憧れの高級キーボード「リアルフォース」を試し打ちしてから購入~吸い込まれるような正確な打ち心地【テンキーレス】【日本製】

リアルフォース……。

パソコンに向かって長い文章を打つことの多い私にとって、高級キーボード「リアルフォース」は、その存在を知った三年前から憧れの存在……。

だって、すっごく打ち心地が良いっていうじゃありませんか??

だから一度実機で試し打ちをしてみたいと恋い焦がれていたのですが、私の住む北海道旭川市の電器屋には、リアルフォースが置いていないんですよ!!(泣)(電話問い合わせ済み)

スポンサーリンク

札幌まで行く必要

試し打ちをするためには札幌まで行かなければならない

……札幌って、特急でも旭川から一時間半かかるし、往復で5000円もかかるんですよ!!

そんな……キーボードの試し打ちがしたいからと言って、簡単に行ける場所ではない……。

でも試し打ちもせずに高級キーボードを買うのは怖い……。

と、悶々としていたのですが、母のパンプスを買いに札幌に行くことが決まり、そのついでに!! Realforce(リアルフォース)」の試し打ちをしてくることになりました!!

ヒュー!! 三年越しの夢が叶う! これで、購入するかしないか決められる。楽しみ~~!

DEPOツクモ札幌駅前店にて初対面

DEPOツクモ札幌駅前店

↑目指すはDEPOツクモ札幌駅前店! この横断歩道の先が入り口です。

中に入り、キーボード売り場に直行。えーと、リアルフォースリアルフォースは……あ、あった! これだ!

間違いありません。今まで、ネット上でしか見たことのなかったリアルフォースが、目の前に……。

キーボード試し打ち

やっと触れる……。けれど、キーを押したその感触がどんなものか今まで試したくてたまらなかっただけに、押すのがもったいないというか、そんな簡単に済ませてはいけない経験のような気がして、しばらくただリアルフォースを眺めてワクワクする時間を過ごしました。

試し打ち

そしていざ試し打ち……。

ストストストスト……。

あ……。なるほど? なるほどね? リアルフォースの利用者さんがよく「スコスコ」と表現している押し心地はこういうものなのね?

なるほどなるほど。私は、家のパソコンで文章を打ち込んでいる気分で、キーボードをタイピングしてみました。

なるほど! なんだか、打っているうちにタイピングに吸い込まれていくというか、タイピングと思考が一体化していく感じ。

なるほどーっ! やっぱりいいわリアルフォース。打つ音もすごく静かだし。

キーの重さ「すべて45g」(等荷重)が好み

リアルフォースには、キーの重さが

すべて30g

すべて45g

小指を使うキーだけを軽く(30gに)した変荷重タイプ

の三種類があり、それらをすべて試した結果、私はすべて45gのものが好きというのがわかりました。

変荷重について

「変荷重」というのは、リアルフォースで初めて聞いた用語でした。

リアルフォース 変荷重

↑こんな風に、小指で押すキーを30g、他のキーを45g(Escキーは55g)にした仕様(*1)とのことで、どういう打ち心地なのか想像がつかなかったのですが、実際に触ってみると、小指のキーだけ底が浅いといいますか、押した感じが深くないのです。(参考*1:Don’s キーボードラボ

長年、すべてのキーの重さが同じキーボードを使ってきたせいか、どうも変荷重には違和感を覚えました。

また、私はピアノをやってきたので、小指の力もそう弱くはなく、他の指と同様に強く叩けるのが違和感の原因の一つになったかもしれません。

すべて30gは軽すぎた

キーの重さがすべて30gのものは、打ち心地が軽すぎて、タイプミスが起きやすかったです。

というわけで、リアルフォースを買うならばキーの重さがすべて45gのもので決まり!

マジェスタッチも試し打ち

↑リアルフォースの他に、こちらも高級キーボードとして有名なFILCO Majestouch(マジェスタッチ)にも触ってきました。

ネットでは、このマジェスタッチは、レビューを読んでもどんな打ち心地かよくわからない感じだった(メカニカル方式だから押し心地がリアルフォースとは違って云々)のですが、触ってみると疑問が一発解消。

ハキハキ・シャキシャキした押し心地です。そしてけっこうパチパチとした打鍵音がします。なるほど~。

滑らかな打ち心地だったリアルフォースに比べて、いかにもタイピングしている感があって、それはそれでブラインドタッチでバチバチにキーボードを打っている自分」に陶酔できそうな感じがあるというか、さすが有名なだけあってこれも好きだなと思いました。

ただ、私は、長時間のタイピングをあまり家族に気取られず(静かに)行いたいので、リアルフォースの方が良いかなと感じました。

マジェスタッチの中では、茶軸というものが一番好みでした。

満足

こうして、夢だった高級キーボード試し打ち体験が終了し、私は満足して店を出ました。札幌まで来た甲斐があったよ~!!

