圧力鍋の底を盛大に焦がした~重曹、酢、ドライヤーで極限まで焦げを落とす

先日、圧力鍋(アサヒ軽金属のスーパー活力なべ)でいつものように玄米を炊いたところ、フタ内側パッキンの調子が悪く、蒸気がシューシューとダダ漏れになり、どうしようと思いながらも加熱し続けた結果、炊きあがった玄米の底を盛大に焦がしました。↓

鍋 焦がした

↑鍋底もご覧の通り。こんな風に圧力鍋の底を焦がしたのは初めてです。

スポンサーリンク

鍋焦げ落とし

水にしばらく浸けてからスポンジでこすってみましたが、スポンジが黒くなっただけで、当然のようにゴベゴベの焦げはまったく取れません。

たわしでこすってもダメ。

鍋の焦げって良い落とし方があるのかな? と思ってネットで調べ、見つけた方法を片っ端から実行しました。

重曹

鍋 焦がした

↑まずは重曹を使った方法。鍋に水200mlを入れ、重曹大さじ1を加えて沸騰させ、そのままフタをして10分間沸騰させ続けます。

10分経てば火からおろし、そのまま一日放置。その後、鍋を洗うと焦げが落ちる……ということだったのですが、焦げ付き方が頑固すぎるせいか期待したような効果は得られず

それでも少しはマシになったのですが、鍋底は焦げ焦げのまま……。

この重曹落としをその後2回やりましたが、結果は変わりませんでした。

次にやったのがお酢を使った方法。

重曹と同じように、水に酢を入れて沸騰させ……とネット情報にはありましたが、酢の濃度が高い方が効果が得られるかもしれないと思い、酢の原液を200mlほど鍋に入れて沸騰させてみました。

そして翌日、鍋の酢を捨ててスポンジでこすったのですが、あまり焦げは取れない……

ドライヤー

最後に試したのはドライヤー法

焦げを、ドライヤーでものすごく乾かしてからこすると焦げが落ちるというものです。

早速、焦げ部分にドライヤーをじっくりとかけます。

熱々になったところを、割り箸でガジガジこすってみると……。

……少し、焦げが剥がれました

う~ん。ドライヤー法、なかなか頑張ってる。

ということでこの方法も二回実践。

限界

重曹、酢、ドライヤーで頑張りに頑張った結果、もうこれ以上は取れない!というところまでいった鍋の様子がこちら。↓

鍋 焦がした

↑最初よりはだいぶマシになりました。

残った焦げを完全に落とすには金属たわし(ナイロンたわし)のようなものでこするしか方法はないような気がしますが、鍋を傷つけたくないため、それはなるべく避けたいところ。

私としては、この状態で完了としたい。

ただ、指で触ると、黒い部分にはザラザラとした感触があります。その他の金属部分のツルッとした感じとは違います。

このまま玄米を炊いたときに、そのザラザラした部分が呼び水となって再び焦げが発生しないか? それが心配です。

とりあえず次回、この鍋で玄米を炊いてみます!

うまく炊けると良いなあ。

追記:炊いてみた

先日、圧力鍋を焦がして、重曹、酢、ドライヤーを使って限界まで焦げを落としました。↓

焦げた鍋 米を炊く

↑まだ黒い部分は残っており、触ればザラザラしますが、鍋に傷をつけたくないので金属・ナイロンたわしは使わず済ませたい。

問題は、この状態でうまく玄米が炊けるか? ということ。炊けるのなら焦げ落とし完了ということにしよう……ということで、実際に玄米を炊いてみました!

果たして…

炊きあがった玄米の底にしゃもじを入れ、ご飯を持ち上げてみると……。↓

焦げた鍋 米を炊く

↑……ん? ……どうやら、焦げ付いてはいないようだ……。

焦げた鍋 米を炊く

↑何ともないな……。

焦げた鍋 米を炊く

↑最終的に、何の焦げ付きも引っかかりもなく、炊きあがった玄米ご飯をすべて鍋から取り出すことができました。

もう、鍋底の黒い部分は鍋と一体化してしまっているような雰囲気です。

黒い部分が気にならないわけではないのですが、現時点ではとりあえずこれで良いかなと思います。玄米が炊けるならそれでいいや!

