【線香】「吟撰 薫翠」は沈香が主原料で、空港を思わせる男性用コロンのような香り。時間の経過で匂いが飛ぶ度、歴代ナンバーワン

先日、「名香 薫翠」という線香のレビュー記事を書きました。↓

江戸時代の配合を忠実に復刻したという線香「名香 薫翠」を買ってみました。江戸時代というわりに香りは現代風でしたが、匂いは薄めで使いやすい。私の体質には少し合いませんでしたが、試す価値あり。

↑この「名香 薫翠」にはもうワンランク上の姉妹品があり、「2000円以上で送料無料」の条件を達成するために何かもう一つ買う線香として価格がちょうど良かったので、購入してみました。↓

奥野晴明堂 吟撰 薫翠 復刻版

↑それがこちら! 「吟撰 薫翠」!!(324円)

名香 薫翠」は90本入りでしたが、こちらの「吟撰 薫翠」は、同じ価格で、数えたところ59本入りで、確かに1本あたりの値段が高くなっています。

線香一本当たりの値段

名香 薫翠…3.6円

吟撰 薫翠…5.4円

↑ただ、「名香」よりは高いですが、この「吟撰」の「1本5.4円」というのも、線香としてはそこまで高価な部類ではなく、どちらかというと経済的な方に入ってくると思います。

スポンサーリンク

沈香ベース

奥野晴明堂 吟撰 薫翠 復刻版

↑この「吟撰 薫翠」は、

沈香を主原料に、「甘松」「桂皮」「丁子」等の十二種の漢方生薬を厳選し、練り上げられた神秘的で優雅な香り(引用:吟撰 薫翠 商品説明

とのことで、焚く前の匂いを嗅いだところ、確かに、「沈香系」に分類される線香らしい、甘さの少ない、男性用香水のような香りを感じました。

自然な香木の沈香というよりは、もっと派手な、人工香料っぽい沈香です。

たとえて言うなら、シティーホテルとか、空港を思い出すような匂い(どういうことだ。笑)。

焚いてみた

奥野晴明堂 吟撰 薫翠 復刻版

↑この線香をご先祖様供養時に焚いてみたところ、なんだか、香りがとても渋い

わりと高年齢のダンディーな男性がつけていそうなコロンを思わせる香りです。

匂いは弱めで、供養部屋を閉め切っていればあまり外に漏れては来ず、そこは好印象でした。

数ヶ月後、匂いが弱まりまくる

……ここまでの経緯であれば、まあ、線香としては普通なのですが、この線香が他と違ったのはここからでした。

私は、線香のレビュー記事を書く前に、線香の匂いを「見極める」ならぬ「嗅ぎ極める」ために、日を置いて焚くことを繰り返し、香りの印象を確認するのですが、この「吟撰 薫翠」、購入から四ヶ月も経った頃には、匂いがすっかり弱くなってしまったのです。

焚く前の匂いはもう「ゼロ」レベル。

焚いてみたら、香りらしい香りはなくて、煙っぽい匂いだけというか、強いて言うなら段ボールのような香り……?

時間の経過で香りが飛ぶ度、私の経験では歴代ナンバーワンです。

咳き込んだ

加えて、その煙の匂いを嗅いでいたら、ゲホゲホと咳き込んでしまったんですよね。

線香の煙でむせて咳き込んだのは初めてです。

名香 薫翠」も匂いで体調が優れなくなってしまったし、私の体質にはこの「薫翠」シリーズは合っていないのかなあ? と、若干の挫折感が漂ったりしています(苦笑)。

線香としては悪くない

ただ、この線香、線香としては悪くないと思います。

そこそこ手を出しやすい価格で、匂いも上品な部類ですし、時間経過とともに匂いは弱まりますが、その煙っぽい匂いも、どぎつすぎる人工香料系の香りよりは全然マシというか。

私は、個人的に少し体質に合わないところがありましたが、それも人によりけりだと思うので、低価格のお試し線香で確認してみるのは良い手段かなと思います。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

