ウォーキングマシンが届いた!~音が静かでベルトも長く歩きやすい

シェアする

注文してあったウォーキングマシン(電動ウォーカー SB-1200)が、ついに到着しました!

開梱と組み立て

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑どれだけ大きい荷物が来るかとドキドキしていたのですが、まあ、そこまで大きな包みではなかったので一安心。畳一畳分くらいでしょうか。男性配達員さんが一人で玄関先まで持ってきてくれました。

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑とりあえず段ボールの上部を開けると、中にウォーキングマシンと発泡スチロール、説明書、部品類が……。いやはや、ここからどうやって出すか。

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑付属の床保護マットをまず取り出します。

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑その上に、段ボールを横たえて、カッターで切り開いて、段ボールを抜いて……と、あまり広くない場所での作業に苦戦しながらもなんとか中身を取り出すことに成功。開梱を始めてからここまで20分。私一人でできました。

ここから、母と二人で居間まで運びます。そして、説明書を読みながら組み立てること一時間……(初めてだったので勝手がわからず時間がかかりました。二回目以降であればおそらく30分ほどでできるくらいの作業量です)。

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

できたぁーーっ!!

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑電源コードをコンセントに差したら、本体前面にある電源スイッチを……。

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑オン! これで操作ができるようになります。

操作パネル

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑操作パネルはこんな感じ。「スタート、ストップ」「スピードアップ、ダウン」等の基本的なボタンの他、「プログラム」「モード」というボタンがついています。

プログラム」は、30分1コースで設定されている全12プログラム(90秒ごとに速度が様々に変化する)の中から好きなプログラムを選ぶことができます(プログラム内容は説明書に記載)。

モード」を押すと、「走りたい距離」を1㎞から500mおきに設定することができて、そこまで走ると自動的にウォーキングマシンが停まるようになっています。

転倒した場合の事故防止

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑操作パネルについている小さな赤い円盤はセーフティーキーという名称のマグネットで、クリップとヒモでつながっています。

このセーフティーキーが外れるとウォーキングマシンが緊急停止する仕組みです。

クリップを衣服につけて走行することで、万が一転倒した場合にヒモが引っ張られてセーフティーキーが操作パネルから外れ、ウォーキングマシンが停まるので大事故になるのを防げます。

脈拍も測れる

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑持ち手部分には金属が仕込まれていて、ここを握って運動すると脈拍が測れます

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑左の持ち手には、「スタート、ストップ」ボタン。

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑右の持ち手には、「スピードアップ、ダウン」ボタンがついているので、運動中に何かウォーキングマシンの動きに変更を加えたくなったとき、わざわざ操作パネルまで手を伸ばす必要がありません。

傾斜角度をつけられる

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑本体後方の「足」で、傾斜角度を三段階(水平、3.7%傾斜、7%傾斜)の中から選んで調整できます。写真は「水平」の状態です。

乗ってみた

ドキドキしながら早速乗ってみました。「スタート」ボタンを押すと、「ピッピッピッ」と響き渡る電子音で3秒カウント。そこから、「時速0.5㎞」の速度で動き始めます。

お……お……おお~~。これが……ウォーキングマシン! いいわ~! 家の中で歩けているなんて夢のようだ! 歩きたかったんだよ! 嬉しい~~!

「時速0.5㎞」だとさすがにゆっくりすぎるので、「スピードアップ」ボタンで時速0.1㎞ずつ上げていきます。最終的に「時速3.3㎞」まで上げました。

おお~! 快調快調! 音もなかなか静かです。

試しに時速4㎞まで上げてみると、大股で歩かなければいけなくなりましたが、ベルトの長さに余裕があって足が後ろにはみ出る心配もありません(私は身長161㎝なので大丈夫でしたが、背の高い方だと感じ方がまた違う可能性もあります)。

そのまま、15分歩きました。体がじんわりとポカポカして、気持ちよかったです。

付属の床保護マットが活躍

付属の床保護マットは厚手(8mm)のフエルトっぽい素材なのですが、これが、ウォーキングマシンを載せたまま引っ張るとフローリングの上で軽くスルスル動かせて良い感じです。

おかげで、ウォーキングマシンを簡単にテレビの方向に動かせて、テレビを見ながらのウォーキングを楽しめました。

折りたたむのがちょっと大変

ただ、一つ、ちょっと予想外だったこと……。↓

ウォーキングマシン スカイウォーカー SB1200

↑それが、折りたたみ機能。ウォーキングマシンを折りたたむには「ノブボルト」というのを外す必要があるのですが、このノブボルト、付属のスパナを使わないと外せないのです(笑)。

組み立てる際にスパナで締めたボルトを、折りたたむ際にスパナで外すという感じ。できないことはないです。でも、運動が終わるたびにその作業をするのはけっこう面倒です。

というわけで、当初は、使わないときは折りたたんでおくつもりだったのですが、折りたたまず出しっぱなしにすることにしました(笑)。それでも、本体が真っ黒で、走行面も低いので、あまり圧迫感もなく置けています。

総合的に、ウォーキングマシンとして「過不足ない」という感じで、現段階では気に入っています。あとは耐久性がどうか……というところですね。毎日使い続けて様子を見てみます。

さあ、歩くための筋肉を鍛えるぞ!

