フィスラーのフライパンを購入。熱が均一で保温性高く、料理がうまく作れる【安全なフッ素樹脂使用】【PFOAフリー】

2013年の12月に、ティファールの、当時における最高級グレード塗装が施されたフライパンを購入しました。↓

フライパン 買い換え ティファール フィスラー PFOAフリー

↑「十年もてばいいな」なんて思っていたのですが、使い込んで、丸五年経過した現在……。↓

フライパン 買い換え ティファール フィスラー PFOAフリー

中央の塗装が剥げっ剥げになってしまいました(泣)。

スポンサーリンク

買い換え

フライパン 買い換え ティファール フィスラー PFOAフリー

↑中央にあった赤いマークなんて跡形もない。

ここまで剥げてしまうと、調理中に食材がフライパンにこびりついてとても使いにくい!

しかも、剥げた部分から体に良くない成分みたいなものも出ていそうで怖いし、もうこれは買い換えた方が良い!

というわけで、五年ぶりに!! 新しいフライパンを購入することにしました。

フッ素樹脂加工が使いやすいけれど

新しいフライパンを選ぶにあたり、まず考えたのは、どんな素材のフライパンを買うかということ。

使いやすさで言えば断然フッ素樹脂(テフロン)加工のものだと思うし、今までもずっとフッ素樹脂加工フライパンを使ってきました。

けれど、フッ素樹脂加工のフライパンって、何か、下手をすると体に良くないみたいなことを以前から小耳には挟んでいて、それが、ずっと気になっていました。

けれど、じゃあ具体的に何がどう体に良くないのかというのは知らず、調べることもないままにここまで来ました。

フッ素樹脂加工じゃないものを検討

まあ、できればフッ素樹脂加工じゃない方が安全なのかなあ? 

と、鉄のフライパンステンレスのフライパンホーローのフライパン等をまず検討しました。

けれどやっぱり、手入れのしやすさ、洗いやすさ、調理のしやすさを考えると、フッ素樹脂加工のフライパンが便利だよなあという結論に至るのです。

フッ素樹脂加工の危険とは何か

次も、フッ素樹脂加工のフライパンがいいな。

フッ素樹脂加工って、何が危険だというんだろう。

……と、私はようやく、フッ素樹脂加工の危険性について調べてみることにしました。

PFOA

そこで出てきたキーワードが「PFOA(パーフルオロオクタン酸)」というものです。

この「PFOA」というのは、

フッ素樹脂を作るときの補助剤。(*1)

一旦生体内に取り込まれると排出されにくい性質(生体蓄積性)がある。(*2)

長期にわたり摂取した場合毒性(生殖毒性、肝毒性)を発現する。(*3)

(参考・引用:*1sanctum、*2*3AGCセイミケミカル株式会社食品安全総合情報システム

ということで、つまり、フライパンを使っているうちに剥げ落ちてくる「フッ素樹脂塗装」の中に「PFOA」が含まれている場合、「PFOA」ごと摂取してしまっていることになり、それが人体に良くないということになります。

PFOAフリー

しかしこの問題には解決策があります。

それは、フッ素樹脂加工の中にPFOAを含まないもの、「PFOAフリー」を明言しているフライパンを選ぶということ!!

そういうフライパンは、探せばちゃんと存在します。

というわけで、選ぶフライパンの方針が固まってきました。

フライパンの条件

最終的に、掲げた条件はこちら。

PFOAフリー

IH(電磁調理器)対応

直径28cm(大きめ)

深さが5cm以上(深め)

製造国が中国、韓国以外

以上の五条件をすべてクリアし、なおかつ、値段的にも手が出せる範囲のものとして購入を決めたのが、フィスラー(Fissler)の深型フライパン「カントリー」!!

フィスラーのカントリー

フィスラーはドイツの調理器具メーカー。名前だけは聞いたことがありましたが、製品を買うのは初めてです。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑フィスラーロゴの入った赤い段ボール。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑フタを開けると、フライパンがお目見え!

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑段ボールから取り出しました。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑フライパンを覆っていた厚紙を取り外すと、ついに本体が姿を現した!!

サイズ・製造国

こちらのフライパン、サイズ等は以下の通り。

内径:28cm

底面からフチまでの高さ:6.5cm

容量:3.6L

質量:1.5kg

ガス・電磁調理器・ハロゲンヒーター対応

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

PFOA(有害物質)フリー(不使用)!!

