和栗「ぽろたん」で栗おこわを作る~指で押すだけで実がスポーンと飛び出る不思議な栗【レシピ】

料理番組を見るのが好きな母が、「最近、栗おこわのレシピが放送されることが多くて、見ているうちに栗おこわが食べたくなってきた」と、にわかに栗モードに入り、ネット通販で取り寄せられる栗の検索をし始めました。

そして、「剥くのが簡単で美味しいという栗を見つけた」と取り寄せたのがこちら。↓

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑その名も「ぽろたん」。

スポンサーリンク

ぽろたん

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

「ぽろたん」って、そのネーミング、なんやねん!!

と、最初に聞いたときは非常に思いました。

全然覚えられなくて、「ぽろりん」とか「ぱろりん」など、何度も言い間違えました。

せめて、ネーミングの中に「栗」って入れてほしい……「ぽろ栗」とか……。

名前の由来

しかしこの「ぽろたん」という名前の由来を調べたところ、「ぽろたん」は、どうもその親から名前の一部をもらっているらしいことがわかりました。↓

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑上図のように、和栗をかけ合わせていった結果生まれたのが新種「ぽろたん」なわけですが、「ぽろたん」のすぐ上の親が「丹沢(たんざわ)」という品種なんですね。(参考:うまいもんドットコム

だから、「渋皮がぽろんと剥ける」という特性と「丹沢の”たん”」を合わせて「ぽろたん」ということになったらしい。

まあ、そこまで知れば、少しは覚えやすくなった気もしました。

ぽろんと剥ける?

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑しかしその、「ぽろんと剥ける」ってどういうことだろう。

栗の皮剥きといえば、2012年に初めて挑んで、翌日全身筋肉痛になるくらい大変だった記憶しかない。↓

母の、栗おこわが食べたいというリクエストに応え栗購入。しかし剥き方がわからない! 剥き始めたら手が痛い! でも栗の皮むき器「栗くり坊主」を使って、合計100個の栗の皮むきを一人で完遂しました!

↑このときのダメージが未だに尾を引いており、もう栗の皮剥きなんて二度とやりたくないレベル(笑)。

それが「渋皮がぽろっと取れる」だとか、なんとか、そんなの信用できないね! 栗の皮がそう簡単に剥けるものか。

皮剥き作業

私があまり嫌がるので、ぽろたんの皮剥きは母がやってくれることになりました。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑合計30個のぽろたん。

半分に切る

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑外皮の汚れを取るため全体を水洗いしてから、一つ一つ、包丁で半分に切っていきます。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑切れました。

ゆでる

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑鍋に湯を沸騰させ、栗を7~8個分入れて3分間ゆでる(あまり多くの栗を一気にゆでると湯の温度が下がってうまくいかないため7~8個分にとどめる)。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑3分ゆでたら網じゃくしなどで栗を取り出す。

実を出す

そして、栗が熱いうちに、皮を指で上下からぎゅっと押さえると……。↓

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

ツルッ

………………え?

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑私が目を疑っている間に、母は、栗の中身をツルツルとどんどん出していきます。たまに、勢い余って「スポーン」と中身だけ飛んでいく栗もあります。

何なんだ……一体これは……。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑綺麗に皮が剥けて、水の中に放たれていく栗たち……。(皮を剥いた栗は、変色防止のためすぐ水に入れる。15分ほど。)

使い切らない分は、水気をキッチンタオルで拭いてからジップロックに入れて冷凍保存。使うときは冷蔵庫に移して半日ほどかけて自然解凍。

驚き

皮を上からぎゅっと押さえるだけで実がツルッと取れるなんて、そんなこと、ある??

いや、普通は無いよ。それができるのが「ぽろたん」ってわけか……。

ぽろたん、すごいなあ。こんなに簡単に皮が剥けるなら、今までの労力の1/100くらいで済むんじゃないか?

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑残された皮。渋皮が実から完全に外れています。

栗界の革命だね……。

栗おこわ作り

下処理の終わった栗を使って、ここから栗おこわ作りに入っていきます。

栗おこわの材料

もち米…2合(300g)

栗…15個分(250g)

酒…大さじ2(30g)

塩…小さじ1/2(3g)

もち米を水に浸ける

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑もち米は手早く洗ってザルで水気を切り、炊飯器の内釜に入れたら、「もち米+水」の重さが620gになるように水を加え、冷蔵庫で一晩浸水させる。

水を捨て酒と塩を入れる

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑浸水が終わった米から水を大さじ2杯(30g)すくって捨て……。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑酒大さじ2杯(30g)を足したら、塩を加えて全体を軽く混ぜる。

栗を加え炊く

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑水に放ってあった栗をザルに上げ、水気をキッチンタオルで拭い、もち米の上にのせて普通に炊く(白米を炊くモードでOK)。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑完成。

美味い!!

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑こうして炊きあがった栗おこわ。

ぽろたん むき方 栗おこわ レシピ 炊飯器

↑早速食べてみると……。

あっ。美味しいー!

ふっくら炊きあがったもち米にうっすらした塩加減とお酒の良い香り、そして、この「ぽろたん」が甘くて美味しい!! 実もほっくほく。

秋の味覚。とても贅沢な気分になりました。

栗おこわのハードルが下がる

栗おこわなんて、生の栗から作ろうと思ったら、もう大変で大変で、食べたいけれど無理!!

