栗の皮むきに初挑戦~皮むき器「栗くり坊主」を使って一人で100個剥く

栗饅頭を取り寄せたり富良野で栗おこわを食べたりしているうちにすっかり栗モードに入ってしまった母の「うちでも栗おこわを作って食べたい」という希望に応え、栗を買うことにしました。私は、生の栗を見るのは生まれて初めてです。

栗の皮むき

↑3Lという特大サイズの愛媛産利平栗。約100個(3㎏)。

栗の皮むき

↑ごろんとかなり大きいです。それにしても栗とは可愛い形をしていますね。下の部分だけ色合いが薄くざらざらしているのが、またデザインとしての完成度を高めている気がします。

しかしこの栗。買ったはいいがどうしたものか。栗おこわにするためには皮を剥かねばなりませんが、いかんせん、勝手がわからない。

言い出しっぺの母ならもちろんやり方を知っているだろうと聞いてみたら、「やったことがないからわからない」と……。

「栗の皮、剥いたことないの?」「ウン」「作ったこともないのに食べたいって言ったの?」「ウン」。って……エーー!

剥き方がわからない

栗の皮むき

↑……とりあえず栗の皮むき器「栗くり坊主」はあらかじめ買っておいたので、これを使ってなんとか……って、どないすんねん! さっぱりわからんわい!

まったく未知の、栗の世界。皮の剥き方を検索して調べると、「鬼皮」だの「渋皮」だの出てきます。栗には皮が二種類あるのか?

まあ、やってみなければ始まらないということで、『簡単な栗の剥き方』を参考に、処理にとりかかりました。まず一晩栗を水に浸け、そのまま火にかけ沸騰したらフタをし30分放置……。

栗の皮むき

↑そこまで行ったら「鬼皮」を剥く……。

よくわからないながらも栗の皮むき器をあてがいますが、うまくできません。早々に諦めて包丁に持ち替えました。生姜の皮を剥くように、固い殻に刃を入れてなんとか剥いていきます……。

指が痛い

栗の皮むき

↑が、三十分後、20個でギブアーップ!! もうダメ! 指が痛い!

栗の皮むき

↑でもわかったこともありました。この、固い皮の下の茶色い皮。これが渋皮というんですね……。玄米でいうところの、「鬼皮」が「もみ殻」で、「渋皮」が「ぬか層」といったところでしょうか。

……って、そんな悠長なことを言っている場合ではないっ。残り80個。母が仕事から帰ってきたら一緒にやってもらえばなんとかなるだろうか。しかし母の帰りを待っていたら遅くなるし、疲れて帰ってきた母にこの作業をやらせるのは酷だ……。

皮むき器(栗くり坊主)に再挑戦

私は、さっき使うのを諦めた栗の皮むき器にもう一度挑戦してみることにしました。使い方を動画で確認すると、なんとかやれそうな気がしました。↓

そして再挑戦……。お、今度は、なんとか剥けます。これは包丁より早い。よし、この調子……。

皮むき器の柄(え)を握る右手親指の付け根がこすれてヒリヒリしてきます。うつむいて作業するので肩も凝ってきます。が、心頭滅却すれば火もまた涼しの心境で、ひたすら剥いて、剥いて、剥きまくる!

百個を一人で

栗の皮むき

↑そして一時間半後。なんと、百個の栗すべての鬼皮を、一人で剥いたーーー! エイドリアーーン!

栗の皮むき

↑ここまできたら栗おこわまであと一歩! 3合分の栗おこわ用に、15個の栗の渋皮を剥いて塩水に放ちます。(残り85個の栗は、渋皮のついたままジップロックに入れて冷凍しました。)

栗の皮むき

↑ここで母が帰宅したので、おこわ作りに母も参加。栗おこわのレシピを参考にレッツゴー!

栗の皮むき

↑そしてようやくたどり着いた栗おこわ! 時刻は夜の9時半! 一日のほとんどを栗に費やしたぞ!

