マクロビオティックコラム

人生は自分で決める。マクロビオティックも。

理想の人生とは何だろうか? 「自分の選んだ道で、うまくいくこと」だと私は思う。

最悪なのは「自分が選んだのではない道で、うまくいかないこと」だ。

私は大学を卒業するときに、これから自分にとって納得のいく人生を歩んでいこうと決意した。「やりたいと思ったことをやる。」

たとえ周囲が反対しても、もっともな理屈で説き伏せられそうになっても、私が信じた道ならば貫いて進む。

私は失敗を恐れる。自分がやりたいようにやって、失敗するのを恐れる。だがそれ以上に恐れるのは、自分の意思を他人に委ねた結果失敗することだ。

他人の言うように生きて、失敗したら、一体誰が責任を取ってくれるのだろう? 誰も取ってくれやしない。

「あなたの言う通りやったら失敗したじゃないか!」と泣きわめいたところでどうにもならないのだ。

そんな事態は本当に恐ろしい。日常の些細なことならまだしも、人生の大きな舵取りを他人にまかせて、後戻りできないような場所に来てしまってから「こんな景色は望んでいなかった」と嘆くなんていやだ。

「あのとき自分の思うように進んでいたらどうなっていただろう?」と未練を残すくらいなら、最初から自分の道は自分で決めた方が良いのだ。

自分が選んだ道でうまくいかなくても、「この道は自分が納得して、好きで進んできたのだ」という誇りが失われることはない。

その誇りは、ささくれだった気持ちを落ち着かせ、慰め、新たな希望の灯火となってくれる。

そして、自分の選んだ道を歩む限り、理想の人生になる可能性は残り続ける。現時点でうまくいっていなくても、いつうまくいくかわからないからだ。

「自分の道は自分で決める」というのが、私が思う理想の人生を歩むためには最低条件として必要なのだ。

マクロビオティックにも同じことが言える。

私はマクロビオティック実践において、他の誰の助言も受けないと決めている。自分にとって最高のマクロビオティックにするために。そして失敗したときに、誰かのせいにしないために。

体調を崩したとき、私は神や仏に八つ当たりはしたが、具体的な誰かに怒りを向けずにすんだ。それは、私がずっと「自分の医者は自分、自分の指導者は自分」と思ってマクロビオティックをやってきたからだ。

すべて、自分の判断が招いたことだと思えた。

そう思えたのは、幸せなことだ。自分で納得してやってきた結果なのだと思えれば、最後には受け入れられる。

だから私は、私以外の人間から指示を仰ぐことはしない。たとえ桜沢氏の言うことでも鵜呑みにはしない。私のマクロビオティックは私が決める。そうでなければ、本当のマクロビオティックにならない。

「自分の選んだ道で、うまくいくこと」。理想を目指して、私は進む。

失敗すれば落ち込むし、愚痴や弱音もこぼしてしまうけれど、それでも心を汚さずに来られたのは、失敗すらも自分で選んだと思えたから。

人のせいにはできない。したくない。自分の人生だもの。

一度きり。不可逆の、この人生。悔いなく生きるために。

怖くても、自分で決めよう。自分で選んだのだと、はっきり言える自分でいよう。

その捨て身の潔さが心を情熱で輝かせるのだ。


マクロビオティックコラムカテゴリー別記事一覧
マクロビオティックを考える
マクロビオティックフリートーク
マクロビオティック失敗談・初めての体験記
マクロビオティック実践記
アトピー性皮膚炎との歩みシリーズ
7号食実践記シリーズ
マクロビオティックからの卒業
マクロビオティック卒業後コラム
心の健康