納豆ご飯定食から始まる休日~フライドポテトを食べ、最後に、紅茶を飲みながら映画・ドラマの鑑賞

↑2010年1月6日の昼食です。小豆入り玄米ご飯(黒胡麻がけ)、ごぼう汁、納豆(梅干し、長ねぎ入り)、もろみべったら漬け、焼き海苔、大根ときのこの醤油炒め煮

こういう食事は本当に体の清らかさを保ってくれます。

大根ときのこの醤油炒め煮には初めて千切り生姜を加えてみたのですが、これが大ヒット! 香りが良くなりました。

スポンサーリンク

追記:一ヶ月後

納豆ご飯定食

↑2010年2月13日。今日の昼食は納豆ご飯定食きんぴらごぼうでした。

フライドポテト

↑おやつは、一昨日も食べた手作りフライドポテト(レシピ)。母が揚げてくれました。

芋はお腹にたまりますね。

映画鑑賞

その後は紅茶を飲みながら、BSデジタルで放映されていた映画『ベッカムに恋して 』(←「親に従うと親を恨むことになる」という台詞が印象的だった)、『エデンの東』(←初めてジェームス・ディーンの演技を見た)を鑑賞。

夜の十時からはNHKドラマ『蒼穹の昴 』(←最近原作が気になっている)。

いかにも休日という感じの一日を過ごしました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

納豆ご飯定食に、好物のうどの酢味噌和えを添えて超豪華

今日の昼食はおかずが多い! 基本の納豆ご飯定食に、きんぴら、大根ときのこの炒め煮、ウドの酢味噌和え。

記事を読む

納豆ご飯定食+冷や奴~冷や奴にかける醤油は「国産有機生しぼり醤油」

いつもの納豆ご飯定食に、冷や奴を添えました。生姜、刻みねぎ、かつお節、有機生しぼり醤油をかけていただきま~す!

記事を読む

母が作ってくれた、一汁五菜の野菜たっぷりすぎ定食

母が作ってくれる料理はとにかく野菜が多い。「野菜をたくさん食べなきゃ便秘になっちゃう」が母の口癖です。

記事を読む

体に良い「納豆ご飯定食」~一日に一度はこういう食事をとるのが理想

玄米ご飯に、納豆、梅干し、ごぼう汁、きんぴらごぼう…。こういうピシッとした食事を一日に一度は摂るのが私の理想です。

記事を読む

陰陽的にも栄養価的にも良い食事~かぼちゃ粥、味噌汁、きんぴら、モロヘイヤのおひたし

療養食として母が体に良い食事を作ってくれました。バランスが取れています!

記事を読む

父に、飽きないのかとよく聞かれる「ごぼう汁」

ごぼう汁を食べない父に、私が毎日ごぼう汁を食べているのを「飽きない?」と聞かれますが、飽きません!

記事を読む

豪華に野菜天ぷら定食~卵を使わない衣で【レシピ】

今日のメインは、卵を使わない衣で揚げた野菜天ぷらです。

記事を読む

一日一食、あとは間食~「一食」を、かなり体に良いものにする

私の食事スタイルは、「一日一食、あとは間食」です。一食を、かなり体に良いもので構成します。

記事を読む

「梅ネギ納豆ご飯」のレシピ更新~納豆ご飯定食の主食

「梅ねぎ納豆ご飯」のレシピをアップしました。納豆に梅干しと長ネギ、めんつゆを入れてかき混ぜ、玄米ご飯にかけて食べます。

記事を読む

おにぎり・ごぼう汁定食と納豆の根性食い(納豆をタレ無しで食べる)

寒い日は、「おにぎり・ごぼう汁定食」のように陽性度が高いメニューが美味しい。別添えの納豆にはめんつゆをかけて食べることもあれば、そのまま食べることもあります(根性食い)。

記事を読む

夏バテの虚弱な胃に鉄火味噌おにぎり

熱帯夜が続き食欲が減退……。そんなときでも食べられるありがたいアイテムが鉄火味噌おにぎりです。

記事を読む

大豆と小豆入り玄米ご飯~大豆は浸水無しで圧力鍋で炊ける

玄米ご飯に大豆を混ぜて炊いてみました。大豆は浸水なしで炊いたのですが、圧力鍋だからうまく火が通りました。香ばしくて美味しい!

記事を読む

ごぼう汁の主食に玄米ではなく「胚芽米ご飯」を試してみたら合わなかった

野菜を炒めてからどろどろに煮込んだ濃~い汁物「ごぼう汁」には、白米よりも玄米ご飯の方が合うことがわかりました。

記事を読む

シナモンロール生地のバターを植物油(紅花油)に置き換えてみた~あっさり風味だがパンとしての体裁は整っている

シナモンロール生地からバターを減らす実験をしました。最終的に、バター全量(50g)を紅花油に置き換えても大丈夫という結論に。ただ、バター不使用だとあっさりしているのでシナモン多めにするのがおすすめ。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る一日一回の基本食」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細