モスの「ライスバーガー焼肉」が食べたいが外国産牛肉が気になる~和牛で手作りしてみた【焼肉タレレシピ】

私は日頃、極力、ファーストフードは食べないように心がけています。

やっぱり体に良くないですしね。

でも……。ああ~、あれ、食べたいなあ~~ってときが……。

あるんです!!

どうしても我慢できなければ買って食べることにはしているのですが、それでも、どうも抵抗感があって手が出せないアイテムがありました。

それが、モスの「ライスバーガー焼肉」

スポンサーリンク

外国産の肉

「ライスバーガー焼肉」。あれ、最後に食べたのがいつだったかはっきりとは思い出せないのですが、美味しいんですよね!

体に悪くても何でもいいから食べたい!! と私を狂わせる魔力があります。

でも、ファーストフードの宿命ではあるのですが、「ライスバーガー焼肉」に使われている牛肉は外国産(2017年5月現在アメリカ産*1)なんですよね。

私は、肉に食物アレルギーがあるので、そもそもなるべく肉はあまり食べないようにしているのですが、食べるとすれば「国産」。

自分で選べる状況下にある限り、この「国産」という条件はできるだけ外したくないと思っています。

だから……モスの「外国産の牛肉」は……心理的ハードルが高い……

そのハードルを越えてでも食べたければ食べちゃえばいいじゃん! という話なのですが、そこで葛藤して、何ヶ月も「ライスバーガー焼肉」が気になり続ける現状に業を煮やした私はハッと思いました。

そうだ……外国産牛肉が気になるなら、自分で、国産牛肉で作ってしまえばいいんだ……!

ふらの和牛

モス ライスバーガー焼肉 手作り

↑そこで買ってきたのがこちら! 黒毛和牛(ふらの和牛)のモモしゃぶしゃぶ用。(230g)

本物の「ライスバーガー焼肉」には「牛バラ肉」が使われている(*2)そうなのですが、バラ肉は脂身が多いので、「バラ肉ではないなるべく薄い肉」ということで「しゃぶしゃぶ用」にしました。(参考*1*2:モスバーガー「ライスバーガー焼肉」

でも……なんだかこの肉、サシ(脂)が多い!(こんなのしか売ってなかった)

あんまり脂は摂りたくないのでサシが少ない方が良かったのですが、バラ肉よりはマシということで仕方ないかなあ。

焼肉のタレレシピ

肝心の、肉の味付けに使うタレですが、「モス 焼肉ライスバーガー レシピ」で検索をかけると色々とヒットして、それらを参考に、以下の配合で作ってみました。

【焼肉のタレ:材料】
・おろしりんご…45g
・おろし生姜…20g
・醤油…大さじ2
・酒…大さじ1
・みりん…大さじ2
・味噌…小さじ1/2
・粗糖…小さじ1
・豆板醤…小さじ1/2
・黒胡椒…少々

モス ライスバーガー焼肉 手作り

↑材料をすべて混ぜ合わせたら完成。

牛の脂が溶けまくる

フライパンにごま油を小さじ1ほどたらし、肉を入れて強火にかけ、炒めていきます。

肉に火が通ったらすぐタレを入れて煮絡める算段だったのですが……。

サシが多いせいか、脂が溶け出て、フライパンがたちまち液状の油脂で満たされていきます。

うわ~! と思って、慌ててその脂をキッチンペーパーで拭き取るのですが、その後も追加で脂が出てくる出てくる。

炒めすぎで肉がボロボロ

そうして「炒める→脂が出る→拭き取る」を繰り返しているうちに、「しゃぶしゃぶ用」の薄い肉だったせいもあり、肉がボロボロになってきてしまいました

慌ててタレを入れ、煮絡めますが、その様相はまるで肉の佃煮……。↓

モス ライスバーガー焼肉 手作り

↑げ、原形をもう少し留めたかったよね!!

……と思いながらも、まあ、初めてなんだし仕方ない仕方ない!

できあがった焼肉を皿にあけ、用意してあったグリーンリーフレタスの上にのせたら……。

完成

モス ライスバーガー焼肉 手作り

↑完成です!! フォー! こんな料理初めて作った!

モスの「ライスバーガー焼肉」は、この「焼肉+グリーンリーフレタス」を「ライスプレート」(ご飯を1㎝くらいの円盤状に成形して軽く焼いたもの)で挟んであるわけですが、うちでは単純に「焼肉+グリーンリーフレタス」を玄米ご飯のおかずとして食べることにしました。

一体、どんな味わいになっているか……。

期待と緊張半々で「焼肉+グリーンリーフレタス」を口に運んでみると……。

あっ! これだ! モスの「ライスバーガー焼肉」の味! こんな感じだったよ! 似てる似てる!

