マクロビオティックコラム

独学という勉強方法を信頼する理由

私はマクロビオティックを独学で実践してきたわけだが、私が独学という勉強方法にここまで信頼感を寄せるようになったのには理由がある。

私は小学・中学・高校時代を通して、塾のたぐいに通ったことがないのだ。極めつけは「自宅浪人」。一年間、自宅で大学の受験勉強をした。

スケジュールを組んでくれる人も、ゲームやテレビなどの誘惑から私を守ってくれる人もいない。 ただひたすらに、自分で予定を組み、買い込んだ問題集にかじりついて朝起きてから寝るまで鉛筆を走らせる。

もちろん途中で休憩もする。一寝入りしたりもする。しかしそれすらも漫然とは行わず、勉強量に支障が出ないよう計画的に実行した。

現役で大学に受からなかったことは、当時の私にとって人生最大の挫折だった。悲しく、苦しかった。焦りもした。陽光にきらめく若葉を見て、「葉っぱはいいよな、無知で。何の苦しみもなくて」なんて、自然の美しささえ妬ましく思ったりしていた。

けれど、だからこそ、絶対に次は受かる、受からなければいけないと思っていた。私は志望大学のランクを現役時よりも上げた。これで合格すれば、浪人した意味があったと言える。

書店に赴き、自分の目で問題集の中身を確かめて、自分にとって一番効果が出そうだと思う物を選んで買う。ベッドから出たら、寝起きでぐちゃぐちゃの髪を一本に束ね、着替えもせずにすぐ机に向かった。

自分で自分を律する一年間だった。完全に自由な24時間を、自分でコントロールする。

苦手科目は基礎からじっくり、得意科目は量をどんどんこなす。

自分の学力を最大限に伸ばす、自分だけの学習プログラムを自分で毎日組んだのだった。

ストレスで目がおかしくなって眼科にかかったりもしたが、それでも私は、最大級の苦しみと同時に最大級の喜びも感じていた。

楽しかった。生きているという感じがした。それまでは、どこか、人の目を気にして生きる人生だった。周囲に弾かれないよう、自分を抑えて生きることに慣れていた。

自宅浪人は、本来の私がありのままで生きる力を呼び覚ましてくれたのだ。

私は、現役時にはまったく無理だった点数を、夏には模試で叩き出せるようになっていた。私は自分自身を自分の一番の友とするようになった。たとえ知らない道でも、自分を信じて前に進んでいくことができるようになっていた。

そして挑んだ二度目の受験。センター試験はA判定。二次試験も手応えがあった。余裕を持って合格した。

私は誇らしかった! 予備校など通わなくても、自分のやり方で実力をつけ、きちっと合格できた!

一年間でかかった問題集代は3万円に満たなかった。予備校に通えば、この何十倍もの金額がかかったはずだ。

浪人といえば予備校というのが一般的な中、自宅浪人を選択した私は先生方から心配されていた。大丈夫だということは私が一番わかっていたのだが、結果を出すことで鼻をあかせてすっきりした。

もちろん、問題集なくしては自宅浪人もままならなかったから、素晴らしい問題集を作ってくださった方々には感謝している。声なき教師として私に知識を授けてくださってありがとう。

そしてこの自宅浪人の経験で私は確信した。本さえあれば、自分で勉強ができて、最小限の投資で最大の学習効果を上げることができる。

マクロビオティックの勉強にも、このことを応用したまでだ。私にとって独学はあまりに自然なことだった。

ちゃんと健康も上向いた。精神は明るくなった。禁忌食への執着も断てた。マクロビオティック的に正しい道を歩めていると感じる。独学だからこそ、他人の意見に振り回されず、自分の体や心の声をじっくりと聞いてマクロビオティック実践を進めることができた。

私は、自宅浪人で大学に合格したことをとても誇りに思っている。あの一年間で味わった苦しみや孤独と、乗り越えるためにあがいて成功をつかんだ経験は、私を一生支えるくらいの自信を私にもたらしてくれた。

もし、短期間でも予備校の講習などに通ってしまえば、完全な独学で浪人を乗り越えたと胸を張って言えなくなって、つまらない思いをしていただろう。

独学ってすごいんだぞ。それを知っている私は恵まれている。


マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康