いつか、今使っているキーボードが壊れたら、Realforce108UH(キーの重さがすべて45g)(白色)(フルキーボード)を買うと決めました。

2020年追記:上記「Realforce108UH」(白)はモデルチェンジで「Realforce R2-JPV-IV」となり、キーも「変荷重」になっています。

(すべて45g等荷重のフルキーボードは黒色のみ(R2-JP4-BK)となっています。)

実機を触ったので、迷うこともなくなったのがありがたいです。百聞は一見にしかずとはこのことですね。実際に触ることの情報量はものすごいものがあります。

ちなみに、せっかくリアルフォースやマジェスタッチの実機に触れる機会なのだからと、一緒に行った母にもキーボードの試し打ちをしてもらいましたが、「……よくわからないだね」と言っていました。

フルキーボードは横幅長過ぎなことが判明

この試し打ちから四ヶ月後、手持ちのキーボードはまだ壊れていませんでしたが、キーボードが二台あってもスペアとして使えるからいいやと思ってリアルフォースを購入することにしました

試し打ちの結果、買おうと決めていたのは108UH(キーはべて45gの等荷重・フルキーボード)

しかし、寸法をよく検討した結果、45.6㎝という長い横幅がネックに。

それまで使っていたキーボードよりも6㎝も横幅が長いのです。

キーボードの横幅が6㎝も長くなると、マウスの位置が現状より遠くなります。その遠さでも大丈夫か実験してみましたが、どうしてももう少し近くで操作したい

テンキーレスに変更~変荷重モデルになった

というわけで、横幅の短いテンキーレス(テンキーがついていない)タイプの中から選ばなければいけなくなり、決めたのが、「REALFORCE91U」でした。

2020年追記:現在は新モデル「REALFORCE TKL R2TL」になっています。↓

↑こちらは、キーが変荷重で、等荷重が良いかなと思っていた私は悩みましたが、「テンキーレスで等荷重」というと「黒地に文字が黒で印刷されている」というとんでもなく見にくい機種(91UDK-G)しか発売されておらず(苦笑)、 変荷重で妥協しました。

変荷重も、きっと使い込んでみれば悪くない! という希望的観測で……。

追記:等荷重のテンキーレスが出た

2021年追記:私がリアルフォースを購入した2013年当時は「テンキーレス・等荷重・白色」は売られていなかったのですが、先ほど確認したところ、なんと現在はそのタイプが販売されています!!

↑ただこちら、キーにかな印字が無いので、そこがちょっと普通と違うポイント。あと、ちょっと値段がお高いですね(定価31350円)。変荷重なら2万円未満程度なので、等荷重という魅力があるとはいえ、金銭的にきつく感じます。

リアルフォースが到着

そして!! 注文から二日後、ついに高級キーボード「Realforce 91U」が……。

NG0100 REALFORCE91U

↑き、き、き、キターー!!!

信頼の日本製

NG0100 REALFORCE91U

↑箱の裏。「MADE IN JAPAN」の文字が輝かしいぜ! 信頼の日本製!

NG0100 REALFORCE91U

↑本体はこちら! 新品とは思えないほどに落ち着いた、燻し銀のデザイン! もう十年はここにこうしておりますという顔をしています!

NG0100 REALFORCE91U

↑キートップはサラサラ。印字が、とても濃くてはっきりと見やすいです。

NG0100 REALFORCE91U

↑リアルフォース……本物の力……!

