圧力鍋を使って炊くと玄米がもっちりすることを妹が気に入らないらしい

東京で一人暮らしする妹にスーパー活力なべ(圧力鍋)を送ってあげたのですが、それで炊いた玄米がモチモチしておこわのようなのを妹はあまり気に入らないようなのです。シンジラレナイ!

「もち米(のような食感の米)ではなく、普通のメシが食べたい」とのこと。つまり、いわゆる「ご飯」の食感を求めているらしいのです。

私はモチモチ玄米、大好きですけどね! まあ好みの炊き具合になるよう研究してくれ給え。

2017年追記:これは2009年に書いた記事ですが、今改めて読み返すと、妹、贅沢なこと言ってるなと思います(笑)。

スーパー活力なべを送ってもらっておきながらその言いぐさはなんじゃい。こういうのが「現状への感謝を忘れる」ってことなんだろうな……とか色々ぶつくさ考えちゃいます(笑)。

まあいいんだけどさ。とにかく、このとき送った圧力鍋を大事にしてほしいです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

圧力鍋で初めて胚芽米を炊く~玄米以外もうまく炊けるのか?

炊飯器が壊れたため、胚芽米を圧力鍋で炊いてみました。玄米以外を圧力鍋で炊くのは初めてだったので本当にうまくいくか心配でしたが、あっという間に上手に炊けました。

記事を読む

大豆と小豆入り玄米ご飯~大豆は浸水無しで圧力鍋で炊ける

玄米ご飯に大豆を混ぜて炊いてみました。大豆は浸水なしで炊いたのですが、圧力鍋だからうまく火が通りました。香ばしくて美味しい!

記事を読む

圧力鍋(アサヒ軽金属)を再び焦がした~鍋フタパッキンの劣化が原因でパッキン交換

昨年の一月に圧力鍋の底を盛大に焦がしてから一年半。再び焦がしてしまいました。鍋フタパッキンの劣化が原因です。もう限界なので、新品のパッキンを取り寄せて交換しました。

記事を読む

梅干しの種と一緒に玄米を炊く~種が行方不明にならないように一カ所に固めるのがコツ

梅干しの種が溜まってきていたので、玄米と一緒に炊くことにしました。そしたら、炊きあがった玄米に埋もれて、種が行方不明に。

記事を読む

圧力鍋の底を盛大に焦がした~重曹、酢、ドライヤーで極限まで焦げを落とす

圧力鍋で玄米を炊いたところ、パッキンの調子が悪く蒸気が大量に漏れ、鍋底を焦がしました。焦げを取るため、重曹、酢、ドライヤーを使って奮闘。結果、だいぶマシにはなったのですが…。

記事を読む

玄米で作った寿司飯は「金シャリ」~小豆入り玄米の寿司飯は「銅シャリ」?

生寿司のシャリを玄米で作ってくれるところがあれば良いのになんて話を妹としました。玄米ご飯は黄色いので「金シャリ」と私が言ったら、妹は「赤いから銅シャリじゃない?」と。

記事を読む

パティシエの妹がケーキを持ち帰り夜中に食べている

パティシエの妹。ショートケーキ1台分とザッハトルテ1/2台分を持ち帰ってきて、夜中に一人食べています。

記事を読む

納豆チャーハンはレンジで温めると激臭がする

妹の昼ご飯に納豆チャーハンを持たせたら、「職場でレンジにかけたら激臭がする」と言われてしまいました。

記事を読む

野菜の量が多すぎてしっとりしすぎたチャーハン、「おじやチャーハン」と呼ばれるようになる

私は、チャーハンを作るとき大量に野菜を入れます。すると、野菜から出た水気でご飯はパラパラでなくしっとりに。このチャーハンを、妹が「おじやチャーハン」と呼びます。

記事を読む

妹に手作り抹茶クッキーを送る

遠地に住む妹の要望に応じて、手作り抹茶クッキーを送りました!

記事を読む

帰省中の妹のリクエストに応えて天ぷら、ケーキ、ピザをふるまう

東京から妹が二年ぶりに帰省中なので、天ぷら、ケーキ、ピザでもてなしました。

記事を読む

妹が使った謎の言葉「まーひー」。……まーひーとは?

妹から来たメールのタイトルが「まーひー」でした。「まーひー」って何だろう。本文にも言及が無いし。妹に聞いてみたところ……。

記事を読む

妹が職場(菓子店)で配置換え~楽になったそうで良かった

パティシエで激務の妹。職場で配置換えがあり、若干楽になったそうで良かったです。

記事を読む

パティシエとして働く妹が職場でうまくいかず落ち込んでいるので北海道銘菓「三方六」(バウムクーヘン)を送る

パティシエとして働く妹。まだ新米なので職場では叱られてばかりなのだそう。へこたれてめそめそしているので、励ましの意味で、北海道銘菓「三方六」を送ることにしました。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る雑記」の記事をもっと見る
運営者紹介

健康探究ブログ」運営者のです。

食べたものレビュー(基本的に自然派・無添加系)、買ったものレビューが中心。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年(記念記事はこちら)を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細