明治R1ヨーグルトに免疫力UPの効果があると聞き食べてみた【低脂肪タイプ:人工甘味料無添加】

明治の「R1」(アールワン)というヨーグルトに、インフルエンザにかかりにくくなるような効果があるという話を小耳に挟みました。

「R1」……。

その名を聞いて、蘇る光景がありました。

旅先の朝食ビュッフェ

それは、今を遡ること約三年、平泉寺白山神社(福井県)参拝のため北陸旅行に行ったときのこと(この旅行について詳しくは「金沢・福井旅行記」参照)。

二泊目はホテル日航金沢だったのですが、そのとき、朝食ビュッフェの中にR1ヨーグルトがあったんですよね!!

スポンサーリンク

人工甘味料で食べられず

そのときに撮った写真がこちら。↓

明治R1ヨーグルト

↑ヨーグルト・デザートコーナーの一角に……。

明治R1ヨーグルト

ズラッと!! 「固形タイプのR1」と「ドリンクタイプのR1」が取り放題!!

こんな風に市販品が並んでいたら、食べなきゃ損という気になるじゃないですか!!

だから、よっぽど食べようと思って、手に取ったのです。

しかし、原材料を見ると、固形タイプ、ドリンクタイプともに人工甘味料が入っていました。

【固形タイプの原材料】生乳、乳製品、砂糖、甘味料(ステビア)
【ドリンクタイプの原材料】乳製品、ぶどう糖果糖液糖、砂糖、安定剤(ペクチン)、香料、甘味料(ステビア)、酸味料

……いや~、ちょっとくらいいいんじゃないの? とも思ったのですが、どう~も朝っぱらから人工甘味料を摂ることに抵抗があって、結局、R1の隣りにあった、ガラスボウル入りのプレーンヨーグルトを器によそい、食べました。↓

明治R1ヨーグルト

↑このとき、「あ~、なんか残念。R1、食べたかったなあ。人工甘味料さえ入っていなければなあ……」という未練が心の片隅に残りました。

ですから、「R1」の名を最近再び耳にしたとき、「あ、あのR1!」とすぐにピンときて、「そんな効果があるんだったらなおさら食べときゃ良かったかなあ」なんて思いが湧いてきてしまいました。

スーパーで探す

しかしなあ、人工甘味料がネックなんだよ。あれ、入ってない種類は売ってないのかね?

そう思って、スーパーのヨーグルトコーナーで、R1売り場を物色しました。

すると……。

あっ。あるじゃん! 人工甘味料の入ってないやつ!!

低脂肪タイプは人工甘味料無添加

明治R1ヨーグルト

↑それで、買ってみたのがこちら。R1固形の低脂肪タイプ

明治R1ヨーグルト

↑原材料はこちら。人工甘味料は入っていません!

美味しい

明治R1ヨーグルト

↑早速フタを開けます。こういう、一回食べきりサイズのヨーグルトを食べるのってすごく久しぶりです。

明治R1ヨーグルト

↑それでは!! 三年前に朝食ビュッフェで食べ損ねたR1を、今、ようやく食べてみる!!

パク。

……あ~。やわらかく、滑らか。酸味は弱く、甘さはかなり控えめで、コクがあり、食べやすく美味しいヨーグルトです

へえ~。美味しいわ、R1。と思いながらあっという間に食べてしまいました。母にも「美味しい」と好評でした。

R1の効果について

R1ヨーグルトを初めて食べたことでますます興味が湧き、R1の健康に与える効果について改めて調べてみたところ、明治ヨーグルトライブラリーに詳しく掲載されていました。

上記サイトによると、R1ヨーグルトに含まれる乳酸菌(1073R-1株)にはNK(ナチュラルキラー)細胞活性を増強するはたらきがあるとのこと。

「NK細胞」とは、人体の免疫システムの中でも最前線で働く細胞で、『NK細胞の活性(NK活性)が高ければ、感染症などの疾病を未然に防ぐことができるようになる(*1)』のだそうです。(引用*1:明治ヨーグルトライブラリー

免疫力UP

つまり、R1ヨーグルトに特有の乳酸菌(1073R-1株)により免疫力がアップし、インフルエンザや風邪にかかりにくくなるということなのですね。

……へえ~。ヨーグルトといえば腸内環境改善とか、そういうのはよく聞くけれど、免疫力アップというのは新たなキーワードだな。

なんだか良さそうだから続けてみたい。けど、R1、高いなあ

R1には大容量パックが無い

うちではいつも、ヨーグルト(グリコのカスピ海ヨーグルト、森永のビヒダス、明治のブルガリアヨーグルト)は400gや450g入りの大容量パックを買っていて、そこから毎日100gずつすくって食べるようにしていました。

