【サイト開設10周年】興農牛ヒレ肉のステーキを焼いて食べる~抗生物質・ホルモン剤不使用の肉。ジューシーで軟らかく美味しい!【レシピ】

サイト 10周年

Designed by Freepik

本日、2018年12月5日、当サイトは開設10周年を迎えました!

ついに来た! 10周年!!

開設記念日には毎年何らかのご馳走を食べてきましたが、大きな節目となる10周年には、そりゃもうここ一番! と言えるようなものを用意しようと思って前々から計画を立ていました

10周年なんて大義名分がなければなかなか取り寄せる気にもなれない高級品。

それがっ!! 興農(こうのう)ファームの、興農牛ヒレステーキ用肉!!(200gで3299円)↓

↑この肉でステーキを焼いて、10周年のご馳走にすることにしました!

スポンサーリンク

クール便

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑クール(冷凍)便で到着。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑カチカチに凍った牛ヒレ肉がお目見え。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑一袋200g(100g×2枚)入りが、二袋!

抗生物質・ホルモン剤不使用

興農牛は、北海道標津町(しべつちょう)の興農ファームにて

抗生物質、ホルモン剤不使用

で育てられた、とっても安全性が高い肉!!

(ただ、子牛の時期などに病気にかかった場合は、必要最低限の抗生剤を使うことはあるようです。参考:興農ファーム

飼料はほぼ国産。動物性飼料不使用

また、牛に与える飼料はその90%が国産

国産飼料の内容

道内産主体の「くず小麦やくず米、くず大豆、米ぬか、でんぷんかす、ビートパルプ」などを自家配合したもの

無農薬・無化学肥料で育てられた牧草

残りの10%は輸入穀物飼料ですが、非遺伝子組み換えのとうもろこしや麦を使っていて、動物性飼料(肉骨粉など)は不使用とのこと。

ここまで無投薬・国産飼料などにこだわった牛肉って、調べてもなかなか出てこないので、貴重です。

分厚い

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑厚さは約2.3㎝。こんなに分厚い肉は! スーパーでは見たことがない!

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑個体識別番号つきで、なんとなく高級感があふれる。

この! こだわり安全品質の興農牛ヒレ、以前からずっと興味があったので、今回、取り寄せられて嬉しい! 早速ステーキにしていきます!

ステーキレシピ

ヒレステーキの材料

牛ヒレ肉…200g(100g×2枚)

塩…2g

胡椒…適量

バター10g

紅花油(匂いの無い油なら何でも)…大さじ2

(※2018年8月1日放送「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」小池浩司先生の「サーロインステーキレシピ」を参考にしています)

肉を解凍

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑まずは冷蔵庫のチルド室(0℃くらい)に肉を一晩置いて、じっくりと解凍。焼く30分以上前に取り出して、室温に戻します。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑解凍で出てきた水気をキッチンタオルで押さえてしっかり吸収させます。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑水気が取れました。

塩胡椒を振る

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑肉の両面に塩胡椒を振ります。

塩は、100gの肉に対し、片面0.5gずつ振る(両面合わせて1g。つまり肉の重さの1%)

焼く

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑フライパンに油とバターを入れ、強火にかけます。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑バターが溶け、十分に油が熱くなったら……。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑肉を投入。強火のまま2分焼きます

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑2分経ったらひっくり返し……。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

中火にして、焼き油をかけながら2分焼きます。

ホイルをかぶせる

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑焼き上がった肉をバットの網の上にのせます。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑ホイルで覆い、4分おきます(その間に余熱で火がじっくり通る)。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑できあがり!!

ステーキ実食

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑好みの付け合わせとともに盛り付ければ……うおーー! できとぅわーーー!!

いやー、うちでステーキを焼くなんて、何年ぶりなんだろう。多分、14年ぶりくらい。

(ちなみに、付け合わせにしたのは、以下の三点)

ベビーリーフとラディッシュのサラダ

椎茸とシメジの塩胡椒炒め

カボチャ薄切りをフライパンで蒸し焼きにしたもの

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑10周年記念にふさわしい豪華さだ!

どんな焼き加減になっているのか、緊張しつつ切ってみると……。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

おおーーっ!! ちょうど良い感じの綺麗な焼き色ーー!

早速食べてみると……。

おっ!! これは美味しいー!!

