マクロビオティックコラム

アトピー性皮膚炎との歩み~3.浪人時代の脱ステロイド

肉、卵、牛乳の除去食を続けたおかげで私のアトピーは徐々になりを潜め、中学時代にはまだ肘に包帯を巻いて学校に行くこともあったのが、高校生になると一見アトピーだとはわからない皮膚にまでなった。

だがその小康状態もステロイド剤を毎日のように塗っていたから保てていたようなものだった。

体に使うのはまだ良いが、顔にステロイド剤を塗るのには抵抗を感じ始めていた。そのころ、ステロイド剤の副作用について見聞きすることが増えたからだ。皮膚が薄くなるとか、肌の抵抗力が落ちるとか。

だからといって薬を塗らなければ、頬が赤くかゆくなってしまう。そんな状態を人目にさらすのがイヤだったので、使いたくないものの使わざるをえない状況が続いていたのだが、脱ステロイドをするのに絶好の機会が訪れた。

高校卒業後、自宅で一年間浪人生活を送ることになったのだ。

家にこもって勉強すればいいだけの日々だから、どんな見た目になったって構わない。外気にもさらされないから、皮膚の療養にはもってこいだろう。私は顔に使っていたステロイド剤をピタリとやめてみた。すると、それまでステロイド剤のおかげで潤っていた肌が、こらえきれなくなったように赤く乾燥し、ひび割れた。

頬のひび割れから浸出液がにじみ、とても痛がゆい。頬に赤みが広がり、鏡を見るたびに悲しみといらだちがつのった。

たまに外食に行くとき、頬の湿疹のことなど忘れていたいのに、テーブルに置かれたスプーンに自分が映っていたりする。スプーンの中に小さくゆがんで映るその顔は、頬だけくっきりと赤い。たちまち人目が気になって、顔を隠すように背中を丸めたものだ。

入浴後が勝負の時間だった。鏡とにらめっこしながら、高価な美容液をつけてみたり、大学病院まで行ってもらってきた「酸性水」なるものをパッティングしてみたり。毎日、どんな処置を試したかノートにつけた。まだ赤い。まだかゆい。泣き顔のイラストに頬の湿疹を描き加え、ため息ばかりついていた。

しかしそんな試行錯誤のうちには、乾燥に少しはききそうだというやり方が見つかってきた。椿油を洗顔したての肌に塗り、ラップを貼り付けるという方法だ。だが椿油だけだとどうも肌なじみが良くなく、浸出液とともに流れ落ちる印象があった。

そこで、椿油自然派の保湿クリームに混ぜ込む方法を思いついた。手のひらに指先大のクリームを出し、椿油を10滴ほどよく混ぜ込む。油でゆるゆるになったクリームをこってりと頬に塗り、ラップで覆った。

これがヒットした。今までに比べ、保湿効果を抜群に感じる。ただ、せっかくのクリームも、寝ている間にかゆくてかいてしまうと水の泡。私は、睡眠中の顔を保護するため、鼻の部分だけ切り取ったガーゼで顔を覆うことにした。上部はピン、下部は首に巻き付けて後ろでテープ止め。無意識にガーゼの上からかかないよう、手はグーにして包帯をぐるぐる巻きにし、動きを封じた。

この、油クリームを塗ってガーゼで覆って眠る生活を三ヶ月も送った頃だろうか。皮膚は元の色を取り戻し、表面の滑らかさも蘇り、日焼け止めをどうにか塗れるくらいまで回復した。

この頃再会した友人には、「肌が綺麗になった!」と驚かれた。ステロイド剤を塗ってしのいでいた高校時代よりも見やすい肌になっていた。

大学にも合格し、入学式の写真に白い肌で写ることができたのだった。

(「アトピー性皮膚炎との歩み~4.大学時代の油断」に続く)


マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康