華やかな香り、かつ、経済的な線香を求めて「福運白檀」を買ってみた

2010年にご先祖様供養を開始して以来、色々と線香を試した結果、

●普段は「くすの木せんこう
●特別な日(お盆、お彼岸)は「風韻 沈香

を焚くというやり方に落ち着いています。(2018年追記:現在は、普段は「銘香高野霊香」(レビュー記事はこちら)を焚いています。)

スポンサーリンク

華やか、かつ経済的

ただ、前々から、「くすの木せんこう」と「風韻 沈香」の中間に位置するような線香が欲しいという思いがありました。

↑「くすの木せんこう」は、経済的(一本約4.6円)で、無添加で安全。

食べ物で例えれば玄米のような感じで、飽きないし、枯れ草を燃やしたときのような煙の香りも安心感があって好きなのですが、もう少し香木系の華やかな香りを楽しみたいかなと思うこともある。

↑「風韻 沈香」は、天然の香木(沈香)使用の無添加線香で、香りがとても良く、気に入っているのですが、高品質な分だけ値段も高級で、線香一本あたりの価格は約31円

これを気軽に使えたらベストなんだろうけれど、値段を考えると、やはり特別な日にしか使えない。

中間の線香

……「くすの木せんこう」よりも華やかな香りの、「風韻 沈香」よりも財布に優しい線香はないだろうか?

というわけで、「くすの木せんこう」と「風韻 沈香」の中間に位置する線香を新たに探してみることにしたのです。

香り弱め希望で「福運白檀」

ちなみに、「くすの木せんこう」、「風韻」以外に今まで使ったことがあるのは「好文木」「香樹林」ですが、現在はそれらの線香は香りが強すぎるように感じて使っていません。

香りが弱めの線香が希望で、口コミ等から良さそうかなと思って買ってみたのがこちら。↓

福運白檀

福運白檀

価格は、一本あたり5.8円で、この値段ならば「くすの木せんこう」と同じ気軽さで頻繁に使えます。

問題はその香り

こちら、公式サイトに、『他の香りの材料を使わず、厳選した白檀を練り上げた純粋白檀線香』とあったので、香木の質素で上品な香りが楽しめるのかな? と思ったのですが……。

福運白檀

↑封を開けてみると、牛乳石鹸のような甘い香りが漂いました(笑)。

これはちょっと、私の想像していた「白檀」とは違うかな? ……と思いながらも、まあ、石鹸系ですから、良い匂いではあります。清潔感があります。

焚いてみた

ちょっとした不安を覚えながらも(笑)、早速、実際にご先祖様供養で焚いてみることにしました。

火をつけ、灰にさします。

立ち上る煙。

その香りを嗅いでみると……うん、悪くない

クセのない、甘くて静かな香りです。ハッカのような涼しげな香りも混じっているような感じがします。

供養部屋のドアを閉め、一階に下ります。

そうすると、供養部屋から線香の煙が少しだけ漏れて一階に届くのですが、この香りもなかなか良い感じ。

香りの強すぎる線香だと、一階でもその匂いがきつく感じ、窓を開けたくなるのですが、福運白檀は大丈夫でした。

翌日、供養部屋にどれだけ残り香があるか確認してみたら、ほとんど感じず、その点はとても良いと思いました。

くすの木せんこう」と並行して、普段使いしていきたいと思います。

追記:使い切った

その後、毎日のようにこの福運白檀を焚いて、一箱なくなりました。

苦手な香りだと使い続けられなくなるので、最後まで使えたということは私にとってわりと良い香りだったということになると思います。

人工的な香りではなく、自然で強すぎない甘い香りだったのが良かったです。

線香の入っていた箱に良い香りが移っており、もったいなくて、まだ捨てられていません(笑)。

追記:福運白檀に使われている香料について

福運白檀にどんな香料が使われているのか、製造元の「株式会社大発」に電話をして聞いてみたところ、

福運白檀に使っている香料のうち、9割は天然ものだが、1割に化学合成香料を使用している。

ただし、化学合成香料と言っても、「IFRA」(イフラ)という厳格な規格を通った、肌につけても大丈夫な香料を使用しているので、未検査の天然香料より安全性は高い

とのお答えをいただきました。

100%天然白檀使用というわけではないけれど、合成香料の使用率は1割にとどまっているということで、わりと安心して使える線香なのではないかなと思いました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

