レタスたっぷりの分厚いサンドイッチを作る~ラップでギューギューにくるんで固定し、包丁で二つに切る

先日、よく切れるパン切り包丁(GLOBAL-IST)を買ったわけですが、これにより、俄然、パン作りの意欲が湧いてきました。

じゃあ久しぶりにツナサンドでも作ろうかな! 美味しいツナ缶(創健社 べに花一番のオーツナ)もあるし!

ということでホームベーカリーで食パンを焼いて12枚切りにし、ツナサンドを作ることにしたのですが、今回、ツナサンドを作るにあたり、新たな試みをしてみることにしました。

それは、ラップでくるんで、レタスたっぷりの分厚いツナサンドを作るということ。

スポンサーリンク

ラップくるみ方法

それは、母がネットで見つけてくれたやり方なのですが、以下の図のように、具をたっぷり挟んだサンドイッチをラップにのせ、上下左右からギューギューにくるんで固定し、最後に包丁で二分割するというもの。↓

ラップ 分厚いサンドイッチ

普通、何の固定も無い状態だと、サンドイッチの具が多い場合高さが出てグラグラになり、手で持って食べようとしても崩れやすくて食べにくくなります。↓

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑こんな感じ。上から重しをのせて押さえれば少しは落ち着くのですが、それにも限界があります。それを、ラップでくるむことによりピタッと食べやすい状態にしようという試みです。

ラップの上にサンドイッチを置く

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑それでは早速スタート! まず、ラップを敷き、その中央にパンを置き、ツナをのせます。(このとき使ったツナマヨのレシピはこちら)

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑そして、これでもか!! というほどグリーンリーフレタスをのせます。高さ10センチほど。

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑最後にパンをのせる。これでサンドイッチの完成。ここから、ラップで包んでいきます!

ギューギューに包む

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑まず、右のラップを左側に! このとき、なるべく上からサンドイッチを押さえつけるようにして、ギューギューピタピタな感じにします。

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑次に、ラップがゆるまないように気をつけながら、左のラップを右に!

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑左右が終われば、次は下をギュッと折りたたみ……。

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑最後に上をギュッと包めば完成!

切る

それでは、できあがった「サンドイッチのラップ包み」を切ります!↓

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑買ったばかりのGLOBAL-IST(グローバル・イスト)のパン切り包丁を使います!

……うひょー! スパーン!! とすごい切れ味!! サンドイッチを切るのにはかなり適しています!

そして……。断面がこちら!!

ラップ 分厚いサンドイッチ

すごい! あの大量のグリーンリーフレタスがきっちり圧縮されて収まってる!!

食べやすい

ラップ 分厚いサンドイッチ

↑かくして、「レタスたっぷりの分厚いツナサンド」が無事に完成したのでした。

……いや~、これ、うちのサンドイッチ史上における革命ですよ。

これだけレタスが食べられると嬉しいですよね。

美味しいし、何より食べやすいです。

ラップは手軽で良い

ちなみに、母がこの「何かに包んで分厚いサンドイッチを作る」方法を初めて見たのはテレビ番組の「キューピー3分クッキング」だったそうです。

その番組内ではラップではなくお洒落なワックスペーパー(耐水・耐油性の紙)を使っていたそうなのですが、家庭で安価に手軽に「分厚いサンドイッチ」を作るには、ラップを使うというのが一番便利な気がします。

うちでは今まで「サンドイッチ」は間食の分類でしたが、ここまで野菜を増やして立派なサンドイッチにできるのなら、「夕食」として採用しても良さそうですよね。

この「ラップくるみ方法」を活用して、食べ応えのある「具だくさんサンドイッチ」を色々作ってみたいです!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

ツナサンドのツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き挑戦~コンビニの味に近づいた【ツナマヨレシピ】

ツナサンドの具に使うツナマヨはペースト状になるまでよく混ぜると美味しいと聞き、ボウルで5分間、ツナの形がなくなるまで混ぜてみました。すると、コンビニツナサンド風というか、プロっぽい味に!

記事を読む

GLOBAL-IST(グローバル・イスト)のパン切り包丁を購入~焼きたて食パン12枚切りもできる

グローバルの包丁を買い足して日々満足しているので、グローバルのパン切り包丁も買ってしまいました。食パンを切るとき、刃が滑らずスッと入るのが良いです。底の耳もスパッと切れる!

記事を読む

玉ねぎだらけツナサンドがザクザク美味い

ツナ缶1個に玉ねぎ大一個を使った「玉ねぎだらけツナサンド」が最近のお気に入り。玉ねぎを塩でもんでぬめりを出し、流水で洗ってさらしてしぼる……という工程を経るのが美味しさのポイント。

記事を読む

ホームベーカリーの食パンを12枚切りにする

食パンカットガイドS SCG1を使い、ホームベーカリーで焼いた食パンを12枚切り(サンドイッチ用)にしました。とてもうまくいきましたよ! 写真つきで方法を紹介。

記事を読む

食パンスライサー(カットガイド)

ホームベーカリーの食パンを綺麗に切る方法

食パンカットガイド(パン切り機)でホームベーカリーの食パンを八枚切りにしてみました。写真つきで紹介。

記事を読む

ホームベーカリーで焼いた食パンを保存する袋が便利~マチつきで立体的だから1斤そのまま入れられて型崩れもなし

ホームベーカリーで焼いた食パンをサッと常温保存したいときに便利な袋を買いました。パン屋で食パンが入れられているような袋で、1斤そのまま入れられて良いです。

記事を読む

パンケース

ホームベーカリーの食パンをスルッと取り出す方法

ホームベーカリーで食パンを焼いたはいいけれど、パンケースをいくら振っても出てこない! そんな現象を一発で解決した方法を紹介。

記事を読む

憧れのツナマヨ巻きを作ってみた~安心原料のオイル漬けツナ缶「創健社 べに花一番のオーツナ」使用【レシピ】

ツナマヨ巻きを作ってみたくて、でもいつも使っているノンオイルツナ缶では理想の味にならない気がして、体に良い「油漬けツナ缶」を探したら創健社から売られていた! 美味しくできて満足!

記事を読む

ホームベーカリーで食パンを上手に焼く四つのコツ【レシピ】

毎年、暖かい季節になるとホームベーカリーの食パンが酸っぱくパサパサになるので、一年中安定して美味しく焼くためのコツを模索しました。水が一番のポイントです。

記事を読む

パン生地の分割に使うスケッパーが行方不明~代わりにしゃもじを使う

パン生地を分割する段になってスケッパーが見あたらず、しゃもじで代用することにしました。

記事を読む

サンドイッチ用のパンを道産小麦使用のパン屋(小麦工房ママン)で購入~プリプリで美味しい

サンドイッチを作るためにパンを焼こうかと思ったのですが、パンの材料を買っても賞味期限までに使い切れなさそうだったので市内のパン屋で食パンを調達しました。道産小麦ゆめちから100%の食パン、プリプリで美味しかったです。

記事を読む

美味しいとうもろこしのゆで方~富良野産・有機とうもろこしを取り寄せてゆでたら甘くてすごく美味しかった

鮮度が良く無農薬のとうもろこしが食べたいという母のリクエストで、富良野から産直とうもろこしを取り寄せました。とうもろこしの美味しいゆで方とともにご紹介します。甘くてみずみずしい!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る食のお役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るパン」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細