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑製造国はドイツ。

塗装:プロテクタル・コーティング

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑肝心のフッ素樹脂加工ですが、

ドイツの最高権威「test社」が実施したコーティング耐久実験でナンバー1の評価を獲得したフィスラーの表面加工「プロテクタル・コーティング(*1)

が施されています。

ナノレベルの微粒子を複合的に組み合わせる近年注目のナノテクノロジーをいち早く実用化することで、コーティング全体を著しく高密度・高硬度化。

食材が付着しにくく、錆びず、高熱にも剥がれにくい圧倒的耐久性を実現しています。(*2)

とのことで、耐久性には期待が持てそう!(参考・引用:*1*2フィスラー商品紹介ページ

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー
(画像出典:フィスラーフライパン「カントリー」取扱説明書)

↑その「プロテクタル・コーティング」は、このような五層構造になっています。

底厚三層カプセル構造

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑底面は、アルミ合金素材をステンレスで挟んだ「底厚三層カプセル構造」(クックスター・サーミックベース)。

これにより、食材にムラなく効率良く熱を伝えられ、保温性も抜群(*3)になるのだそう。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

また、

ステンレスとアルミニウムのそれぞれの熱膨張率の違いを考え、高い平坦度が要求される電磁調理器などで加熱使用された時に、なべ底が平坦になるよう計算して設計されています(*4)

とのことで、気配りが行き届いています。

(参考・引用:*3Fisslerカントリー深型フライパン、*4取扱説明書)

持ち手の特長

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑持ち手にも、利用者のことを考えた以下のような工夫が施されています。

持ち手(ハンドル)の特長

①…人間工学に基づいた握りやすいアーチ形状。濡れた手でも滑りにくい素材使用。

②…ガスなどの直火から持ち手を守る(フレームガード)。

③…滑り止め・熱よけのフィンガープロテクト。

↑この中でも私は特に②の「直火から持ち手を守るフレームガード」に感心しました。

うちはガス火ではないので直接は関係しませんが、もしガス火を利用する立場であれば、持ち手の根元がプラスチックだと火に炙られて溶けることがあるかもしれず、そういう心配なく使えるというのはありがたいなと思います。

目盛りつき

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑フライパンの内側には目盛りつき! 調理のときに便利そうです。

使いやすい

届いたその日から早速使い始めたこのフライパン。

二週間ほど毎日使っているのですが、一言でいうとすごく気に入っています!!

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑オムライス(の薄焼き卵)も、こんなに綺麗に滑らかに焼けました。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑オムライスを作ったあとのフライパン。当然のことながら一切の焦げ付きなし。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑「レンコンのきんぴら」のような水気の無い炒め物も、全然焦げなくてストレスフリー!!

熱がじっくり伝わる感じ

底厚三層カプセル構造」というのが本当に効いている感じで、火をつけると、底の厚さのせいかフライパンが温まるまで少し時間がかかるのですが、その分、全体が均一に熱くなって、保温性も高く、食材にじっくり火が通るのです。

すると、たとえば「レンコンのきんぴら」だったら、レンコンがほくほくに仕上がる。

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑「黒はんぺんの炒め物(レシピはこちら)」も、はんぺんがふっくら

油が少なくて済む

フッ素樹脂加工「プロテクタル・コーティング」の威力も素晴らしく、すべっすべで油を多くひかなくても焦げ付かないので、使う油の量が減りました。

それまでは、焦げ付きを防ぐために油をガンガンひいていたので、そこを削減できるようになったことが嬉しいです。油もけっこう高価ですからね。体のためにもあまり摂りたくないし。

深型なのが良い

あと、深型なのも良いですね。

うちでは、かなりの量の野菜を炒めたりするので、そのときに食材があふれません!

良いフライパン

フライパン フィスラー カントリー PFOAフリー

↑使っていて、「良いフライパンだなあ」と思える一品です。

価格は1万4千円ほどと、フライパンとしてはかなり高額でしたが、その価格に見合った良質さを感じます。

ドイツらしい、しっかりとした製品です。

今までひどく剥げ剥げのフライパンを使っていたので、あまりの快適さにルンルンです。

あとはこれがどのくらい長持ちするか……ということですが、ティファールのものを五年使ったので、これも、五年はもってほしいなあと思っています。

どんな風に経年変化してくるか、観察しながら愛用していきたいと思います!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

ティファール IH ホームシェフ フライパン E45006

ティファールの最高級フライパンがとても使いやすい!

年季が入って塗装の剥げてきたフライパンを買い換えました。ティファールの、最高グレードのものです。さすが、焦げ付きもなく、スルスルとても使いやすく気に入りました!

