【線香】安すぎるのが怖くて買えなかった「仙年香」をやっと試してみた~香りは安っぽくない。意外と自然系。

以前も書いたように、私は丁子(ちょうじ)の香りが好きなんですよね。↓

↑丁子は、別名「クローブ」で、スーパーの香辛料売り場に置いてあります。

福井旅行の際に、宿泊した旅館の部屋の備品として「丁子染めの靴下」が置いてあり、それの香りをとても気に入って、以来、丁子が好きになりました。

スポンサーリンク

丁子の香りの線香

丁子好きな私としては!! 丁子の香りの線香があったら良いのになと思うわけです。

そこで、「丁子 線香」で検索をかけて、見つけたんですよ!!

スパイシーな丁子を中心にした伝統的な香り

と商品説明にある線香を!!

それが、孔官堂(こうかんどう)の仙年香(せんねんこう)というお線香です。↓

↑この線香には、とても興味を持ちました。せっかく、丁子の香り主体の線香を見つけたのだから、買えば良いのです。

そうなのですが……。

どうしても、私はこの仙年香を買うことができませんでした。

なぜなら……仙年香が安すぎるからです!!

安くて怖い

仙年香は、125g(約320本入り)で、702円

一本あたり約2.2円という、経済的な線香です。

しかしこの安さが私は怖かった

私が今まで購入した線香の中で、最も安かったのは「くすの木せんこう」。

けれどこの「くすの木せんこう」でさえ、70g(約220本入り)で900円程度と、1本あたり4円は超えているのです。

それが、仙年香はいきなりその半額??

安い理由を考えてしまう

……やっぱり、お買い得な値段になるには、それなりの理由があるんじゃないかと思ってしまうのです。

高価な香木は使えないから、大量に安価な人工香料を使っているんじゃないかとか……。

屋外の墓参りなどで使うならまだしも、室内で焚く線香で人工香料がきつすぎると、匂いに酔ってしまって、具合が悪くなってしまいます。

仙年香って、そういうたぐいの線香ではないのかなあ?

……と、興味より恐怖が先に立ち、気になりつつも回避する生活を三年以上は続けていたと思います。

700円捨てるつもりで

しかし。やっぱり気になることは気になるんですよね。この線香。

どんな香りなのか、少しでもヒントを得たくてネットの口コミを探したのですが、この線香のレビューは非常に少なくて、香りの想像がまったくつかない。

お試しサイズでもあれば一番良かったのですが、最小サイズでも320本入りで、いやそんなにいらないよと思いながらも、もう、ここまで来たら一回買ってみるしかなくない?? という思いを抱くに至ってきました。

もし、人工香料のきつい線香だったら、ほとんど使えないままに廃棄することになるかもしれない。

そうなったら、700円をドブに捨てることになってもったいないな……。

でも!! もう、それでもいいや!! 丁子の匂いが主体の線香って、どんなものなのか、超気になるもん! 一度買ってみよう!!

仙年香 線香レビュー

↑というわけで!! ついに買ってみた!! 噂の仙年香!!

見慣れぬ素材

仙年香 線香レビュー

↑「スパイシーな丁子の伝統的な香り」!! そうそう、これが気になってたんだよ!!

仙年香 線香レビュー

↑箱を開けると説明書きが入っていました。

それによるとこの仙年香、1904年(明治37年)に発売されたとのことで、けっこうなロングセラーですね。

そして、入っている素材として書かれていたのは

丁子、桂皮、山奈(さんな)、甘松(かんしょう)、天然龍脳、藿香(かっこう)、白檀、ベチベル草

と、かなり聞き慣れない名称の数々。

丁子、桂皮、甘松、龍脳、白檀あたりはまあよく聞きますが、山奈とか、藿香とか、ベチベル草って……聞き慣れないです。

特に、なんだよベチベル草って!!(笑)

と思って調べたところ、ベチベル草は別名「ベチバー」ともいうようで、インド原産のイネ科の多年生草本。

森林や草原を思わせる香りで、その香料は香水「シャネルNo.5」にも使われているとのこと。へえ~、そうなのか。(参考:wikipediaベチベルライフ

山奈、藿香について

その他、初耳の二種についても調べたところ、

【山奈】…ショウガ科の多年草でカレー粉の香辛料にも使われる。樟脳に似た香り。漢方では冷えに利用される。(参考:中屋彦十郎薬局
【藿香】…シソ科の多年草。ウッディで上品な香り。漢方薬としては、下痢や制吐剤、解熱剤として利用されている(参考:梅薫堂

……とのことで、人工香料系というよりはわりと自然系なのかな? という印象。香木より、生薬が多く使われていますね。

変わった香り

仙年香 線香レビュー

↑説明書きをめくると! おっ! すごく真っ黒!!

仙年香 線香レビュー

↑一本手に取ってみると、なんだか線香表面がすごくデコボコ、ザラザラです。指の皮膚に引っかかる感じ。

何か、粒子の粗い材料が入っているのかな?

そして、ついにその匂いを嗅いでみたところ……。

………………ん?

……なんだこの香り。なんていうんだろう。

おばあちゃんちのタンスを思わせるような古風な甘い香りに、酸味が混ざったような??

