冷凍庫に長く入れすぎて乾燥しすぎた「冷凍あん餅」(大福)を軟らかく戻す方法~ゆでたら、つきたてのあん餅のように美味しくなる

2017年末に初購入した冷凍あん餅レビュー記事はこちら)。

↑こちら、美味しかったので、その後2回リピート購入しました。

冷凍あん餅を買った数

1回目の購入…1袋(1kg)

2回目の購入…3袋(3kg)

3回目の購入…3袋(3kg)

と、合計7袋購入したわけですが、そのうちの最後の一袋が、食べきらずにまだ冷凍庫に残っていました。

森源 冷凍あん餅

↑こちら。

スポンサーリンク

賞味期限切れ

この冷凍あん餅、賞味期限が切れてからすでに半年ほど経っています(汗)。

森源 冷凍あん餅

↑最後の一袋なので、大事に大事に食べていたら、いつの間にかこんなことになってしまっていました。

森源 冷凍あん餅

↑霜もたくさんついてしまっている……。

ここまでくるともったいながってばかりもいられないので、最近になって再び食べ進めるようになったのですが、このあん餅、冷凍庫に長く置きすぎていたせいか、とっても乾燥してしまっていて、買ってすぐの頃であれば自然解凍すれば軟らかくふわふわになったのですが、今は、自然解凍しても表面がカッサカサの固い大福になってしまうんですよね……(汗)。

美味しく戻せないのか

霧吹きで湿らせてからラップをしてレンジで解凍……とかも試してみたのですが、それだと、大福の表面が少し軟らかくなるだけで、全体的には固いまま。

それでも、食べられないこともないんだけど……これ、どうにか軟らかい大福に戻せないんだろうか??

そう思って調べてみたところ、「固くなった餅は水に半日浸けておくと良い(*1)という情報を発見。(参考*1:DAILY INFO

なるほど。ちょっと霧を吹いたくらいでは餅に水分が浸透しなかったけれど、半日も浸けておけばだいぶ違うのかな?

というわけで、水浸け実験をしてみることに。

水に浸ける

森源 冷凍あん餅

↑まず、冷凍状態のあん餅をボウルに出して……。

森源 冷凍あん餅

↑水を入れて、ラップをかける。この状態で冷蔵庫に入れて一晩置くことにしました。

森源 冷凍あん餅

↑そして一晩経過後。水から取り出してみた餅は確かにみずみずしい感じになっていましたが、やはり、それは表面だけで、串を刺してみるとまだ中が固い。

ゆでてみる

これ、もうちょっと軟らかくしたいな……。

そこでちょっと考えてみたのですが、お雑煮に入れる餅とかって、切り餅状態でパックに入ったものを買って使うわけですが、あの、ガチガチに固い餅が、ゆでるとクタクタに軟らかくなる

ということはつまり、この大福も、ゆでればなんとかなるんじゃない?

森源 冷凍あん餅

↑というわけで、鍋に水を張り、そこに「一晩水に浸けた大福」を入れて火にかけ、沸騰してから三分ほどゆでました。

軟らかい!

餅は、以前、煮ている間に目を離していたら溶かしてしまったことがあり、ゆですぎると溶けることがわかっていたので、そうならないように、しかし、完全に軟らかく戻るように、ギリギリの線まで攻めてみました。その結果がこちら!↓

森源 冷凍あん餅

ジャーーーン!! 串で通したときに一切の抵抗なくスッと通る軟らかさまで戻したあん餅!!

餅周辺の水のようなものは、餅が溶けかけてどろどろしたものです。溶ける寸前までゆでました。

森源 冷凍あん餅

↑箸で持ち上げてみると、うん、びよーんと完全に軟らかい! これならイケそうだ!!

早速食べてみたところ……。

おっ!! これは美味しいーー!!

冷凍庫臭のようなものも消えて、完全に香りがフレッシュなもち米のものになっている

表面は少し溶けかかったけれど、全体的にはちゃんとシコシコ感が残っていて、餅として美味しい。

いや~、「ゆで大福」って初めてなのですが、これ、いいですね!! つきたての餅にあんこを包んだような贅沢大福感が楽しめます!

きなこをかけてみた

森源 冷凍あん餅

↑もう、これは絶対きなこも合うだろう……と思って、ラスト3個にはきなこをかけてみました!!

森源 冷凍あん餅

↑食べてみたら、オーーッ! これも、ウマーー!!

ゆでた白餅にきなこをまぶした「安倍川餅」も美味しいですが、そこにあんこが加わった感じで、さらにお菓子感が増して、すっごく美味しい! 箸が止まらん!

冷凍あん餅はゆでるのもいいね

そんな感じで、最後に残った冷凍あん餅6個を、あっという間にたいらげてしまいました。

この冷凍あん餅は、今まで、自然解凍(orちょっとレンジでチン)して食べることしかしてこなかったのですが、今回、初めてゆでて食べることをしてみて、すごく気に入ってしまいました。

特に、このあん餅は、酵素砂糖が添加されていない本格的な餅が使われているので、ゆでると「つきたて餅感」が出て美味しいんですよね。

今度またリピート購入することがあれば、そのときは、自然解凍だけでなく、「ゆで解凍」も試してみて、「ゆであん餅(きなこがけ)」を再び味わってみたいです!

