梅干しの種と一緒に玄米を炊く~種が行方不明にならないように一カ所に固めるのがコツ

私は毎日梅干しを食べていますが、一粒が大きいため口に丸ごと放り込むことはしません。

箸で種から実をこそいで、一食につき1/2粒分をおにぎりの具などにして食べるのが常です(残りの1/2粒分は翌日食べます)。

ですから、清潔な梅干しの種があとに残ることになります。

スポンサーリンク

種が溜まる

飴玉のようにしゃぶってから捨てるのが手っ取り早いのですが、「まあ、あとで……」と思って梅干し瓶に残したままにすることも多く、いつの間にかこの種が十粒以上溜まってきてしまっていました。

そこまで溜まると、しゃぶって捨てるという方法だけでは間に合いません。なんとか一気に減らしたい……。

というわけで思いついたのが、梅干しの種と一緒に玄米を炊くということでした。

玄米を炊くときに梅干しの種を入れる

あまり入れて玄米ご飯の味が変わっても困るので、まずは三粒から試してみることにしました。

↑水加減を終えた玄米の上、赤い矢印の位置に梅干しの種を設置(炊くのに使用しているのはアサヒ軽金属のスーパー活力なべ)。

炊きあがりを待ってフタを開けてみると……。

↑……おや?

梅干しの種が消えている……!

種を探す

炊きあがった玄米ご飯の上に梅干しの種が半分埋まって見えているイメージを持っていたので慌てました。そうか、沸騰したり圧力がかかったりしているうちに、梅干しの種は沈んでしまうんだ!

種があるはずの場所をしゃもじで探しましたが、見つからない!

うう~ん、この玄米の大海原に、小さな梅干しの種三つ……。見つけるのは一苦労だぞ? こんなことなら最初から三つを固めて設置して、あとでわかりやすいようにしておけば良かった……。

大変だった

結局このあと、梅干しの種を探しながら冷凍用のご飯だんご(120gずつラップでくるんでいく)を作っていき、その途中で一粒は発見したものの二粒は行方不明のままで、最終手段としてラップでくるみ終えただんごを上から指でギューギュー押さえて種の固い感触を探すという荒技を使いました。

やっとの思いで最終的には三粒すべてを見つけだすことに成功しましたが、そこまでいくのにえらく時間がかかってしまいました。

次回は、梅干しの種をわかりやすい場所に固めて置くことにします

(ちなみに、玄米ご飯の味に変化はほとんどありませんでした。これならもっと種の数を増やしても良さそうです。)

追記:再挑戦

前回の、「梅干しの種と一緒に玄米炊き」初挑戦から約20日。

次回は梅干しの種をわかりやすい場所に固めて置く」という宣言通り、今回、隅っこにまとめて置いて再挑戦です!

種を一カ所にまとめる

↑赤枠の中、九粒まとめて置きました。これで、炊きあがって梅干しの種が見えなくなっても、掘り起こせばかたまって出てくるはず……。

そうして圧力鍋を火にかけ、炊きあがりを待ち……。

↑じゃーん。炊きあがりです。うん、予想通り、梅干しの種が見えない!

種ポイントを探る

でも今回は前回とは仕掛けが違うのよ。隅っこを探れば、ゴロゴロと梅干しの種が発掘されるはず……。と、しゃもじを入れてみると……。

↑あっ、あった! 周りの玄米ご飯の色と同化してわかりにくいですが、赤枠の中、確かに梅干しの種があります!

このあと、近辺を引き続き捜索し、わりと素早く、全九粒の梅干しの種を見つけることができました。

固めて置く作戦、大成功です。

ちなみにこの梅干しの種九粒とともに炊いた玄米ご飯は、うっすらと梅の塩気と香り、味が移り、美味しかったですよ!

玄米を炊くときに梅干しの種を入れるのはこれからうちの定番になりそうです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

大豆と小豆入り玄米ご飯~大豆は浸水無しで圧力鍋で炊ける

玄米ご飯に大豆を混ぜて炊いてみました。大豆は浸水なしで炊いたのですが、圧力鍋だからうまく火が通りました。香ばしくて美味しい!

記事を読む

食べられる玄米ご飯の量が減ってきた。少食化?

今まで食べていた玄米ご飯の量だと多すぎるようになってきました。当初(2007年)は一食につき230g食べていたのですが、徐々に減って、今は100gです。

記事を読む

毎日欠かさないムソーの有機梅干し~嗅ぐだけで病気が治りそうな高貴な香り

私が毎日欠かさず食べているのがムソーの有機梅干し。とても香りが良くて、何度も深呼吸してしまいます。

記事を読む

母の夜食に「梅干しおにぎり」を作る【胚芽米】

疲れてソファーで横になっていた母が梅干しおにぎりを食べたがったので作りました。

記事を読む

「梅ネギ納豆ご飯」のレシピ更新~納豆ご飯定食の主食

「梅ねぎ納豆ご飯」のレシピをアップしました。納豆に梅干しと長ネギ、めんつゆを入れてかき混ぜ、玄米ご飯にかけて食べます。

記事を読む

圧力鍋で初めて胚芽米を炊く~玄米以外もうまく炊けるのか?

炊飯器が壊れたため、胚芽米を圧力鍋で炊いてみました。玄米以外を圧力鍋で炊くのは初めてだったので本当にうまくいくか心配でしたが、あっという間に上手に炊けました。

記事を読む

「がん患者は玄米を食べなさい」に載っていた「乾煎り玄米」実践続行【レシピあり】

「がん患者は玄米を食べなさい」という本に掲載されていた「乾煎り玄米」を実践しています。

記事を読む

父の白米が炊くのに足りない~浸水無しで炊ける「活性発芽玄米」を混ぜてカサ増しして炊く

父が食べる白米の在庫が少なくなっていたので、浸水無しで炊ける「活性発芽玄米」とミックスしてカサ増しして炊きました。

記事を読む

圧力鍋を使って炊くと玄米がもっちりすることを妹が気に入らないらしい

東京で一人暮らしする妹に圧力鍋を送ってあげたのですが、それで炊いた玄米のモチモチした食感が妹はあまり好みではない様子。

記事を読む

納豆に梅干しとゆで小松菜を加えて手っ取り早く栄養を摂る

なるべく少ない品数で多くの栄養を摂りたいときは一品の中に様々な食材を混ぜるに限りますね。私は、納豆に「梅干し」や「ゆで小松菜」を混ぜたりします。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る健康的工夫」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細