に満ちた精神だ。

だがこれが果たしてマクロビオティックだけで手に入れられるのか、私は当初から疑問に思っていた。

私は現在、良好な精神状態を保っている。

日常のささいな出来事やふと浮かんだ不安から、気持ちが乱れることもある。 けれど数年前に比べれば、一次元違うと思えるくらいの境地には立っている。

それはもちろんマクロビオティックのおかげもある。マクロビオティックの食事により、精神の核の質に磨きがかかり、体調が良くなるとともに気持ちも上向いた。

マクロビオティックに出会えて、生活に取り入れたからこそ得られた精神であり、感謝は尽きない。

けれど、マクロビオティックを学ぶ三年も前の2004年。ひどい落ち込みと挫折感、未来への不安、自分の居場所がないような恐怖感で、毎月下痢を繰り返すほど精神的に衰弱していた私を最初に救ってくれたのは、生きることの意味を説いた書籍たちだった。

エリザベス・キューブラー・ロスの『「死ぬ瞬間」と死後の生 』から始まり、『般若心経入門―生きる智慧を学ぶ』などの 宗教本、『人生の答えはいつも私の中にある』などの人生哲学系、『シルバーバーチの霊訓』などの堅い霊的真理系、何十冊も読んだ。

この読書経験を通じ、私は真っ暗闇の底からすくい上げられ、「生きているだけでいいんだ」という安心感を得て、ようやく自分の存在を肯定できるようになったのだ。

たどり着いたのは、それまでいた暗くてとげとげしい世界とはまるで違う、輝きに満ちた世界。羽根がついたように心も体も軽く、下痢もぴたりと治り、楽しく毎日を過ごせるようになった。

マクロビオティックに出会ったのは、その後のことなのだ。

マクロビオティックによって精神状態がさらに向上したのは事実だが、すでに読書によってだいぶ救われていたからこそここまで来られたというのが本当のところだ。

精神的な苦しみを抱えておられる方が、マクロビオティックに救いを求める場合があると思う。そんなとき、食事の内容だけで気持ちを穏やかにしようというのは少し時間がかかりすぎる方法なのではないかと私は感じている。

創始者の桜沢如一氏だって、食事だけで精神を磨いていたのではない。彼は、大変な読書家だ。あらゆる分野の本を読んでらっしゃる。そういう中で学んだこともたくさんあるだろうと思う。

食事によって心身の改善をはかるだけでなく、生き方を説いた書物を読むなどのもっと直接的な努力も同時に行った方が良い。

マクロビオティックだけで今の境地に至れたとは、私は思っていない。


運営者紹介

マクロビオティック羅針盤」運営者の遠藤です。

当サイトでは、マクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティック的に最もお勧めしたい献立「おにぎり・ごぼう汁定食」について「栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?」で解説しています。

他に、メインブログとして「健康探究ブログ」を運営していますのでよろしければ遊びにいらしてください。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

サイト説明詳細・運営者プロフィールはこちら

関連記事

マクロビオティックは誰のもの?

マクロビオティックというものに対して、萎縮してはいませんか? 私は、マクロビオティックというのは宇宙の真理そのものであり、その前に誰もが平等なのだと思っています。誰が近いとか遠いとかいうこともありません。自信を持って、自分だけの学びをしましょう。

人生が先、マクロビオティックは後。~マクロビオティックに振り回されてはいけない

マクロビオティックの知識を、何のために普段の食生活に生かすのか。第一は健康のため。第二はやりたいことをやるため。この、「やりたいことをやるため」というのが大事です。マクロビオティックのために人生があるのではなく、人生のためにマクロビオティックがあるのです。

マクロビオティック独学のススメ

マクロビオティックは独学が基本だと私は思っている。指導者の書いた本を読めば、直接指導を受けたと同じこと。あとは、日々の実践の中で、知識の定着をはかってゆけば良い。正しい食物を選ぶ判断力はすでに自分の中に備わっていると考え、もっと自分の力を信じることが大切だ。

マクロビオティックを信じてみる気になった理由

胡散臭いとか、宗教っぽいとか、そんな疑惑の眼差しを向けられることもあるマクロビオティックだけれど。私はマクロビオティックの主張は信頼に足ると、最初に直感した。その理由は、マクロビオティックが無欲だから。

好きにも嫌いにもなりたくない~マクロビオティックとの距離

マクロビオティックと長いつきあいをするために、マクロビオティックとは適度な距離を保とうと思っています。

マクロビオティッ苦(ク)

「マクロビオティック」とキーボードで打ち込むのはなかなか難しく、たまに間違えます。その代表格が「マクロビオティ苦」。「ク」だけが「苦」と変換されるのがミソです。

マクロビオティックグルメ食べ歩きはマクロビオティックなのか

マクロビオティックレストランの食べ歩きは、マクロビオティックで培った精神にふさわしいものなのでしょうか?

マクロビオティックQ&Aは、マクロビオティックを理解した道筋の再現

当サイト「マクロビオティックQ&A」はメインコンテンツであり、私が本気を入れて書いたマクロビオティックの解説でもあります。用語の解説だけでは理解できなかった過去の私の経験が基になっています。

マクロビオティックはおすすめできない?

マクロビオティックに興味を持った人に対し、マクロビオティックを積極的にすすめるのをあまり見たことがありません。皆、どこか慎重です。けれどあまり恐れず、「一度、とりあえずやってみたら?」とまずマクロビオティックを相手に差し出してあげた方が良いと思うのです。

マクロビオティック成功と失敗の定義-成功の秘訣は信じること

マクロビオティックをやって成功したか失敗したか。成功する秘訣は、うまくいくと信じて続けることです。ただ、途中で離脱しても、最終的に感謝が持てたなら成功です。

ランダム記事

肉は、もうわかった。~焼き肉への執着が落ちた瞬間~

マクロビオティックを始める前に好きだった焼肉。いまだにチラシを見ると美味しそうだなあと思ってしまうので、思い切って三年ぶりに食べに行ってきました。その結果……。

理論を考えすぎて突き抜け、もっと自由な境地へ~マクロビオティック実践記17

マクロビオティックを始めて一年八ヶ月。理論を詰め込みすぎて苦しんでいた時期を突如抜け、私は自由な境地へ躍り出たのでした。

越えなければいけない壁~マクロビオティック実践の難関。「食う必要を認めない」境地を目指して

のめるけれど、飲まない。食えるけれど食う必要を認めない。その境地を得るまでには一年半はかかります。マクロビオティックは忍耐と根性です。

歯医者のストレスとコーヒーを飲んだときの血管が縮まる感じが似ている

歯医者に行く前のひどい緊張感が何かに似ていると気づきました。コーヒーを飲んだときに出てくる身体症状そっくりなのです。

独学という勉強方法を信頼する理由

私はマクロビオティックを独学で実践していますが、独学にここまで信頼感を寄せるようになったのには一年間の自宅浪人の経験が大きく影響しています。

マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康
運営者ブログ新着記事