記事を読む

切れ味抜群のスライサー「マルチカッターVシリーズ」を買い足す。

13年使ってきたマルチカッターVシリーズの太千切スライサーの刃が取れたので、新しいのを買うことにしました。

記事を読む

ビンのフタ開け器を購入~金属がフタをガッチリつかんでパカッと簡単に開けられる

20年以上愛用していたビンのフタ開け器を紛失し、やむなく、似た形の物を探して購入しました。結果、今まで使っていたものよりさらに使いやすくなっていて満足です! 固いフタが簡単に開けられます!

記事を読む

よく切れるGLOBAL-IST(グローバル・イスト)のパン切り包丁を購入~焼きたて食パン12枚切りもできる

グローバルの包丁を買い足して日々満足しているので、グローバルのパン切り包丁も買ってしまいました。食パンを切るとき、刃が滑らずスッと入るのが良いです。底の耳もスパッと切れる!

記事を読む

切れ味抜群Global(グローバル)の包丁、二本目を購入~手術用メスと同じ超硬質ステンレス鋼でスパスパ切れる【日本製】

うちに三本ある包丁のうちの一本、グローバルの包丁が切りやすすぎて、母と台所に立ったとき争奪戦になるので、もう一本買い足しました。おかげでストレスフリー! 薄く鋭い刃で何でもよく切れます。

記事を読む

アムケトル

【野田琺瑯】ホーローのやかん(アムケトル)を買った~軽くて注ぎやすい。水に匂いがつかない

蒸留水で湯を沸かしたいとき、金属のヤカンを使うと匂い移りが起きてしまいます。そこで、ホーローのやかんを購入。日本製・野田琺瑯のアムケトルです。使いやすくて感激!

記事を読む

魚用の「ステンレス骨抜き」を買って鯖の小骨を抜く~焼き鯖(サバ)の棒寿司を作りたい!

鯖の棒寿司というのを作ることにしたのですが、鯖を三枚おろしにしたときに小骨取りを指でやるのは大変そうだったのでステンレス製の骨抜きを購入しました。簡単に骨が抜けて手間削減!

記事を読む

栗の剥き方、栗おこわ

栗の皮むきに初挑戦~皮むき器「栗くり坊主」を使って一人で100個剥く

母の、栗おこわが食べたいというリクエストに応え栗購入。しかし剥き方がわからない! 剥き始めたら手が痛い! でも栗の皮むき器「栗くり坊主」を使って、合計100個の栗の皮むきを一人で完遂しました!

記事を読む

ざるそば容器を簡単に作れる「竹すだれ」を購入~見た目の雰囲気アップ。竹がそばの余分な水気を吸収してそばつゆが薄まるのを防ぐ【国産竹】

ざるそばを盛り付けたときの雰囲気を良くするために竹のすだれを購入しました。これで見た目が良くなって、食欲増進! でもその他に、「そばの余分な水気を切る」という意外な効果もあることを発見。

記事を読む

ホームベーカリーの食パンを12枚切りにする

食パンカットガイドS SCG1を使い、ホームベーカリーで焼いた食パンを12枚切り(サンドイッチ用)にしました。とてもうまくいきましたよ! 写真つきで方法を紹介。

記事を読む

マルチカッターVシリーズ

ねぎの小口切りを簡単に作る方法~スライサーを使う

いつもはまな板の上で包丁を使っておこなっていたねぎの小口切りを、なにげなくスライサーを使って作ってみたら、これがとても便利!

記事を読む

タニタデジタルクッキングスケール

新しいデジタルはかり(タニタのデジタルクッキングスケール)は使いやすさ抜群

故障したはかりに代わる新しいデジタルはかり(タニタ デジタルクッキングスケールKD-192-RD)を購入しました。見やすさ、使いやすさともにバッチリです!

記事を読む

タニタデジタルスケール

デジタルはかりが突然故障。代わりに活躍したのはアナログな台はかり

デジタルはかりが突然故障しました。それでもパン作りはなんとかなったのですが、コーヒー豆のグラムが量れず立ち往生。そのとき登場したのは昔懐かしの台はかり!

記事を読む

食器洗い用スポンジ「マジカルニット」は、アクリルたわし+スポンジの威力で、お湯だけで汚れ落ち抜群

お気に入りの食器洗い用スポンジ「マジカルニット」。弾力性あるスポンジをアクリル毛糸のニットで包んだ商品で、お湯だけでも食器が綺麗に洗えて重宝しています。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る調理用具」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るキッチン関連の話題」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る台所用品」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設10周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細