父に、飽きないのかとよく聞かれる「ごぼう汁」

父は日頃、「白ご飯+鶏肉入り野菜炒め+冷や奴」のような食事を自分で用意し、私とは別に摂っています。

下記のような玄米ご飯が主食の質実剛健な食事はあまり得意ではないようです(笑)。

納豆ご飯定食+α

↑【納豆ご飯定食、生わかめの生姜おろしのせ(かけぽんがけ)、ひじきの煮物、三度豆炒め

スポンサーリンク

父と台所が重なる

そんな父と、食事の準備時間が重なって、台所で一緒に作業することがあります。父が自分の野菜炒めを作っている隣で、私がごぼう汁を温め直すような感じです。

すると父は私の手元を見て、「それ何」と聞いてきます。うちでは「ごぼう汁」(通称ごぼ汁)というのは「病気を治すための栄養豊富な汁物」として有名なので、「ごぼ汁」と答えれば「ふうん」と父も理解します。

しかしその後、父が必ず聞いてくることがあります。「毎日食べていて飽きない?

……なぜ毎回聞くのだろう。あんまり真面目に聞いていなくて、私の答えを覚えていないんだろうか? と思いながら「飽きないよ」と答えています。

「体に良いと思えば飽きないよね」と、これまた毎回同じことを言いながら納得する父。最初の頃は色々とごぼう汁の良さを説明していたりしたのですが、最近はもう「うん」で済ませています。

ごぼう汁は、理屈じゃないのだぁ~! だって、病気で心底弱った体をぐぐぐっと立て直してくれたのはこのごぼう汁なのです。私にとっては必需品!

(ごぼう汁について詳しくは「ごぼう汁の効能の秘密」参照)

多分今後も、また「飽きないの?」と言われることがあると思いますが、「飽きないよ」と答えながらごぼ汁生活を続けようと思います!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

おにぎり・ごぼう汁定食と納豆の根性食い(納豆をタレ無しで食べる)

↑今日の昼食はおにぎり・ごぼう汁定食+きんぴら+大根おろしです。 (『おにぎり・ごぼう汁定食誕生秘話』はこちら) ここ数ヶ月間は納豆ご飯がブームで、納豆ご飯・ごぼう汁定食を好んで食べてきたのですが、日曜から五日間連続でおにぎり・ごぼう汁定食に回帰しています。 やっぱり、外がかなり冷え込んでいるせいでしょうか。鉄火味噌おにぎりのぎゅっとした陽性加減が体に心地よいです。 それにやっぱりおにぎりって美味しいですよね。米+塩+海苔のコンビネーションは最高です! スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); (adsbygoogle

記事を読む

「梅ネギ納豆ご飯」のレシピ更新~納豆ご飯定食の主食

「梅ねぎ納豆ご飯」のレシピをアップしました。納豆に梅干しと長ネギ、めんつゆを入れてかき混ぜ、玄米ご飯にかけて食べます。

記事を読む

体に良い「納豆ご飯定食」~一日に一度はこういう食事をとるのが理想

玄米ご飯に、納豆、梅干し、ごぼう汁、きんぴらごぼう…。こういうピシッとした食事を一日に一度は摂るのが私の理想です。

記事を読む

納豆ご飯定食から始まる休日~フライドポテトを食べ、最後に、紅茶を飲みながら映画・ドラマの鑑賞

ある日の休日。食事は「納豆ご飯定食」からスタート。おやつにフライドポテトを食べ、最後は映画とドラマ鑑賞。いかにもな休日です。

記事を読む

豪華に野菜天ぷら定食~卵を使わない衣で【レシピ】

今日のメインは、卵を使わない衣で揚げた野菜天ぷらです。

記事を読む

一日一食、あとは間食~「一食」を、かなり体に良いものにする

私の食事スタイルは、「一日一食、あとは間食」です。一食を、かなり体に良いもので構成します。

記事を読む

納豆ご飯定食に、好物のうどの酢味噌和えを添えて超豪華

今日の昼食はおかずが多い! 基本の納豆ご飯定食に、きんぴら、大根ときのこの炒め煮、ウドの酢味噌和え。

記事を読む

母が作ってくれた、一汁五菜の野菜たっぷりすぎ定食

母が作ってくれる料理はとにかく野菜が多い。「野菜をたくさん食べなきゃ便秘になっちゃう」が母の口癖です。

記事を読む

夏バテの虚弱な胃に鉄火味噌おにぎり

熱帯夜が続き食欲が減退……。そんなときでも食べられるありがたいアイテムが鉄火味噌おにぎりです。

記事を読む

陰陽的にも栄養価的にも良い食事~かぼちゃ粥、味噌汁、きんぴら、モロヘイヤのおひたし

療養食として母が体に良い食事を作ってくれました。バランスが取れています!

記事を読む