憧れのツナマヨ巻きを作ってみた~安心原料のオイル漬けツナ缶「創健社 べに花一番のオーツナ」使用【レシピ】

以前から、「ツナマヨ」と「レタス」を太巻きの具にすることに興味がありました。

いわゆる「サラダ巻き」というんですかね。恵方巻きの時期に、スーパーのチラシでそういう太巻きを毎年見かけて、美味しそうだなと思っていました。

しかし、あのツナマヨ巻きを美味しく作ろうと思ったらきっと必要になるものがあるだろうと思ったのです。

それは、オイル漬けのツナ缶

スポンサーリンク

ノンオイルツナはあっさりしてる

私はいつもツナといえばスーパーでノンオイルのツナ缶を買っていました(「かつお水煮フレーク」というものです)。

ノンオイルの方が、単純に、体に良さそうに思えていたからです。

しかし、ノンオイルのツナって、どうも、味わいは淡泊だなという印象がありました。

たとえばツナサンドを作っても、なんというか、自分の中で理想とする「濃い」味にならない。

それは、マヨネーズを足したり塩を足したりしてどうにかなるものではないのです。

つまりツナそのものがあっさりしすぎていることが大きな原因なのかな……と自分では思っていました。

それでも、まあ妥協できる範疇ではあるので、いつもノンオイルツナでツナサンドを作ってきたのですが、「ツナマヨ巻き」を想像したとき、その具である「ツナマヨ」は、ノンオイルツナで作ったものではちょっと納得がいかない気がしました。

サンドイッチの場合はパンの存在感がさほど大きくないからノンオイルツナマヨでもいけるけれど、ツナマヨ巻きは「寿司飯」と合わせるから、ツナマヨ自体に、寿司飯に負けないような、もっとこってり濃厚な感じが欲しい。

オイル漬けツナ缶を探す

それにはオイル漬けツナ缶を使うのが良いのだろうと思い、スーパーで探して手に取ったのですが、う~ん、「これ、どんな油を使っているんだろう」と思うと、どうもカゴに入れられない。

油は、体に入れるものの中では、かなり気をつけないといけない部類です。油漬けツナの油は、ツナに付着したものをそのまま食べることになるので、安心な油が使われていない限り、買うのが怖い。

亜麻仁油やエゴマ油を使っているという商品も見かけましたが、それもなんだか「酸化したりしてない??」と不安が先に立ちます。

自然食品メーカーでもないのに、油の品質にそこまでこだわっているとも思えないし……。

あ~、自然食品メーカーからオイル漬けのツナ缶って売られていればいいのに!!

創健社のオイル漬けツナ缶

そう思って、やぶれかぶれな気持ちで検索をかけてみたところ、なんと……。↓

創健社 べに花一番のオーツナ 90g

あれっ?? ウソ! 創健社からオイル漬けのツナ缶が出てる!!

本格的な「びん長まぐろ」を使った固形タイプ。もちろん無添加。

しかも、何? 使っている油は、同じ創健社の「べに花一番オレインE」??

その油はうちでもよく使ってた! 安心できる!

うわ~~、こんなのあったんだ!! ええやん、ええやん!! これいいわ~! 

というわけで、喜び勇んで取り寄せました。

安心原材料

そして!!

創健社 オーツナ

↑やってきました!! 創健社 べに花一番のオーツナ!!

創健社 オーツナ

↑原材料は「びん長まぐろ、べに花油、食塩」。

ちなみに、公式サイトによると、この「びん長まぐろ」は「日本太平洋中部」産。

「食塩」については「メキシコ、徳島」産とあり、おそらく精製塩ではないだろうと思いながらも確認のため創健社に問い合わせたところ、

『メキシコ産の天日塩を徳島県で溶解、ろ過し、平釜で煮詰めて仕上げたもので、精製塩ではございません』

との回答をいただきました。

本格的に! ありがたい原材料ですね。

見た目立派、味も良い

開けてみると!!↓

創健社 オーツナ

わ~!! 立派! 綺麗!

ツナの美味しそうな良い匂い。試しにツナだけで食べてみたら、うん、しっとりコクがあって美味しい~!

これならうまくいきそうだ。このツナを使って、憧れのツナマヨ巻き作りに挑戦してみます!

ツナマヨ巻きレシピ

【材料】

寿司飯(レシピはこちら)…米3合分

・ツナマヨ…ツナ2缶分(詳細は以下)

・焼き海苔…全型4枚

・グリーンリーフレタス…1玉

・きゅうり…1本

【ツナマヨの材料】

・ツナ缶…2個(固形量140g)(油は切っておく)

・マヨネーズ…30g(大さじ2)

・醤油…小さじ1

・黒胡椒…少々

ツナマヨ巻き レタス巻き サラダ巻き

↑ラップを敷いた巻きすの上に海苔(1枚を半分に切ったもの)を置き、寿司飯を広げ(海苔の手前1㎝、向こう2㎝を残す)、グリーンリーフレタス、きゅうり(縦に四つ割したもの)、ツナマヨをのせます。

(ラップは、今回、巻きすが汚れないように敷きました。敷かないのが一般的だと思います。)

ツナマヨ巻き レタス巻き サラダ巻き

↑手前から巻いて……。

ツナマヨ巻き レタス巻き サラダ巻き

↑切り分けたら完成!!

