マクロビオティック羅針盤サイト案内

サイト開設の目的

初めまして。サイト運営者の遠藤と申します(北海道在住)。

当サイトは、私が身につけたマクロビオティックの知識を広く世に公開し、人々が独力でマクロビオティックを学び実践する手助けをするために開設されました。

初学者の方が、何の参考書も持っていなくても当サイトさえ見れば理論から実践法までをあらかたマスターできるように、私が理解、実践しているマクロビオティックを初歩からQ&A形式で解説しています

マクロビオティックQ& A理論編は、創始者である桜沢如一氏の説に沿っています。

研究のために読んだ著作についてはマクロビオティック本の紹介参照

また、マクロビオティックQ& A独学法編ではマクロビオティックの独学法やそのコツを解説しています。

マクロビオティックに初めて触れる方へ

マクロビオティックについて予備知識のない方は
マクロビオティックって何ですか?~初めての方へ」からどうぞ。
マクロビオティックって何ですか?
マクロビオティック最適スタートレベル診断」も併せてご利用ください。
マクロビオティック最適スタートレベル診断

サイト開設の経緯

私自身、マクロビオティックを学ぼうと決めて間もない頃にとりあえずインターネットで調べようとしたのですが、思ったような情報が得られずもやもやした経験があります。そんな過去の私が見たら喜ぶであろうサイトを作ろうと思い、一年五ヶ月の製作期間を経て開設に至りました。

現代においては、仕事が忙しいなどの理由で、マクロビオティックを勉強したくてもなかなかその時間を取れない方も多いと思います。そんな方のために当サイトはあります。当サイトで気軽にマクロビオティックを学び、日々の生活に役立てていっていただければ幸いです。

おすすめコンテンツ

*栄養学からも検証済み! 失敗しないマクロビオティック献立は?
で、マクロビオティックの原則に合致する上に栄養所要量も満たす献立「おにぎり・ごぼう汁定食」を紹介しています。(弟分の献立『納豆ご飯・ごぼう汁定食』もおすすめ)

*マクロビオティックをオープンにしたい』(マクロビオティックコラム内)にて、サイト開設に至った動機を語っています。

*マクロビオティックは苦しいか?』マクロビオティック実践においては挑戦的な態度を大事にしたいという私の思いです。従順になって苦しい方に読んでいただきたいです。

*マクロビオティック実践記(全19話)』(マクロビオティックコラム内)で、マクロビオティック開始直後から楽に実践できるようになるまでの一年十ヶ月を時系列で振り返っています。

*マクロビオティック独学のススメ』、『独学という勉強方法を信頼する理由』(マクロビオティックコラム内)に、マクロビオティック学習に対する私の考え方を掲載しています。

*自分だけのマクロビオティックを究めた先にあるものは?
で、マクロビオティック独学実践を進めた末にたどり着く境地について解説しています。

*マクロビオティックを巣立った後の食生活』(マクロビオティック卒業後コラム内)で、自分だけの健康道に入ってからの食生活を紹介しています。

マクロビオティックを巣立つに至った経緯

*マクロビオティック道の終点を迎えた経緯』(マクロビオティックコラム内)に、マクロビオティックをやめることになった経緯を説明しています。

*上記と併せ、以下のコラムも読んでいただくと、より私の心情がわかりやすいと思います。
マクロビオティック卒業を決意するきっかけとなった、私がかかった病気(ひどい風邪)についての考えが書いてあります。↓
マクロビオティックに飽きるとき
生きていれば風邪くらいひくさ~マクロビオティックをやっていても
病気を受け入れる
マクロビオティックと堕落論
病気になって得るもの

運営者略歴

北海道に生まれる
北海道旭川東高等学校卒業
お茶の水女子大学文教育学部言語文化学科卒業
中学校・高等学校教諭一種免許状(国語科)所有
現在、北海道在住
生まれつき、「卵・肉・牛乳」の食物アレルギー(アトピー性皮膚炎)で、除去食と自然派食品で育つ。(詳しくはマクロビオティックコラム『アトピー性皮膚炎との歩み』参照)
2007年5月より独学でマクロビオティックを実践(なぜマクロビオティックを始めることになったのかについてはコラム『健康な人が実践するマクロビオティックの限界』参照)。

最初の一年で数々の体調改善(便秘解消、目の充血がなくなる、湿疹が出にくくなる、月経周期が整う、生理痛が軽くなる、精神がスッキリ明るくなる等)を経験。

マクロビオティック開始から二年半後の2009年9月、自分だけの健康道を歩み始めるべくマクロビオティックからの卒業を決意

現在は、マクロビオティック実践中に得た知識と経験を生かして、自分なりの理論や自分の感覚を基にした食事法を追究している。 最近新たに追究テーマに加わったのは心の健康(『心の健康道…体の健康だけではなく』参照)。
好きなのは、文章を書くこと。小説を書くのも趣味の一つです(私の書いた掌編小説→『マクロビオティックとの対話~桜下の老人』…マクロビオティックのメッセージを物語に織り込みました)。