【線香】「沈香五筆」は、むせかえるような甘い匂いが女性的【五筆シリーズ最高峰】

以前試してなかなか良かった「銘香五筆」の上位バージョン「沈香五筆」を試してみました。とても甘い香りで女性的。

記事を読む

【線香】「新特撰零陵香」は懐かしい昭和チックな香り。渋みのあるポマード系。【零陵香の高級版1】

零陵香の上位バージョン「新特撰零陵香」のレビューです。零陵香は若々しい匂いでしたが、こちらは渋い匂い。残香が弱いのが好印象です。

記事を読む

【線香】永平寺でも使われている線香「零陵香」を試してみた~今までで一番個性的な香り

かの有名な福井県の永平寺でも使われているという線香「零陵香」を買ってみました。伝統的な香りかと思っていたら、全然違う、個性的な香りで驚きました。

記事を読む

淡墨の桜

【線香】「宇野千代のお線香 淡墨の桜」になぜか配合されているビタミンE~フローラルな香水のような香り

線香をまとめ買いしたら、おまけでついてきた「淡墨の桜」という線香。作家の宇野千代さんブランドの線香なのですが、これになぜかビタミンEが配合されていました。線香にビタミンEって初めてです。

記事を読む

【線香】「名香 薫翠」は白檀ベースの甘めで渋い香り。リーズナブルで匂いも薄く使いやすい。一度試す価値あり。

江戸時代の配合を忠実に復刻したという線香「名香 薫翠」を買ってみました。江戸時代というわりに香りは現代風でしたが、匂いは薄めで使いやすい。私の体質には少し合いませんでしたが、試す価値あり。

記事を読む

奥野晴明堂ゼロ

香料ゼロ線香(奥野晴明堂 ゼロ)の意義

いつも使っている「くすの木せんこう」の買い置きがなくなったのでまとめ買いしたら、おまけに「ゼロ」という名の無香料・微煙タイプの線香がついてきました。線香なのに無臭・微煙とはこれいかに。

記事を読む

【線香】「白檀高野霊香」は天然白檀をふんだんに使った本格派~爽やか柑橘系の上品白檀

普段使いのご先祖様供養線香として愛用している「銘香高野霊香」と同じメーカーから出ている「白檀高野霊香」を試してみました。予想に反して、香りが薄く、爽やか系。でもどぎつくなくて使いやすいです。

記事を読む

高級線香「銘香五筆」、買ったばかりだと匂いが強すぎて車の芳香剤っぽかったのが、12日置いたら良い香りに変化

普段使いもできる高級線香の候補として買った「銘香五筆」。購入したばかりのときは香りが強すぎて、これは使えないと思い放置。しかし12日後に再チャレンジしてみたら、匂いが弱まり、香木に近い良い香りに変化していました。これなら使える!

記事を読む

くすの木せんこう

体に優しい「くすの木せんこう」でご先祖様供養

毎日のご先祖様供養も四年目に入りました。現在使っている「くすの木せんこう」は、合成原料不使用で、煙を吸っても体調が悪化しないところが好きです。

記事を読む

【線香】「ハーブ香・カモミール」(微煙・微香)で初めてのご先祖様供養

線香「ハーブ香・カモミール」で初めてのご先祖様供養をしてみました。微煙というだけあって煙はほぼゼロ。でも甘いミルク飴のような香りがけっこう強いです。

記事を読む

【線香】淡路梅薫堂の「あまちゃ(甘茶)香」は、お茶っぽくない派手な香り~アールグレイ(紅茶)+レモン+白檀っぽい濃厚さ

「あまちゃ」と聞いて、お茶っぽい静かな香りを想像して買った「あまちゃ香」。実際に焚いてみたらすごく紅茶っぽい派手な香りでびっくり。アールグレイとレモンor柚子、白檀を混ぜたような濃厚な香りです。

記事を読む

【線香レビュー】麗しき本物の線香(風韻シリーズお試しセット:白檀、沈香、伽羅)【化学香料不使用】

自然の香木を使用し、染料・化学香料・添加物などは一切不使用という高級線香「風韻」のお試しセットを取り寄せてみました。気品のあるとても良い香りで驚きです! 本物はやっぱり違う!

記事を読む

華やかな香り、かつ、経済的な線香を求めて「福運白檀」を買ってみた

ご先祖様供養に使う線香で、普段使いしているのは「くすの木せんこう」なのですが、これより香りが華やかで、かつ、特別な日用の「風韻沈香」よりは経済的な線香が欲しくて、「福運白檀」という線香を買ってみたのですが…。

記事を読む

【線香】「沈香零陵香」は零陵香シリーズ最高峰。桜餅のような甘さを感じる本格派【零陵香の高級版2】

零陵香シリーズ三種レビューの最終版です。この「沈香零陵香」は三種の中で最も高級品。ポマード臭に桜餅のような甘さの混ざった濃厚な香りです。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る線香レビュー」の記事をもっと見る
同じカテゴリの記事をもっと見る供養グッズ」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

食べたもの・買ったものレビューを中心に、日常の中で「あっ」と感じたことを何でも記事にしています。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設10周年を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細