圧力鍋を再び焦がした~鍋フタパッキンの劣化が原因

昨年の1月、圧力鍋(アサヒ軽金属「スーパー活力なべ」)の底を盛大に焦がしました。↓

鍋 焦がした

重曹やお酢、ドライヤーを使って精一杯焦げを落とす努力をした結果、ここまで回復。↓

鍋 焦がした

↑黒い部分は残っていますがこれが限界でした。

焦げた原因は、鍋フタパッキンの劣化

スポンサーリンク

鍋フタパッキン

圧力鍋 焦がした

↑この、フタ裏側にはまっているシリコンゴム製のパッキンがだいぶ古びてきていて、本体との密着性が弱まり蒸気が漏れた結果、鍋底が焦げ付いてしまいました。

圧力鍋 焦がした

↑なんせ、このゴムパッキン、メーカー説明では「1~2年に一度は取り替えるように」とされているのに、……2008年に購入してから九年間、一度も交換していないんです。

だって、使えるものなら、なるべく長く使いたいじゃないですか??

部品を取り寄せるのも面倒だし。

鍋底を焦げ付かせてからは、さすがにゴムパッキンの交換を考えましたが、「ゴムパッキンだけ取り外してよく洗う」ということを圧力鍋を使うたびに徹底したところ蒸気漏れがなくなった(それまではゴムパッキンの洗浄をさぼることがあった)ので、「もう少し様子を見てみよう」と、劣化ゴムパッキンの使用を継続することにしました。

一年半後

そして、鍋焦げ事件から一年半。

蒸気漏れは一度も起こらず、焦げが残っていた鍋も、いつの間にかけっこう綺麗に。↓

圧力鍋 焦がした

↑自然に少しずつ焦げが剥がれたのかな? 知らない間に玄米と一緒に焦げを食べちゃってるかもね。なんて、母と話していた翌日

再び事件は起こるのです。

蒸気漏れ

その日、私はいつものように、浸水させた玄米を圧力鍋にセットし、強火にかけました。

しばらくすると圧力鍋の中の水が沸騰して、シュンシュンとおもりが揺れる……。

……はずだったのですが。

沸騰したまでは良かったのです。そこから様子がおかしい。

鍋フタの周囲から、ブシューと蒸気が噴き出しています。

それも、尋常な量じゃない。白濁した液体(おかゆの上澄みのような)まで一緒に噴き出して、鍋の回りにたちまち小さな水たまりができていきます。

あっ……。これはヤバイ。既視感。

私はそこで慌てて鍋を火からおろしました。

玄米が炊けていない

内圧ピンが下がり、フタを開けてみると、乾燥した炊きあがりの玄米ご飯が姿を現しました。

一粒噛んでみると、当然のごとく固い。芯があります。

どうしよう。このままじゃ玄米が食べられない。

そこで私が出した結論は、水を足して、引き続き火にかけるということでした。

水100ml追加

まず、ゴムパッキンをよく洗って鍋フタにセットし直します。そして乾燥玄米ご飯の上から水を100ml注ぎ、フタをし、再点火。

どうなるかと思って怖々見守っていたら、そのうち、正常なシュンシュンが始まりました。

これは……これはいけるか??

と思ったのですが、圧力鍋から漂う香りに焦げ臭さが混じってきます。

あっ……。これはやっぱり、焦げるのか? そう思いながらも、案外どうってことないかも? という希望を捨てきれないまま、いつもは「シュンシュン」してから17分は火にかけ続けるところを10分に短縮し、鍋を火からおろします。

焦がした

そしてフタを開けると、炊けた玄米が登場。しかし底をおそるおそる探ってみると……。

圧力鍋 焦がした

ウハハハハ~~~!! やっぱり焦げてるぅ~~!! あ゛あ゛あ゛あ゛~~!!

前回、焦げを落とすの、大変だったのに。また「振り出しに戻る」だよホホホーー!!

こんなことになるんだったらさっさとパッキンを取り替えておくんだったな。と思いながら、酢水を沸騰させて一晩放置したあと、割り箸で必死にガリガリやった結果がこちら。↓

圧力鍋 焦がした

↑これで力尽きました。

ゴムパッキン注文

もうこうなったら、ゴムパッキンの取り替え、待ったなしですよ。

すぐに注文をして、届いたのがこちら。↓

圧力鍋 焦がした

↑クロネコDM便で届きました。

圧力鍋 焦がした

↑ゴムパッキンと、ついでなので、シリコンゴム製の部品を二種類。

驚きの白さ

しかし、一目見て「えっ?」と思いました。

圧力鍋 焦がした

新しいゴムパッキン、白すぎない??

元々、グレーっぽい色じゃなかったっけ。こんなに白かったっけ?