サシの入っていない赤身肉なのですが、軟らかく、ジューシーで、牛肉の良い香り!

塩加減が良くて、肉の旨みが引き立っています!

この、分厚さが良い。食べ応えがある。

歯のあまり良くない母が食べられるか心配でしたが、「普通に噛める。肉自体の味が濃くて、旨みが強く、ちょっとでも満足できる。美味しい」と喜んで食べていました。

興農(こうのう)ファーム 興農牛ヒレステーキ用

↑美味しかった!! 食べている間中、ずっとウキウキするような美味しさでした。

また、何かの記念日にかこつけてぜひ取り寄せたい!!

10年間のサイト運営を振り返って

さて。サイト運営を始めてから、ついに10年が経過したわけですが。

振り返ると、色々なことがありました。

私は、そもそも、文章を書くのが好きで、文章表現の場を持ちたくてサイトを始めたところがあります。

ですから、基本的に、サイト運営=記事執筆は私にとって喜びで、精神的な充足感をサイト運営を通して得られてきたと思います。

ただ、やはり、「文章を書くのが好き」というだけではサイト運営が継続しないのもまた事実。

日常の中からネタを見つけて、一つの記事という形にしていくことは、毎回、難しさをともなうものでもありました。

でもそんな「苦し・楽しい」サイト運営を通じて、様々な経験をして、成長できたと思います。

一番大変だったこと…SSL化

10年間のサイト運営の中で最も大変だったのは、サイトをSSL化したこと(2018年6月末)です。

SSLとは、「ネット上のデータの通信を暗号化して盗聴や改竄を防ぐ仕組み(*1)のことで、SSL化するとサイトのセキュリティが高まります(引用:*1Global Sign

SSL化してあるサイトにはアドレスバーに鍵マークが表示されます。↓

SSL化

↑これ、ボタン一つで簡単に実装できるんだったら良いのですが、そうではなくて、運営者側でかなりの作業をしなければいけません。

私の場合、十ヶ月かけて、1500記事以上を一つ一つ見直して、コードの修正などを行いました。

……面倒だし、SSL化することで発生する不安定要素(URLが変わるとか)もあるので、SSL化しなくても良いならしたくなかったのですが、ネット界の覇権を握るGoogleが「SSL化していないサイトには警告文が表示されるようにするよ」的な通達をしてきて、今後のネット世界はSSLが標準になるっぽかったので、いずれやらなきゃならないことなら今やっちまえ! ということで腹を決めて取り組みました。

下準備を十ヶ月かけてすべて終わらせ、実際にSSL化するのにも丸二日を要したのですが、この二日間のストレスも相当なもので(失敗するとサイトが表示されなくなるので)、食欲が落ちて食べ物の味がわからなくなりました。

あれから五ヶ月過ぎ、あのときの大変さも「喉元過ぎれば熱さ忘れる」状態になりつつありますが、本当に大変だったという記憶があります。

ただ、過去記事の見直しを無理矢理にでもできたことは良かったと思います。

これで終われば良いのですが、ネット界は激動しまくっているので、また新たな要対策事項が出てくる可能性もあり、そうなると大変だなあと思いますが……それはそれで覚悟して、なんとか対応していきたいです。

継続できたことに感謝

それにしても、改めて思うのは、サイト運営は、自分の意志だけでは継続できないということ。

どんなに情熱とやる気があっても、サイト運営できる環境(住居など)がなければ、継続できない。

ですからまず、この10年間、サイト運営ができる環境があったということに感謝したいです。

また、そもそも自分の命があってこそのサイト運営だったということも思います。

サイトを10年続けられたということは、私が10年無事に生きられたということで、そこにも感謝したい。

今後も、状況が許す限り、サイト運営を継続していきたいです。

そして、サイト運営を通じ、さらに色んな経験を積んで、成長していきたいです。

当サイトに以前から来てくださっている方、いつもありがとうございます。

また、今日初めて来られた方にも御礼申し上げます。

これからも遊びに来ていただけると嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

【サイト開設9周年】手羽元バーベキューチキンを作ってみた~にんにくと生姜のきいたこってりタレが濃厚美味い【レシピ】

サイト開設9周年記念のご馳走は、オムライスと、前から一度食べてみたかった「手羽元バーベキューチキン」です! ケチャップとソースがベースの濃厚タレがチキンによく合う!