NG0100 REALFORCE91U

↑横から見たところ。「Realforce総合カタログ」によると、「人間工学にもとづいたステップスカルプチャーを採用」しているそうで、列ごとに打ちやすい角度がついています。

今までのキーボードとの比較

NG0100 REALFORCE91U

↑こちらが、今まで使っていたキーボード。2005年に購入した日立のプリウスというデスクトップパソコンに付属していたものです。

NG0100 REALFORCE91U

↑写真の上が旧キーボード、下がRealforce。比べると、Realforceの方が3㎝ほど横幅が短いです。

今までと変わったのは横幅だけではありません。キーの位置もいくつか変わりました。

NG0100 REALFORCE91U

↑変わったのは、Deleteキーと矢印キー。青丸が今までの位置で、赤丸がRealforceにおける位置。

これは、慣れるしかないです。きっと、ずっと使っているうちに慣れてくると思います。

キーが軽い

さて。この、三年も憧れを温め続けてようやく購入した「Realforce91U」。

初めてパソコンに向かって文字を打ったときの第一印象は、「キーが軽い!」ということでした。

古いキーボードより明らかにキーが軽いです。今まではキーを叩くように力強くバシャバシャ打っていましたが、その必要がなくなった感じです。

変荷重

そして、心配していた変荷重(小指で押すキー(AやZなど)が軽くなっている)。

これは、実際に使ってみると、意外とまったくと言っていいほど気になりませんでした

ただ、やっぱりAが軽くできてるんだなあと感じるのは、Aを使わない文章を打っているのに、なぜかAが入力されてしまうとき

たとえば、「って」(TTE)と入力したつもりが、「たて」(TATE)となってしまうのです。TとTの間にAが入力されている

これはおそらく、私が左手の人差し指と中指で「TTE」と打つときに、小指が「A」に載っているので、そのときに思わず「A」を少し押してしまっているのでしょう。

旧キーボードではまったく見られなかったタイプミスです。

しかしこれも、長く使っているうちに指が力加減を覚え、解消されていくだろうと思っています。

静かな打鍵音

打鍵音はとても静かになりました。今までは和室でキーボードを打っていると、居間にいた母に「すごい音だね」と言われていたのに、Realforceにしてから「今、何してるの? 静かだね」と言われるようになりました。

私は、家族に気取られずタイピングをしたかったので、この静かさは気に入りました。

打ち心地は小気味よい

そして肝心の打ち心地なのですが、これが実に不思議な感じなのです。

碁石を、碁盤にパチンと置いたときのような心地よさというのだろうか? 一打一打が正確で小気味よいです。

その、スラスラ打てていく感じを味わいたいために仕事をたくさんこなしてしまうという……。仕事をしたくなるキーボード。打つこと自体が楽しくなってくるキーボードです

これからどんどん使い込んで、体の一部のように扱えるくらい、自分に馴染ませていきたいです。

プリウスキーボード

↑こちら、旧キーボード。一番摩耗の激しい「T」は少し削れ、えぐれています。

今までありがとう旧キーボード! Realforceも、いつかこんな風になるかな?

購入四年後(2017年)追記

リアルフォースを使い始めてから約四年が経過しました。

このキーボードは本当に劣化しません

キートップの印字は黒々と濃いままだし、もちろんえぐれてもいません。

打ち心地も気持ち良いまま。頑丈で、安心して使えています。

軽い「A」キーを間違って押してしまうミスについては、皆無ではないものの、ここ一年ほどはほとんど出ていないと思います。

これからもなるべく長い間、ともにパソコンライフを歩んでいきたいです。

購入七年後(2020年)追記

リアルフォースを購入してからもう七年も経ったのですね。そんな風に思えないほど、毎日、新鮮な使い心地です。

軽い「A」キーは、未だに、たまに間違って押してしまいます。購入当初は「指が力加減を覚えて解消されていくだろう」と思っていたのに、やっぱり、元々の力のクセというのは簡単に変わらないものですね。

でも、使用上、まったく問題は感じていません。

相変わらずキーボードの印字は黒々として、えぐれも削れも無く、いつまでも新品のよう。

このままずーーっと、不具合無く頑張ってほしいです!

リアルフォース「テンキーレス・変荷重」タイプ

リアルフォース「テンキーレス・等荷重」タイプ

マジェスタッチ茶軸(テンキーレス・等荷重)

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

REALFORCE91U

高級キーボードRealforce(リアルフォース)を注文~購入に至るまでの経緯

三年前から「今使っているキーボードが壊れたら買おう」と思い、憧れていた高級キーボードRealforce(リアルフォース)。色々迷い、葛藤したあげく、ついに購入に踏み切ってしまいました!