今となっては記憶も定かではないですが、もしかして、最初はこんなに白かったのかも。

圧力鍋 焦がした

↑いや~、劣化って、恐ろしいですね!

取り替え

そして、ささっと新しい部品を装着。↓

圧力鍋 焦がした

↑ピカッと生まれ変わりました。

フウ~~。これで数年は、蒸気漏れの心配なく玄米を炊ける。一安心、一安心。

……しかし、こうなってくると気になるのは、次回、一体、いつゴムパッキンを交換するか

八年目で最初の蒸気漏れが発生したんだから、それより前に取り替えるべきだとは思うんだけれど、限界が見極めにくいんだよな~。

まあ、一度焦げると落とすのが本当に大変だから、蒸気漏れが発生する前に、5~6年経ったら無条件で取り替えるのが無難ではあるんだろうな。

生産終了

……などと考えていたのですが、今回、部品についてきたチラシをよく読むと、「スーパー活力なべ」は2009年5月に生産終了していて、部品の販売は生産終了から10年間とのこと。

つまり、2019年5月で部品が買えなくなるということらしい。

2019年って、あとたったの二年。その時点ではまだ取り替えたくないなあ。

部品の販売終了って、そんなことあるかよ~。想定外だ~。アサヒ軽金属さん、十年間といわず、もうちょっと長く売ってくれ~~。

ということで、一体どうするか、またそのときに改めて考えたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

圧力鍋の底を盛大に焦がした~重曹、酢、ドライヤーで極限まで焦げを落とす

圧力鍋で玄米を炊いたところ、パッキンの調子が悪く蒸気が大量に漏れ、鍋底を焦がしました。焦げを取るため、重曹、酢、ドライヤーを使って奮闘。結果、だいぶマシにはなったのですが…。

記事を読む

かぼちゃの煮付けを焦がしてもーた~焦げ臭いけれど一応食べられる

かぼちゃの煮付けを焦がしました。でも石焼き芋っぽくて、食べられないことはない!

記事を読む

圧力鍋を使って炊くと玄米がもっちりすることを妹が気に入らないらしい

東京で一人暮らしする妹に圧力鍋を送ってあげたのですが、それで炊いた玄米のモチモチした食感が妹はあまり好みではない様子。

記事を読む

圧力鍋で初めて胚芽米を炊く~玄米以外もうまく炊けるのか?

炊飯器が壊れたため、胚芽米を圧力鍋で炊いてみました。玄米以外を圧力鍋で炊くのは初めてだったので本当にうまくいくか心配でしたが、あっという間に上手に炊けました。

記事を読む

大豆と小豆入り玄米ご飯~大豆は浸水無しで圧力鍋で炊ける

玄米ご飯に大豆を混ぜて炊いてみました。大豆は浸水なしで炊いたのですが、圧力鍋だからうまく火が通りました。香ばしくて美味しい!

記事を読む

梅干しの種と一緒に玄米を炊く~種が行方不明にならないように一カ所に固めるのがコツ

梅干しの種が溜まってきていたので、玄米と一緒に炊くことにしました。そしたら、炊きあがった玄米に埋もれて、種が行方不明に。

記事を読む

ジュース搾りにクッキングペーパーは使えるのか?

にんじんりんごジュースを搾るときにガーゼを使っているのですが、ガーゼを食品に使って大丈夫なのか心配になり、クッキングペーパーで包んで搾る方法を試してみました。

記事を読む

ゴム手袋

ゴム手袋の破片をおろし生姜の中に探す

ゴム手袋をはめて生姜をおろしていたら、ゴム手袋の指先の一部が削り落とされ生姜の中に! 小さすぎて見つかる気がしない!

記事を読む

タニタデジタルクッキングスケール

新しいデジタルはかり(タニタのデジタルクッキングスケール)は使いやすさ抜群

故障したはかりに代わる新しいデジタルはかり(タニタ デジタルクッキングスケールKD-192-RD)を購入しました。見やすさ、使いやすさともにバッチリです!

記事を読む

ゴム手袋 リッチネ

右手だけ2枚入りのゴム手袋ってないの?~ゴム手袋が右手だけ破れる

利き手が右手のせいか、ゴム手袋が右ばかり破れます。右手だけのゴム手袋って売ってないの? 売ってないよね……と思って調べてみたら。

記事を読む

ママサヤン

ゴム手袋+綿手袋で、水仕事時の手を守る

素手で水仕事をすると湿疹ができてしまう私が愛用しているゴム手袋のご紹介です。

記事を読む

ティファール IH ホームシェフ フライパン E45006

ティファールの最高級フライパンがとても使いやすい!

年季が入って塗装の剥げてきたフライパンを買い換えました。ティファールの、最高グレードのものです。さすが、焦げ付きもなく、スルスルとても使いやすく気に入りました!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るキッチン」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細