その価格は、1パック、高くて250円未満くらい、安くて130円くらい。

けれどR1ヨーグルトは1パック112g入りで130円くらいします

R1にも「400gで300円」みたいな感じの大容量パックがあれば良いのですが、無いんですよね

ヨーグルト代が一人1日130円って、高いです。続けたくても続けられません。

ただ、週に一回とか、そのくらいなら継続できる気がします。

週に一回食べたくらいではあまり免疫細胞の活性化は期待できないかもしれませんが、食べないよりマシということで、今後、「週に一度のお楽しみ」としてR1を購入し、食べていこうかなと思っています。

追記:R1量産目的でヨーグルトメーカー購入

追記:その後、「R1ヨーグルト1個」を「牛乳1L」と混ぜて発酵させ、大量のR1ヨーグルトを安価にゲットするためにヨーグルトメーカーを購入しました!↓

明治R1ヨーグルトを量産してお得に食べるため、ヨーグルトメーカーを買うことにしました。牛乳パック型か容器型か迷いましたが、結局、容器型の「ヨーグルティアS」を購入することに。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

ヨーグルトメーカー購入を決意~容器型or牛乳パックセット型? それぞれのメリットデメリット【ヨーグルティア1】

明治R1ヨーグルトを量産してお得に食べるため、ヨーグルトメーカーを買うことにしました。牛乳パック型か容器型か迷いましたが、結局、容器型の「ヨーグルティアS」を購入することに。

記事を読む

人工甘味料無添加だった「明治R1ヨーグルト低脂肪」に人工甘味料「スクラロース」が添加されて残念【ヨーグルティア8】

ヨーグルト作りの種菌として使ってきた「明治R1ヨーグルト低脂肪タイプ」がリニューアルして、人工甘味料の「スクラロース」が添加されました。人工甘味料無添加だったから選んできたのにがっかりです。

記事を読む

無脂肪牛乳でR1ヨーグルトを作るときは「43℃9時間」がちょうど良い酸味に仕上がる【ヨーグルティア3】

無脂肪牛乳+R1ヨーグルトで「43℃11時間」設定にてヨーグルトを作ったところ酸っぱすぎました。そこで、ちょうど良い味を探って実験したところ、「43℃9時間」が一番好みだと判明。

記事を読む

「明治オーガニック牛乳」+「R1」でヨーグルト作り~乳脂肪分が無脂肪牛乳の35倍で生クリームのように濃厚【ヨーグルティア4】

ヨーグルト作り用にいつも買っている無脂肪牛乳が希望本数分入手できず、明治オーガニック牛乳を購入しました。かなり濃厚なヨーグルトができあがりました。

記事を読む

低脂肪牛乳+R1でヨーグルト作り~無脂肪牛乳が売り切れで【ヨーグルティア5】

無脂肪牛乳が売り切れでゲットできなかったため低脂肪牛乳でのヨーグルト作りに初挑戦。思ったよりくどくなく、美味しくできましたが、無脂肪牛乳売り切れに備えて脱脂粉乳を買っておくことにしました。

記事を読む

無脂肪牛乳+明治R1ヨーグルトで自家製ヨーグルトを作る~初・ヨーグルトメーカー(TANICAヨーグルティアS)【ヨーグルティア2】

ヨーグルトメーカー(TANICAのヨーグルティアS)を購入しました。早速、「無脂肪牛乳」と「R1」でヨーグルト作りに挑戦。結果、酸っぱめではありますが、美味しいヨーグルトができました。

記事を読む

りんご ヨーグルト

ホテルの「朝食でヨーグルト」が気に入って、家でも一日の最初にヨーグルトを食べるようになる

金沢・福井旅行で、宿での朝食でヨーグルトが出ました。これを気に入って、家でも、「一日の最初にヨーグルト」を食べるようになりました。りんごにかけて食べると美味しい!

記事を読む

おこっぺヨーグルト

安全な生乳から作られた「おこっぺヨーグルト」を初購入したら、クリームチーズのように濃厚だった

「おこっぺヨーグルト」という、北海道興部町(おこっぺちょう)で作られたヨーグルトがいつも気になっていたので買ってみました。酸味がほとんどなくて、ヨーグルトというよりクリームチーズ!

記事を読む

作成途中のヨーグルトをヨーグルトメーカーごと棚から床に落として大惨事~電源コードを引っかける【ヨーグルティア6】

ヨーグルトメーカーを棚の上に載せた状態でヨーグルトを作っていたら、電源コードを引っかけて床に落としてしまいました。発酵途中だったヨーグルト、一体どうなってしまうのか?

記事を読む

スキムミルク(脱脂粉乳)でヨーグルト作り~無脂肪牛乳の代わりに使えて便利【ヨーグルティア7】

無脂肪牛乳が売り切れていたので、その事態に備え買っておいたスキムミルクでヨーグルトを作ることに。「スキムミルク+水」で無脂肪牛乳になるので便利です! 美味しくできました!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るヨーグルトメーカー」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る乳製品」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細