やっとの思いで口にした栗おこわは、日本古来の食文化を思わせるとても素朴な、それでいて上品で滋味深い、しみじみとした秋の味わいでした。母も、とても美味しいと大喜びでした。

筋肉痛

……と、めでたしめでたしの翌日。皮むきの疲労がどっと押し寄せてきました。

右手親指の付け根は相変わらずヒリヒリとしびれて、物を持つたびに痛い。左肩も痛い。右腕も筋肉痛。何の体力を消耗したのかわからないのですが、全身が疲れています。

大変な肉体労働。栗饅頭を作っている店では、栗の皮をどうやって剥いているのだろう? 人が、手作業で剥いているのだろうか? だとしたら、栗饅頭の裏には、大変な労力が隠れているのだな。

百個の栗皮剥きを経験して、栗料理の裏にある苦労を知れました。今後は、栗一粒一粒をより大事に感謝して食べることができそうです。

栗むき器の力

それにしても。栗の皮むき器「栗くり坊主」には今回助けられました。

皮むき器を使っても皮が固いことに変わりはなく、大変な作業ではあるのですが、包丁剥きだと20個が限界だったのが、「栗くり坊主」を使ったらその4倍の80個剥けたというのはすごいと思います

私は筋力に自信がなく、握力も強くない方だと思いますが、それでもここまで大量の栗の皮を剥けたのは「栗くり坊主」のおかげだと思います。

今度、また栗の皮を剥くときにはお世話になろうと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

栗を渋皮ごと甘煮にした「国産渋皮栗」を食べてみた~自然な薄い甘み

熊本県産の栗を渋皮ごと煮た「渋皮栗」を買ってみました。渋皮って食べられないものと思っていたので、どんな感じなんだろうとおっかなびっくり。でも意外とサクサクで食べやすかったです。

記事を読む

マルチカッターVシリーズ

ねぎの小口切りを簡単に作る方法~スライサーを使う

いつもはまな板の上で包丁を使っておこなっていたねぎの小口切りを、なにげなくスライサーを使って作ってみたら、これがとても便利!

記事を読む

桃の皮をうまく剥きたい~湯むきしたらツルッと剥けて感激

せっかく良い桃を買ったのに、皮がうまく剥けない。桃ってそんなもんだと諦めていたのですが、料理番組で桃を湯むきしているのを目撃。桃って湯むきできるの? 早速試してみたらうまく剥けた!

記事を読む

タニタデジタルスケール

デジタルはかりが突然故障。代わりに活躍したのはアナログな台はかり

デジタルはかりが突然故障しました。それでもパン作りはなんとかなったのですが、コーヒー豆のグラムが量れず立ち往生。そのとき登場したのは昔懐かしの台はかり!

記事を読む

切れ味抜群Global(グローバル)の包丁、二本目を購入~手術用メスと同じ超硬質ステンレス鋼でスパスパ切れる【日本製】

うちに三本ある包丁のうちの一本、グローバルの包丁が切りやすすぎて、母と台所に立ったとき争奪戦になるので、もう一本買い足しました。おかげでストレスフリー! 薄く鋭い刃で何でもよく切れます。

記事を読む

ミニすり鉢で、ごまを食べる直前に擂ると香り高い

玄米にかけるゴマは、食べる直前にすると美味しいです。そのときオススメのミニすり鉢をご紹介。

記事を読む

タニタデジタルクッキングスケール

新しいデジタルはかり(タニタのデジタルクッキングスケール)は使いやすさ抜群

故障したはかりに代わる新しいデジタルはかり(タニタ デジタルクッキングスケールKD-192-RD)を購入しました。見やすさ、使いやすさともにバッチリです!

記事を読む

ヤカンから直接注ぐお湯でコーヒーハンドドリップに挑戦

蒸留水でコーヒーを淹れようと思ったのですが、蒸留水は金属の匂い移りがしやすいため、ステンレス製のコーヒーポットはあまり使いたくありません。そこでホーロー製のヤカンで代用してみることに。

記事を読む

にんじんジュースを人力で作るのが大変で、ジューサーを購入~にんじん一本を2秒でおろせる

最近はまっているにんじんりんごジュース、人力ですりおろして作っていたのですが、大変なのでジューサーを購入しました。にんじん一本が2秒でおろせます。

記事を読む

大量ひじきの煮付け~にんじん三本分の千切りは「NEWマルチカッターVシリーズ」であっという間にできる

毎日食べるひじきの煮物は、一度に一気に作ります。にんじん三本分を千切りにするのに役立つのが「NEWマルチカッターVシリーズ」の太千切り用スライサー。あっという間にできます!

記事を読む