大福の新たな楽しみ方を発見できて良かったです!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

【大福】冷凍あん餅を取り寄せ~自然解凍でふわふわ。甘さ控えめ粒あんが美味【無添加】【佐賀県産もち米】

佐賀県産もち米100%使用の冷凍大福を取り寄せました。小豆は北海道産。自然解凍でふんわりシコシコ! 甘さ控えめ粒あんが美味しい!

記事を読む

熊野本宮釜餅

熊野本宮「釜餅」は、あんこが抜群の美味しさ!

熊野本宮「釜餅」という、つぶあんをもち米の薄い衣で包んだ餅を取り寄せました。手作りで丁寧に作られた、とても美味しい餅でした! あんこが甘すぎず美味しい!

記事を読む

梅が枝餅

福岡の太宰府名物「梅が枝餅」を取り寄せる~美味しい上に無添加で国産原料使用

サイト開設6周年記念祝いのために福岡から取り寄せた「梅が枝餅」(焼いた大福)。美味しいのはもちろん、その原材料も素晴らしい! リピート決定!

記事を読む

松柏堂の「あべ川餅」~歯ごたえしっかり、きなこを追加でまぶして食べると美味【安倍川餅2】

静岡に住む親戚から以前安倍川餅を送ってもらって美味しかったので、別の店から新たに取り寄せてみました。小豆、餅米、きな粉、すべて国産。たっぷりの量でお腹いっぱいです。

記事を読む

翁屋のあんこ菓子「菓音」(カノン)~小豆たっぷり粒あんで餅と栗を包む【北海道産の有機栽培小豆】

お気に入り和菓子「六花の精」を注文しているお店で、初めて別の和菓子を買ってみました。「菓音」(カノン)は、和菓子でここまで甘さ控えめで良いのかというくらい薄い甘さのあんこが美味しい。

記事を読む

やまだいち安倍川もち

静岡銘菓・やまだいちの「安倍川もち」が無添加・国産原料・甘さ控えめで美味しい【安倍川餅1】

静岡に住む叔母が静岡駅限定バージョンの「安倍川もち」を送ってきてくれました。甘すぎず美味しかったです! 無添加で、もち米、大豆、小豆は国産原料使用なところも良い!

記事を読む

栗大福「六花の精」は、北海道産有機栽培小豆と茨城県産の栗使用で大満足の美味しさ

美味しそうな無添加の和菓子はないかとネット上を探していたら、「六花の精」という栗大福を発見。なんと、あんこに北海道産有機栽培小豆使用とのこと。すごく美味しくて満足感が高い!

記事を読む

水ようかんが固まらない

粉寒天の水ようかんが固まらない

水ようかんを初めて手作りしてみたのですが、固まらず、どろどろに! 原因は粉寒天?

記事を読む

創健社の玄米パン(あん入り)~蒸し器10分でふわふわのあんまんに【国産小麦使用】

創健社の「玄米パン」、お気に入りです。蒸し器に10分かけるとふわっふわ! 味や食感は「あんまん」そのものです。

記事を読む

餅つき機で手作りした玄米餅の、あんこ、きなこ、抹茶のせ

餅つき機を使って玄米餅を作り、あんこときなこと抹茶をかけて食べました。

記事を読む

あんぽ柿(水分たっぷりの干し柿)を初めて食べる~干し柿と思えないみずみずしさ。強烈な甘さにびっくり【無燻蒸】【特別栽培】

柿好きの母に頼まれ、「あんぽ柿」というものを取り寄せました。水分たっぷりの干し柿ということで、初めて食べたのですが、すごくやわらかねっとり、甘くてびっくりしました。

記事を読む

おいしいまんじゅう

わかさいも本舗「おいしいまんじゅう」は本当に美味しかった~小豆、小麦粉が北海道産。化学調味料が惜しい

わかさいも本舗「おいしいまんじゅう」。あんこの「小豆」も皮の「小麦粉」も北海道産というこだわりっぷりで、その名の通り美味しかったです。化学調味料が惜しい。

記事を読む

あんこ減らしてすけすけおはぎ~もち米だんごの全体にうっすらとあんこを塗るとちょうど良い甘さ

あんこが多すぎるおはぎは甘すぎて、少なすぎても味気ない。そこで行き着いたのが「すけすけおはぎ」。

記事を読む

オーサワの「ひとくち小豆ようかん」は砂糖不使用。米飴が昆布飴のような優しい味わいを醸す【石垣の塩使用】

米飴で甘みがつけられている「オーサワのひとくち小豆ようかん」を買ってみました。砂糖不使用なので安心して食べられるところが良いです。昆布飴のような独特の味わい。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る餅菓子」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る食のお役立ち」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る和菓子」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設10周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細