美味しい

早速このツナマヨ巻きを食べてみたところ、美味しい!

そうそう、私が思い描く「ツナマヨ」ってこんな味なんだよね。臭みがなくて、旨味があって。理想にかなり近い!

ただ、ちょっと、寿司飯に対するツナマヨの割合が控えめすぎて、ツナマヨ巻きとして物足りない感じもあったので、次回はもう少し寿司飯を減らし、ツナマヨを多くしたいかな? という気もしました(ツナ缶2個じゃなく3個で作ろうかな)。

しかしながら、初挑戦としてはかなり満足いく結果になって良かったです。

オイル漬けツナ缶だったからこそ実現できた味だと思います。

安心油のツナ缶があって良かった! 創健社バンザイ(涙)。

価格が、一般的な油漬けツナ缶の二倍はするので、そう気軽に買えるものでもないですが、オイル漬けツナ缶を使うときは絶対に!! これを買いたい!

今度、ツナマヨサンドもこのツナで作ってみたいです! きっと美味しくなるんじゃないかな!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

ツナサンドのツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き挑戦~コンビニの味に近づいた【ツナマヨレシピ】

ツナサンドの具に使うツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き、ボウルで5分間、ツナの形がなくなるまで混ぜてみました。すると、コンビニツナサンド風というか、プロっぽい味に!

記事を読む

レタスたっぷりの分厚いサンドイッチを作る~ラップでギューギューにくるんで固定し、包丁で二つに切る

サンドイッチは、具が多いとグラグラして崩れやすくなるためあまり分厚く作れなかったのですが、ラップでギューギュー巻きにしてから切れば、どんな分厚いサンドイッチも簡単綺麗に出来る!

記事を読む

旬の生スルメイカを生姜醤油炒めにして食べる【レシピ】

スーパーの魚コーナーに、夏になってから生のスルメイカが並ぶようになりました。調べると、スルメイカの旬は夏。旬のうちに食べたいと思い、買って、生姜醤油炒めにしました。プリプリ美味しい!

記事を読む

今日のおやつは「かんぴょう椎茸太巻き」(レシピ)

今日は母がおやつに「かんぴょう椎茸太巻き」を作ってくれました。レシピへのリンクあり。美味しいです!

記事を読む

「サンマの甘酢焼き」を作ってみた~サンマの三枚おろしに初挑戦【NHKきょうの料理】【レシピ】

NHKきょうの料理で紹介された「サンマの甘酢焼き」を作ってみました。サンマの三枚おろしにも初挑戦! こってりした甘酢がサンマにからんでご飯が進みすぎる味!

記事を読む

玉ねぎだらけツナサンドがザクザク美味い

ツナ缶1個に玉ねぎ大一個を使った「玉ねぎだらけツナサンド」が最近のお気に入り。玉ねぎを塩でもんでぬめりを出し、流水で洗ってさらしてしぼる……という工程を経るのが美味しさのポイント。

記事を読む

ケンタッキーフライドチキン「えびマヨツイスター」はチーズのような濃厚ピリ辛マヨソースが美味しい

ケンタッキーの「えびマヨツイスター」を食べてみました。「えびぷりぷりフライ」とレタスがトルティーヤ皮の中にピリ辛マヨソースとともに包まれているのですが、このソースが濃厚で美味しかったです。

記事を読む

「北海道産・天然の本生マグロ」をスーパーで発見~念願の鉄火丼を作る

鉄火丼が食べたくて、「国産・天然・本生マグロ」をスーパーに行くたび探したのですがまったく売られず。マグロは北海道の得意分野ではないからと思って諦め、ネット注文をしようとしていた矢先、スーパーでお目当てのマグロを発見!

記事を読む

固すぎたラム肉を自家製ジンギスカンのタレに漬け込んだらすごく軟らかくなって感激【タレレシピ】

サイト開設八周年記念で取り寄せた道産ラム肉。焼いて食べたら固すぎました。玉ねぎとりんごにタンパク質分解酵素パワーがあると聞き、それらの入った自家製タレに漬け込んだところ、驚きの軟らかさ&美味しさに!

記事を読む

イカサラダレシピ更新~昔よく行っていた定食屋の味を再現

昔家族でよく行っていた定食屋さんのイカサラダの味が再現できたのでレシピとして掲載しました。さらし玉ねぎが味の決め手!

記事を読む