けっこう変わった香り。系統としては零陵香(レビューはこちら)が近いかも? 全然、私がイメージしていた丁子っぽさは無いです(汗)。

焚いてみた

そのまま嗅いだら丁子っぽくなかったけれど、煙は違うかも。どんな香りなのか早速焚いてみたところ……。

おっ。これは……。

これは、何だ? やっぱり丁子の香りとは違う。

夏の、湿度が高い草むらの香りに、甘さを足した感じの香り。

うん。「草むら」というのが一番近いんじゃないかなあ。

香りは意外と控えめで、供養部屋を閉め切っていればほとんど匂いは漏れてこず、その点はホッとしましたし好印象を持ちました。

案外使えそう

というわけで、初の「仙年香」。

これだったら一箱使えそうだぞ!! というのが、一番思ったことです(笑)。

安いので、香りもあまり上品ではないのかと危惧していましたが、意外とそんなことはなく、この値段でこの香りならお買い得なんじゃないかと思いました。

さすが、百年以上売れ続けているお線香なだけありますね!

普段使いにお手頃な線香を探していて、けれどあまり人工的な、キツすぎる香りはイヤだという方にお勧めできるものだと思います。

いやー、気になり続けていた「仙年香」をやっと試せて!! 良かった!!

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

永平寺でも使われている線香「零陵香」を試してみた~今までで一番個性的な香り

かの有名な福井県の永平寺でも使われているという線香「零陵香」を買ってみました。伝統的な香りかと思っていたら、全然違う、個性的な香りで驚きました。

記事を読む

【線香】「白檀高野霊香」は天然白檀をふんだんに使った本格派~爽やか柑橘系の上品白檀

普段使いのご先祖様供養線香として愛用している「銘香高野霊香」と同じメーカーから出ている「白檀高野霊香」を試してみました。予想に反して、香りが薄く、爽やか系。でもどぎつくなくて使いやすいです。

記事を読む

【線香】「沈香五筆」は、むせかえるような甘い匂いが女性的【五筆シリーズ最高峰】

以前試してなかなか良かった「銘香五筆」の上位バージョン「沈香五筆」を試してみました。とても甘い香りで女性的。

記事を読む

高級線香「銘香五筆」、買ったばかりだと匂いが強すぎて車の芳香剤っぽかったのが、12日置いたら良い香りに変化

普段使いもできる高級線香の候補として買った「銘香五筆」。購入したばかりのときは香りが強すぎて、これは使えないと思い放置。しかし12日後に再チャレンジしてみたら、匂いが弱まり、香木に近い良い香りに変化していました。これなら使える!

記事を読む

奥野晴明堂ゼロ

香料ゼロ線香(奥野晴明堂 ゼロ)の意義

いつも使っている「くすの木せんこう」の買い置きがなくなったのでまとめ買いしたら、おまけに「ゼロ」という名の無香料・微煙タイプの線香がついてきました。線香なのに無臭・微煙とはこれいかに。

記事を読む

華やかな香り、かつ、経済的な線香を求めて「福運白檀」を買ってみた

ご先祖様供養に使う線香で、普段使いしているのは「くすの木せんこう」なのですが、これより香りが華やかで、かつ、特別な日用の「風韻沈香」よりは経済的な線香が欲しくて、「福運白檀」という線香を買ってみたのですが…。

記事を読む

【線香】天然香料100%「銘香高野霊香」は、重厚感ある豪華な香り~普段使いの線香として理想に近い

高野山の金剛峯寺でも使われている「銘香高野霊香」という線香を買ってみました。合成香料不使用なのに豪華な良い香りで、価格も高すぎず、なかなか気に入りました!

記事を読む

くすの木せんこう

体に優しい「くすの木せんこう」でご先祖様供養

毎日のご先祖様供養も四年目に入りました。現在使っている「くすの木せんこう」は、合成原料不使用で、煙を吸っても体調が悪化しないところが好きです。

記事を読む

【線香】「沈香零陵香」は零陵香シリーズ最高峰。桜餅のような甘さを感じる本格派【零陵香の高級版2】

零陵香シリーズ三種レビューの最終版です。この「沈香零陵香」は三種の中で最も高級品。ポマード臭に桜餅のような甘さの混ざった濃厚な香りです。

記事を読む

【線香】風韻の「沈香」でご先祖様供養【化学香料無添加】

お試しセットで試した高級線香・風韻沈香の45g入りを買いました。無添加で本物の香り! 静かなお堂を思わせる、静かで凜とした香りです。

記事を読む

【線香】「新特撰零陵香」は懐かしい昭和チックな香り。渋みのあるポマード系。【零陵香の高級版1】

零陵香の上位バージョン「新特撰零陵香」のレビューです。零陵香は若々しい匂いでしたが、こちらは渋い匂い。残香が弱いのが好印象です。

記事を読む

【線香レビュー】麗しき本物の線香(風韻シリーズお試しセット:白檀、沈香、伽羅)【化学香料不使用】

自然の香木を使用し、染料・化学香料・添加物などは一切不使用という高級線香「風韻」のお試しセットを取り寄せてみました。気品のあるとても良い香りで驚きです! 本物はやっぱり違う!

記事を読む

【線香】「大香木白檀」の長寸を買ったつもりが間違えてもっと長い線香(大薫香)購入~箱を開けたら太すぎた

お盆の供養に「長寸」(普通より長いサイズ)の線香を買ったつもりが、届いてみたら想像以上に長すぎ太すぎの線香でびっくりしました。間違えて、長寸よりさらに一段階上のサイズのものを買ってしまったようです。

記事を読む

香樹林

供養のための線香買い足し~香樹林(長寸)、風韻白檀

ご先祖様供養のための線香の在庫が尽きそうだったので、お気に入りのものを買い足しました。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る線香レビュー」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細