そのうち、やる気が出たら、黒い部分をもっと取り去れないか、もうちょっと頑張ってみたいと思います。

一年半後追記:自然に焦げが取れていった

鍋焦げ事件から一年半。

焦げが完璧には取れないまま鍋を使い続けていたら、そのうち、自然に焦げが取れていきました。

圧力鍋 焦がした

↑最終的にはここまで綺麗に。……つまり、一年半の間に、玄米ご飯と一緒に少しずつ焦げを食べてしまったのかもしれません(汗)。

結果として、焦げをだいぶ綺麗にできて良かったです。(でもその後、また鍋を焦がしてしまいました……。せっかく綺麗になってきていたのに。涙)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

圧力鍋(アサヒ軽金属)を再び焦がした~鍋フタパッキンの劣化が原因でパッキン交換

昨年の一月に圧力鍋の底を盛大に焦がしてから一年半。再び焦がしてしまいました。鍋フタパッキンの劣化が原因です。もう限界なので、新品のパッキンを取り寄せて交換しました。

記事を読む

かぼちゃの煮付けを焦がしてもーた~焦げ臭いけれど一応食べられる

かぼちゃの煮付けを焦がしました。でも石焼き芋っぽくて、食べられないことはない!

記事を読む

圧力鍋を使って炊くと玄米がもっちりすることを妹が気に入らないらしい

東京で一人暮らしする妹に圧力鍋を送ってあげたのですが、それで炊いた玄米のモチモチした食感が妹はあまり好みではない様子。

記事を読む

圧力鍋で初めて胚芽米を炊く~玄米以外もうまく炊けるのか?

炊飯器が壊れたため、胚芽米を圧力鍋で炊いてみました。玄米以外を圧力鍋で炊くのは初めてだったので本当にうまくいくか心配でしたが、あっという間に上手に炊けました。

記事を読む

ちらし寿司を作るとき、寿司飯の底までまんべんなく具を混ぜる方法

ちらし寿司を作るとき、寿司飯に具材をのせて混ぜるのですが、いつもどうしても具が混ざっていない部分が残ってしまっていました。しかしこれを解決する方法を発見! 寿司飯に、容器の底が見えるくらいの穴を空け、そこに具を詰めて混ぜるのです。

記事を読む

ティファール IH ホームシェフ フライパン E45006

ティファールの最高級フライパンがとても使いやすい!

年季が入って塗装の剥げてきたフライパンを買い換えました。ティファールの、最高グレードのものです。さすが、焦げ付きもなく、スルスルとても使いやすく気に入りました!

記事を読む

大豆と小豆入り玄米ご飯~大豆は浸水無しで圧力鍋で炊ける

玄米ご飯に大豆を混ぜて炊いてみました。大豆は浸水なしで炊いたのですが、圧力鍋だからうまく火が通りました。香ばしくて美味しい!

記事を読む

ポリエチエプロン

洗い物時のお腹濡れ防止に防水エプロン【防水エプロン1】

洗い物をするとき、エプロンのお腹部分に水がはねていつも濡れ、下にまで染みて乾かすのが大変です。そこで、防水エプロンを買うことに。まずは簡易的なものから。

記事を読む

マルチカッターVシリーズ

ねぎの小口切りを簡単に作る方法~スライサーを使う

いつもはまな板の上で包丁を使っておこなっていたねぎの小口切りを、なにげなくスライサーを使って作ってみたら、これがとても便利!

記事を読む

【焼き芋】「紅はるか」で焼き芋を作る~黒ホイル(片面が黒いアルミホイル)を巻いて焼くとねっとり美味しい焼き芋に

芋好きの母が見つけてきた謎のアイテム「黒ホイル」。これに包んで焼くと美味しい焼き芋ができるというので「紅はるか」で試してみたら、本当に本格的な焼き芋ができてびっくり感動。すごく甘くてやわらかねっとりです。

記事を読む

ゴム手袋 リッチネ

右手だけ2枚入りのゴム手袋ってないの?~ゴム手袋が右手だけ破れる

利き手が右手のせいか、ゴム手袋が右ばかり破れます。右手だけのゴム手袋って売ってないの? 売ってないよね……と思って調べてみたら。

記事を読む

水玉

水入れ陶器フチの黒ずみを漂白剤とティッシュ併用で取り除く方法

神棚にお供えする水玉(水入れ容器)のフチが黒ずんでいるのがずっと気になっていました。普通に漂白剤を吹き付けるだけでは流れてしまい効果がありません。そこで試したのがティッシュの併用。

記事を読む

パン生地の分割に使うスケッパーが行方不明~代わりにしゃもじを使う

パン生地を分割する段になってスケッパーが見あたらず、しゃもじで代用することにしました。

記事を読む

ホームベーカリーで焼いた食パンを保存する袋が便利~マチつきで立体的だから1斤そのまま入れられて型崩れもなし

ホームベーカリーで焼いた食パンをサッと常温保存したいときに便利な袋を買いました。パン屋で食パンが入れられているような袋で、1斤そのまま入れられて良いです。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る生活お役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るキッチン関連の話題」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設10周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細