記事を読む

Realforce 91U

仕事がしたくなるキーボード「リアルフォース」は、正確な打ち心地が小気味よい【購入後レビュー】

高級キーボードRealforce(リアルフォース)、ついに届きました! 一打一打が正確で小気味よく、ずっと打っていたくなるキーボードです。三日間使い込んだ今、もう元のキーボードには戻れない!

記事を読む

フィルコテンキー

「+」「-」「*」がキーボードにない! やむなくテンキー購入→早とちり発覚

横幅の狭いテンキーレスのキーボード(Realforce 91U)を買ったのですが、そのせいで、「+」「-」「*」がなくなってしまいました。不便なのでテンキーを別途購入したのですが……。

記事を読む

新しいパソコンに古いキーボードをつなごうとしたら「PS/2ポート」接続タイプでつなげない~USB変換ケーブル購入で解決

新しいパソコンに手持ちのキーボードをつなごうとしたのですが、接続端子が違っていてつなげず。諦めようと思ったのですが、「PS/2をUSBに変換してくれるケーブル」の存在を知り、購入して解決しました!

記事を読む

キースワップ

キーボードのキー機能を変更できるソフト「KeySwap」で「無変換」を「F5」に

ページの再読込をしたいとき、「F5」キーが遠くて不便でした。そこで、「KeySwap」というソフトを使い、「無変換」キーに「F5」機能を割り振ることに。

記事を読む

フォトショ画面

突如起こったパソコンの奇異。原因はテンキー。

突如、パソコンに、ウィルス感染したかと思うような奇異が発生しました。勝手に開きまくるソフト。エンターを押しっぱなしにしたように下降するカーソル。原因は……。

記事を読む

札幌はらドーナッツ

自然派はらドーナッツを油抜きして食べる(札幌旅行4)

ずっと気になっていた自然派の「はらドーナッツ」を、札幌に行った際に買ってきました! 油っこいという口コミを見かけていたので、よ~く油を抜いてから食べてみました。

記事を読む

富士通LIFEBOOK AH53/M

富士通のノートパソコンをアウトレット(未使用・未開封・旧モデル)でお得に購入【母のインターネット1】

退職した母が自由にインターネットをできるようにノートパソコンを買うことにしました。VAIO亡き今、選んだのは日本製にこだわる富士通! アウトレットでお得に買えました!

記事を読む

【マウス】エレコム「握りの極み」購入~つかみやすく、手にすぐ馴染む。ボタンに機能を割り振れるのが便利

五年間使ってきたマウスの調子が悪いので新たなマウスを買いました。エレコム「握りの極み」。商品名の通り、つかみやすい! 5ボタン式で、「切り取り・貼り付け」等の機能を割り振れるのが便利です。

記事を読む

パソコン画面(VAIO)が急にチカチカ故障?~慌てて富士通のデスクトップPC(FMV)を購入

もうすぐ使用8年目に入るソニーのVAIO。ある夜、画面が急にチカチカと明滅して、「すわ、故障か?」とびっくり。急いで新PC(富士通FMV)を購入しました。

記事を読む

携帯電話のデータをパソコンに移すマイクロSDカード

携帯電話の画像や動画データをパソコンに移すため、マイクロSDカード(アダプタ付き)というものを購入しました。

記事を読む

雷ガード付きの電源タップ(延長コード)購入~これでヨーグルトメーカーの電源コードを引っかける心配無し【ほこりシャッター付き】

延長コードが無くて、短いコードのままヨーグルトメーカーを使っていたら引っかけて棚から落としてしまったので、電源タップを購入しました。これで引っかける心配がなくなって安心です! 使い勝手も良い!

記事を読む

ICカードリーダーライター

母のインターネット確定申告(e-tax)のために「ICカードリーダーライター」(USBタイプ)を購入

昨年定年退職した母が、初めてインターネット確定申告(e-tax)に挑戦することになりました。それに必要な「ICカードリーダーライター」なるものを購入!

記事を読む

SANWA SUPPLY MM-MC1 マルチメディアマイクロフォン

パソコン用マイク購入~その日の仕事の予定を音声メモで残すとあとで面白い

私のパソコン周りにはマイクがありませんでした。それでも不自由なかったのですが、最近、パソコンに音声メモを残したいと思うように。そこでマイクを購入することにしました!

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るPC関連の話題」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見るPC関連品レビュー」の記事をもっと見る
運営者紹介

健康探究ブログ」運営者のです。

食べたもの買ったものレビューが中心。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年(記念記事はこちら)を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細