美味しい!!

こってりとしたタレが牛肉にからんで、グリーンリーフレタスがわさわさ食べられる味です。

満足

モスの「ライスバーガー焼肉」を食べたい、食べたい……と思っていたのが見事に昇華されました! 満足です!

ただ、今回、炒めている途中に想定外に脂が出すぎて、拭くのに手間取っている間に肉がボロボロになってしまったので、次回は「肉に火が通ったら一回ザルにあけて脂を切る」などの工夫をしたいです(また作る気満々)。

でも、このよ~く火が通ってタレとゴタゴタに渾然一体となった焼肉も、伊勢旅行(2015年)のお土産に買った「松阪牛のしぐれ煮」みたいで美味しかったです。↓

5月の伊勢旅行で、父への土産に「松阪牛のしぐれ煮」を買いました。化学調味料や保存料無添加なのが嬉しい。味見させてもらったら、まろやかで美味しかった!

タレに入れた豆板醤のピリ辛風味もまた良いアクセントだったと思います。先月買ったオーサワの豆板醤が生きました。豆板醤も、意外と使いどころがあるものなんですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

固すぎたラム肉を自家製ジンギスカンのタレに漬け込んだらすごく軟らかくなって感激【タレレシピ】

サイト開設八周年記念で取り寄せた道産ラム肉。焼いて食べたら固すぎました。玉ねぎとりんごにタンパク質分解酵素パワーがあると聞き、それらの入った自家製タレに漬け込んだところ、驚きの軟らかさ&美味しさに!

記事を読む

伊勢旅行土産「松阪牛しぐれ煮」は、無添加で味も良い

5月の伊勢旅行で、父への土産に「松阪牛のしぐれ煮」を買いました。化学調味料や保存料無添加なのが嬉しい。味見させてもらったら、まろやかで美味しかった!

記事を読む

【サイト開設9周年】手羽元バーベキューチキンを作ってみた~にんにくと生姜のきいたこってりタレが濃厚美味い【レシピ】

サイト開設9周年記念のご馳走は、オムライスと、前から一度食べてみたかった「手羽元バーベキューチキン」です! ケチャップとソースがベースの濃厚タレがチキンによく合う!

記事を読む

力蕎麦

雑煮の余ったつゆで「力そば」(かけそばに餅を入れたもの)を作ってみた

雑煮の余ったつゆで、力そば(かけそばに餅を入れたもの)を作ってみました。雑煮のつゆはだし汁を本格的にとっているので、かけそばにしたときにとても美味しい!

記事を読む

憧れのツナマヨ巻きを作ってみた~安心原料のオイル漬けツナ缶「創健社 べに花一番のオーツナ」使用【レシピ】

ツナマヨ巻きを作ってみたくて、でもいつも使っているノンオイルツナ缶では理想の味にならない気がして、体に良い「油漬けツナ缶」を探したら創健社から売られていた! 美味しくできて満足!

記事を読む

ピクルス

ズッキーニのピクルスを初めて作ってみた【レシピ】【ピクルス1】

野菜宅配にズッキーニが入っていました。どう調理するか迷った末、家に漬け汁の材料があり、簡単で美味しそうだったことからピクルスにすることに。初挑戦です!

記事を読む

「サンマの甘酢焼き」を作ってみた~サンマの三枚おろしに初挑戦【NHKきょうの料理】【レシピ】

NHKきょうの料理で紹介された「サンマの甘酢焼き」を作ってみました。サンマの三枚おろしにも初挑戦! こってりした甘酢がサンマにからんでご飯が進みすぎる味!

記事を読む

三育フーズ野菜大豆バーグ

無添加レトルトの野菜大豆バーグが本物のハンバーグのように美味しくて感動

肉不使用、野菜と大豆たんぱくで作られたレトルトのハンバーグがとても美味しくて感動。ノンコレステロール、低カロリーです。

記事を読む

豆板醤(国産原料使用)を麻婆豆腐に入れてみたらピリ辛美味しい

母の要望で、豆板醤を購入してみました。オーサワジャパン製、国産原料使用のものです。いつもは「味噌、醤油、みりん」だけで味付ける麻婆豆腐にこの豆板醤を入れてみたら美味しかったです!

記事を読む

ケンタッキーフライドチキン「えびマヨツイスター」はチーズのような濃厚ピリ辛マヨソースが美味しい

ケンタッキーの「えびマヨツイスター」を食べてみました。「えびぷりぷりフライ」とレタスがトルティーヤ皮の中にピリ辛マヨソースとともに包まれているのですが、このソースが濃厚で美味しかったです。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る健康的工夫」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るレシピ」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る料理」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細