記事を読む

北海道産のラム肉を取り寄せてジンギスカン~旨味最高だが歯ごたえがあった【サイト開設8周年】

サイト開設8周年記念に、北海道士別市産のラム(仔羊の肉)を取り寄せてジンギスカンにしてみました。旨味があって美味しかったのですが歯ごたえが思ったよりありました。タレに漬け込むと軟らかくなるらしいので再挑戦決定。

記事を読む

とんかつ定食

【サイト開設6周年記念】「とんかつ定食」に野菜をたっぷり添えて

マクロビオティック羅針盤は2014年12月5日で開設6周年を迎えました! その記念に、夕食はとんかつ定食、食後に福岡から取り寄せた梅が枝餅を食べました。

記事を読む

固すぎたラム肉を自家製ジンギスカンのタレに漬け込んだらすごく軟らかくなって感激【タレレシピ】

サイト開設八周年記念で取り寄せた道産ラム肉。焼いて食べたら固すぎました。玉ねぎとりんごにタンパク質分解酵素パワーがあると聞き、それらの入った自家製タレに漬け込んだところ、驚きの軟らかさ&美味しさに!

記事を読む

モスの「ライスバーガー焼肉」が食べたいが外国産牛肉が気になる~和牛で手作りしてみた【焼肉タレレシピ】

モスの「ライスバーガー焼肉」、食べたいのに、外国産牛肉が気になって買えないので、「和牛のしゃぶしゃぶ用」を使って手作りすることにしました。美味しくできて満足!

記事を読む

【サイト開設2周年記念】野菜天ぷらを揚げて祝う

マクロビオティック羅針盤は2010年12月5日で開設2周年を迎えました。天ぷらを揚げてお祝いです。

記事を読む

笹かまぼこ定食

【サイト開設7周年記念】仙台から取り寄せた笹かまぼこ(無添加)の生姜焼き

2015年12月5日、マクロビオティック羅針盤の開設7周年記念に、笹かまぼこの生姜焼き定食を作りました。使ったのは、この日のために仙台から取り寄せた無添加の笹かまぼこ「大漁旗」です!

記事を読む

【サイト開設1周年記念】生ちらし寿司

2009年12月5日、マクロビオティック羅針盤が開設一周年を迎えた記念に生ちらし寿司とケーキで祝いました。

記事を読む

マクロビオティック羅針盤:開設4周年記念

【サイト開設4周年記念】回転寿司屋の「持ち帰り寿司」とケーキ

マクロビオティック羅針盤開設4周年記念に、回転寿司屋の持ち帰り寿司とロールケーキを食べました。

記事を読む

マクロビオティック羅針盤5周年

【サイト開設5周年記念】特注の苺デコレーションケーキで祝う~ケーキの上を苺で埋め尽くす

2013年12月5日、私が運営する「マクロビオティック羅針盤」は開設五周年を迎えました! 五周年という節目の年なので、市内のケーキ屋さんで記念の苺たっぷりデコレーションケーキを作ってもらいました。

記事を読む

【サイト開設3周年記念】手作りピザで祝う~初心を忘れず運営を続けたい

マクロビオティック羅針盤開設三周年を祝ってミックスピザを作りました。

記事を読む

秋川牧園骨付き照り焼きチキン

大晦日のご馳走は、無投薬鶏肉の照り焼きチキン【2013】

大晦日のために取り寄せておいたご馳走! それは、秋川牧園の骨付き照り焼きチキン! 無投薬で飼育された安全な鶏肉です!

記事を読む

秋川牧園 若鶏手羽元ゆず胡椒焼き

秋川牧園の「若鶏手羽元ゆずこしょう焼き」は安全で美味しい【無投薬・無添加】

薬品投与をせず育てられた安全鶏肉の「手羽元ゆずこしょう焼き」が美味しくて最近とても気に入っています。ぷりぷりジューシー! 肉の中まで味がしみています。

記事を読む

伊勢旅行土産「松阪牛しぐれ煮」は、無添加で味も良い

5月の伊勢旅行で、父への土産に「松阪牛のしぐれ煮」を買いました。化学調味料や保存料無添加なのが嬉しい。味見させてもらったら、まろやかで美味しかった!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るサイト開設記念日」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るレシピ」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細