他、読書、歌うこと、語学(中国語、英語)、ピアノ、自然の豊かな場所を歩くこと。

コンテンツ説明

メインコンテンツ。マクロビオティックの解説集。理論編(19項目)、実践編(11項目)、素朴な疑問編(29項目。順次追加予定)、独学法編(8項目)に分かれている。

理論編の上(『マクロビオティックの歴史・要点』)から順に読み進めることで、「マクロビオティックをまったく知らない状態」から「マクロビオティックを自分で考えて実践できる状態」にまで無理なくレベルアップできる。理論の理解度をチェックするクイズもある。
運営者がマクロビオティックを学ぶのに読んだ本の紹介。桜沢如一氏(創始者)の著作(13冊)、久司道夫氏(桜沢氏の弟子)の著作(9冊)、マクロビオティック料理レシピ本他。何から読んだら良いか迷う方は『マクロビオティックおすすめ本の案内』を参照のこと。
マクロビオティック理論を応用した、食養療法(食事療法、自然療法:食べ物で病気を治す)の紹介。
マクロビオティック料理レシピの紹介。『メインのおかず』、『副菜・汁物・おやつ』、 『ご飯もの』、『麺類』、『粉もの』の各カテゴリーから成る。 厳格なレシピを求めている方には『食養療法レシピ抜粋』カテゴリをおすすめする。
マクロビオティックを実践するのに欠かせない、有機栽培、無添加、長期醸造、伝統的製法で作られた調味料や食材を、実際に運営者が使っているものから厳選して紹介。浄水器油こし器圧力鍋(スーパー活力鍋)といった、マクロビオティック生活をより快適にしてくれる器具も紹介している。
運営者が愛用している、肌に優しい基礎化粧品やメイク用品を紹介。布ナプキンヘナは写真入りで使い方を解説。
サイトポリシー

当サイトご利用にあたって

マクロビオティック羅針盤にお越しいただきありがとうございます。以下のご利用条件を必ずお読みいただき、同意していただけた場合のみ当サイトをご利用してくださいますようお願いいたします。当サイトをご利用いただいた場合、以下のご利用条件を了承いただいたものとみなします。

著作権について

当サイトに掲載の内容(文章、画像、写真、イラスト等)の著作権は、当サイト運営者または当該情報の提供者に帰属します。よって、それらすべての掲載内容に関し、無断使用、転載、複製を禁じます

また、当サイトの内容を、言い回しを変えたり要約して二次利用するのも著作権(翻案権・複製権)、著作者人格権の侵害となります。ご注意ください。(参考:webでの著作権侵害

良心に沿った行動をお願いいたします。

食養療法等の情報について

マクロビオティックが食事療法(自然療法)としての性質を帯びているため、当サイトでは参考文献から得た知識を元に食養療法等の情報を提供しています。

ですがそれらのコンテンツは医学的カウンセリングではなく、医師の診断に代わるものでもありません。確実な医療効果も保証しておりません。情報の利用におかれましては、併せて医療機関を受診する等、ご自身の責任の元に最良の判断と行動をともなわせていただきますよう、お願いいたします。

免責事項

当サイト掲載の情報については、皆さまのお役に立てるようその内容を十分吟味し、注意を払っておりますが、完全な正確性や有効性については保証しておりません。当サイトをご利用いただいたことで生じたいかなる損失、損害も、一切の責任を負いかねますのでご了承下さい。

マクロビオティック理論の解説について

当サイトではマクロビオティック理論の解説をしておりますが、当サイトの解説で万人がマクロビオティックを理解できることは保証しておりませんし、また、万人に理解させる義務を負っておりません。 当サイトはあくまでも自学自習の一助として存在するのであり、最終的なマクロビオティック学習の責任は個人個人が自身で負うものとします。(当サイトの解説方法に満足できなくても苦情は受け付けかねます。そのような場合はご自身で本を買って読むなりして勉強なさってください。)

広告に関するプライバシーポリシー

・当サイトで配信されている広告は、ユーザーと関連性の高い内容を表示するなど有益性を高めるために、Google広告Cookie 使用による「ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴」、「アクセス(地域)情報」(個人は特定されません)に基づいたものになっています。
・Googleは、ユーザーの明確な同意なく、広告 Cookie を介して、個人を特定する情報を収集、譲渡、公開することはありません。
・当サイトはAmazon.co.jpアソシエイトに参加しています。

素材を利用させていただいたサイト

使用HTMLエディター

ez-HTML