くすの木せんこう

体に優しい「くすの木せんこう」でご先祖様供養

毎日のご先祖様供養も四年目に入りました。現在使っている「くすの木せんこう」は、合成原料不使用で、煙を吸っても体調が悪化しないところが好きです。

記事を読む

淡墨の桜

【線香】「宇野千代のお線香 淡墨の桜」になぜか配合されているビタミンE~フローラルな香水のような香り

線香をまとめ買いしたら、おまけでついてきた「淡墨の桜」という線香。作家の宇野千代さんブランドの線香なのですが、これになぜかビタミンEが配合されていました。線香にビタミンEって初めてです。

記事を読む

【線香】「白檀高野霊香」は天然白檀をふんだんに使った本格派~爽やか柑橘系の上品白檀

普段使いのご先祖様供養線香として愛用している「銘香高野霊香」と同じメーカーから出ている「白檀高野霊香」を試してみました。予想に反して、香りが薄く、爽やか系。でもどぎつくなくて使いやすいです。

記事を読む

永平寺でも使われている線香「零陵香」を試してみた~今までで一番個性的な香り

かの有名な福井県の永平寺でも使われているという線香「零陵香」を買ってみました。伝統的な香りかと思っていたら、全然違う、個性的な香りで驚きました。

記事を読む

【線香】「沈香五筆」は、むせかえるような甘い匂いが女性的【五筆シリーズ最高峰】

以前試してなかなか良かった「銘香五筆」の上位バージョン「沈香五筆」を試してみました。とても甘い香りで女性的。

記事を読む

【線香】天然香料100%「銘香高野霊香」は、重厚感ある豪華な香り~普段使いの線香として理想に近い

高野山の金剛峯寺でも使われている「銘香高野霊香」という線香を買ってみました。合成香料不使用なのに豪華な良い香りで、価格も高すぎず、なかなか気に入りました!

記事を読む

奥野晴明堂ゼロ

香料ゼロ線香(奥野晴明堂 ゼロ)の意義

いつも使っている「くすの木せんこう」の買い置きがなくなったのでまとめ買いしたら、おまけに「ゼロ」という名の無香料・微煙タイプの線香がついてきました。線香なのに無臭・微煙とはこれいかに。

記事を読む

【線香】安すぎるのが怖くて買えなかった「仙年香」をやっと試してみた~香りは安っぽくない。意外と自然系。

丁子の香りというのでずっと気になっていた「仙年香」を、ついに買ってみました。安い線香なので匂いが人工的すぎたらどうしようと思っていたのですが、意外と悪くない!

記事を読む

【線香】「新特撰零陵香」は懐かしい昭和チックな香り。渋みのあるポマード系。【零陵香の高級版1】

零陵香の上位バージョン「新特撰零陵香」のレビューです。零陵香は若々しい匂いでしたが、こちらは渋い匂い。残香が弱いのが好印象です。

記事を読む

【線香レビュー】麗しき本物の線香(風韻シリーズお試しセット:白檀、沈香、伽羅)【化学香料不使用】

自然の香木を使用し、染料・化学香料・添加物などは一切不使用という高級線香「風韻」のお試しセットを取り寄せてみました。気品のあるとても良い香りで驚きです! 本物はやっぱり違う!

記事を読む

【線香】風韻の「沈香」でご先祖様供養【化学香料無添加】

お試しセットで試した高級線香・風韻沈香の45g入りを買いました。無添加で本物の香り! 静かなお堂を思わせる、静かで凜とした香りです。

記事を読む

【線香】「沈香零陵香」は零陵香シリーズ最高峰。桜餅のような甘さを感じる本格派【零陵香の高級版2】

零陵香シリーズ三種レビューの最終版です。この「沈香零陵香」は三種の中で最も高級品。ポマード臭に桜餅のような甘さの混ざった濃厚な香りです。

記事を読む

高級線香「銘香五筆」、買ったばかりだと匂いが強すぎて車の芳香剤っぽかったのが、12日置いたら良い香りに変化

普段使いもできる高級線香の候補として買った「銘香五筆」。購入したばかりのときは香りが強すぎて、これは使えないと思い放置。しかし12日後に再チャレンジしてみたら、匂いが弱まり、香木に近い良い香りに変化していました。これなら使える!

記事を読む

【線香】「大香木白檀」の長寸を買ったつもりが間違えてもっと長い線香(大薫香)購入~箱を開けたら太すぎた

お盆の供養に「長寸」(普通より長いサイズ)の線香を買ったつもりが、届いてみたら想像以上に長すぎ太すぎの線香でびっくりしました。間違えて、長寸よりさらに一段階上のサイズのものを買ってしまったようです。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見る線香レビュー」の記事をもっと見る
運営者紹介

運営者のです。

当ブログでは、生活の中の「健康・お役立ち・おもしろ」情報を記事にしています。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細