という感じだったのですが、ぽろたんを知ったら、かなりそのハードルが下がりました

あんな、押すだけでスパーン!! と実が飛び出る栗が存在したんですね。

この「ぽろたん」、

全国各地に苗はかなり植えられたものの、まだ、幼木が多く、全国合わせても、数トン、多くとも十数トンしか生産されていない、幻の栗です。(引用:うまいもんドットコム

とのことで、今のところはネット通販で取り寄せるしかなさそうな稀少品ですが、栗おこわが作りたいなら絶対ぽろたん! というくらい気に入りました。

また来年の今頃、取り寄せて、栗おこわを作りたいなあと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

栗の剥き方、栗おこわ

栗の皮むきに初挑戦~皮むき器「栗くり坊主」を使って一人で100個剥く

母の、栗おこわが食べたいというリクエストに応え栗購入。しかし剥き方がわからない! 剥き始めたら手が痛い! でも栗の皮むき器「栗くり坊主」を使って、合計100個の栗の皮むきを一人で完遂しました!

記事を読む

【レシピ】醤油赤飯を作ってみた~新潟県の郷土料理。金時豆入りの醤油炊き込みおこわ。香ばしくて美味しい!

母が新潟県に住んでいた頃に食べたという、新潟の郷土料理「醤油赤飯」を作ってみました。醤油の香りが香ばしく、金時豆もホクホクで、とても美味しい!

記事を読む

六花亭ほたておこわ

【六花亭】六花山荘の味を手軽に楽しめる「冷凍おこわ」が無添加で美味しい~ほたておこわ、豆おこわ

六花山荘で出されているおこわ二種は、六花亭で冷凍品として売られています! 小腹が空いたときにぴったり。無添加で美味しいのでおすすめ。

記事を読む

中華おこわレシピ

肉無し中華おこわのレシピ更新と2012年末のご挨拶

年末スペシャルとして、中華おこわのレシピを更新しました! とても美味しくてお気に入り&おすすめのレシピです。

記事を読む

栗を渋皮ごと甘煮にした「国産渋皮栗」を食べてみた~自然な薄い甘み

熊本県産の栗を渋皮ごと煮た「渋皮栗」を買ってみました。渋皮って食べられないものと思っていたので、どんな感じなんだろうとおっかなびっくり。でも意外とサクサクで食べやすかったです。

記事を読む

うずらの卵

うずらのゆで卵をつるんと剥く方法を試してみた

八宝菜に入れるうずらのゆで卵。殻を剥くのが一苦労なので、ネットで見つけた「つるんと剥く方法」を試してみました。結果、時間短縮に成功!

記事を読む

桃の皮をうまく剥きたい~湯むきしたらツルッと剥けて感激

せっかく良い桃を買ったのに、皮がうまく剥けない。桃ってそんなもんだと諦めていたのですが、料理番組で桃を湯むきしているのを目撃。桃って湯むきできるの? 早速試してみたらうまく剥けた!

記事を読む

六花亭「北の山里」

六花亭の栗饅頭を取り寄せてみた(国産・無漂白の栗使用)~栗がねっとりほくほくで美味しい

国産・無漂白の栗をまるまる一粒使った六花亭の栗饅頭「北の山里」を取り寄せてみました。これがとても美味しかったんです!

記事を読む

有機むき甘栗の発売十周年キャンペーン~当たり券が入っていたら5000円【2010】

いつも食べている有機むき甘栗が、全国発売十周年記念のキャンペーンをやっているのを知りました。当たり券が入っていると5000円が当たるということなのですが、全然当たりません(笑)。

記事を読む

翁屋のあんこ菓子「菓音」(カノン)~小豆たっぷり粒あんで餅と栗を包む【北海道産の有機栽培小豆】

お気に入り和菓子「六花の精」を注文しているお店で、初めて別の和菓子を買ってみました。「菓音」(カノン)は、和菓子でここまで甘さ控えめで良いのかというくらい薄い甘さのあんこが美味しい。

記事を読む

栗大福「六花の精」は、北海道産有機栽培小豆と茨城県産の栗使用で大満足の美味しさ

美味しそうな無添加の和菓子はないかとネット上を探していたら、「六花の精」という栗大福を発見。なんと、あんこに北海道産有機栽培小豆使用とのこと。すごく美味しくて満足感が高い!

記事を読む

鯛の浜焼き 吸い物

【レシピ】「鯛の浜焼き」のお頭と骨を煮出してお吸い物を作る~濃いダシが出ていて美味しい!

「鯛の浜焼き」で残ったお頭と骨を煮出してお吸い物を作ってみました。濃いダシがとても美味しい! すだちを絞るとまた格別!

記事を読む

カレールウだけを食す~オーサワのカレールウで薄味カレー【レシピ】

母が「ルウだけで食べられるように薄味で作った」と言って出してくれたカレー。かぼちゃの甘みが美味しくて、おわんに二杯も食べました。オーサワのカレールウを使うのがポイント。

記事を読む

【レシピ】「プルーン入り食パン」をホームベーカリーで作る~抗酸化作用が強いのが魅力。

イチジク、レーズンとドライフルーツ入りの食パンを作ってきて美味しかったので、次はプルーン食パンに挑戦してみました。具だくさんな見た目なのに味は意外と薄い。でも体に良い!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る食のお役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るナッツ・ドライフルーツ」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るレシピ」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細