(2015.6.25追記:購入から約九ヶ月。毎日15分間使っていますが、現在のところまったく不具合はありません。)

追記:三年後も快調

2017年追記:このウォーキングマシンを購入してから三年が経ち、ほぼ毎日「時速3㎞で15分間」使用してきましたが、現在も調子が良いです!

このウォーキングマシンを使っていて一番良いと思うのは軽さですね。

商品重量28㎏というのは、中価格帯のウォーキングマシンとしては最軽量の部類です。

軽いおかげで、ウォーキングマシンをのせたまま床保護マットを引っ張るとスルスル簡単に動かせて、テレビを見ながらウォーキングができる。

これがもしもっと重たくて、テレビの方向に楽に向けられなかったら、歩行運動が面白くなくて続けられないところでした

テレビを見ながら歩けるから、続けられるんです。

うちの場合は、家具の配置上、ウォーキングマシンをテレビの方向に向けて常設……ということができないので、動かしたいときに簡単に動かせるこの機種が本当に合っていたと思います。

使える限りはずっと使っていこうと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

ウォーキングマシン 酔う

ウォーキングマシンで乗り物酔い~時速を徐々に落として停止させると大丈夫

ウォーキングマシンで15分歩いて地面に降りると乗り物酔いの症状が発生! 急に止めるからだと思い、徐々に速度を落として体を慣らしてから止めることにしました。

記事を読む

ペダラ

靴下のままウォーキングマシンを使ったら足首が痛くなったのでウォーキングシューズを履く

先日購入したウォーキングマシン。靴下で歩いていたら、足首が痛くなってきました。そこでウォーキングシューズを履いて歩いてみたところ、これがすごく良い! 楽!

記事を読む

踏み台昇降 ステップウェル

踏み台昇降を一日15分実践して一年半~体力がだいぶついてきた

一日15分間の「踏み台昇降」運動を行っています。回転性のめまいが改善され、体力もついてきました!

記事を読む

ウォーキングマシン

疲れにくい体を作る「インターバル速歩」(早歩きを混ぜる)をウォーキングマシンで試してみた(ためしてガッテン)

NHKためしてガッテンで紹介された「インターバル速歩」(早足とゆっくり歩きを混ぜる)というトレーニング方法をウォーキングマシンで試してみたら、けっこう大変でした! 自分に合ったやり方を探します。

記事を読む

ウォーキングマシン

ウォーキングマシン購入を決める~歩くのに必要な筋肉を鍛えるため

踏み台昇降を毎日続けて二年以上。踏み台昇降だけでは鍛えきれない「歩くのに必要な筋肉」を鍛えるため、ウォーキングマシンを購入することにしました。

記事を読む

「ぶら下がり健康器」に一日10秒ぶら下がって姿勢(猫背)が良くなり、懸垂でストレートネック(スマホ首)改善

握力向上の目的で「ぶら下がり健康器」を購入して毎日10秒ぶら下がっていたら、背筋が強化され姿勢が良くなりました。懸垂も取り入れたところ、ストレートネックも改善!

記事を読む

ウォーキングマシン

ウォーキングマシン運動を継続できる速度は?~時速3.3kmだと膝が痛いので時速3kmに

ウォーキングマシンで歩くとき、なるべく運動効果を高めたいと思ってやや早足設定にしたら膝が痛くなりました。継続できるよう、少し速度を落とすことに。

記事を読む

青竹踏みの効果~足裏のコリが取れてポカポカに

青竹踏みが届いたのでやってみたら、すごいマッサージ効果で足裏のコリが取れました。足の血行も良くなりポカポカです。

記事を読む

トレーニングで筋力アップ

室内(自宅)でできる簡単な筋力トレーニングで体力アップ

長い療養生活で落ちてしまった筋力を取り戻すべく、一ヶ月ほど前から室内でできる軽い運動を少しずつ始めています。

記事を読む

【ぶら下がり健康器】手のマメ防止にトレーニンググローブ購入~手の痛み軽減、マメも治った

ぶら下がり健康器に素手でぶら下がると手のひらが痛い&マメができるので、これを防止するためにトレーニンググローブを購入しました。軍手と二枚重ねすることでより効果アップ。

記事を読む