マクロビオティックはスーパー除去食

今日は久々に大失敗しました。

私は卵アレルギー持ちなのですが、しばらく食べていなかったし、質の良い卵だから大丈夫だと思って卵を食べたのです。

そしたら湿疹ではなく、喉を絞められるように苦しくなって。

調べたところ、「喉頭絞扼感」というアレルギーの症状らしい。自分に腹が立ちました。失敗は必要だけれどやはり手痛いですね。チクショー。

自分は、マクロビオティック実践者である前に食物アレルギー持ちなのだと思い知らされた気分です。

私にとってマクロビオティックは「ただ健康を維持するだけのもの」というより、もっと切実なもの。スーパー除去食です。これからも一生お世話になるんだなあと改めて思いました。

2017/02/09追記:8年前に書いた上記記事を今読んで、「これからも一生お世話になるんだなあと改めて思いました」という箇所に「いやいや! 一生世話になんてならないし!!」と心の中で大ツッコミを入れてしまいました(私はマクロビオティックを卒業し、現在は自分なりの健康法に移行しています)。

本当に、一時期は、マクロビオティックと同一化していた。その感覚を今では思い出すのが難しいです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事

マクロビオティックにとらわれてはいけないと気づかせてくれた病気を長期戦で治す

マクロビオティックを卒業するきっかけとなった病気。7ヶ月経っても微熱が続いていますが、これがマクロビオティックの最終試験だとも思って日々体調を見つめています。

記事を読む

本当にマクロビオティックに飽きたのか

「マクロビオティックに飽きるとき」というコラムを更新したのを最後に、体調不良で更新が停止してしまいました。そのコラムのタイトルだけ見たら、マクロビオティックに飽きて更新停止したみたいですよね。

記事を読む

マクロビオティックQ& A独学法編スタート

マクロビオティックQ&Aに「マクロビオティック独学法編」を加えました。能動的なマクロビオティック実践の参考にしていただければ幸いです。

記事を読む

マクロビオティックを卒業したらマクロビオティック実践をしていない方からもメールが届くようになった

マクロビオティックを卒業したら、マクロビオティックを実践していない方からもメールをいただけるようになりました。世界が広がったようで嬉しいです。

記事を読む

マクロビオティック創始者、桜沢如一氏の本が、マクロビオティック勉強にはまずおすすめ

マクロビオティック創始者、桜沢如一氏の文章が好きです。読者に媚びていないのが良いです。

記事を読む

生理中に頭痛発生~貧血を疑ってひじきの煮付けを食べてみる

月経による貧血の頭痛解消のため、ひじきの煮付けを食べ始めました。

記事を読む

マクロビオティックのおかげで落ちた欲求~スナック菓子、アイスクリーム、洋菓子類など

マクロビオティックをやめて良かったことも多いですが、もちろん「やって良かった」こともあります。

記事を読む

疑問編「マクロビオティックを独学でやれるか不安」更新

マクロビオティックQ&A疑問編「マクロビオティックを独学でやれるか不安です」更新です。

記事を読む

マクロビオティック卒業後、ストレスのない食生活

マクロビオティック卒業でもっと食生活が乱れるかと思っていましたが、そうでもありませんでした。

記事を読む

マクロビオティック実践記終了& マクロビオティックスイーツに興味を持つ

「豆腐のチーズケーキ風」というものを食べたと読者様からご報告いただき、マクロビオティックスイーツに興味を持ちました。

記事を読む

マクロビオティックは厳しいもの

私は、マクロビオティックってけっこう厳しいものだと思っています。

記事を読む

厳格なマクロビオティックは簡単

厳格なマクロビオティックの実践法は簡単。最初の頃は大変でも、慣れると平気になってきます。

記事を読む

Q&A疑問編「マクロビオティックをやめたいが…」更新!

マクロビオティック羅針盤内、マクロビオティックQ&A「マクロビオティックをやめたいが、やめたら病気になりそうで怖い」更新情報のお知らせです。

記事を読む

マクロビオティックを卒業するとき~マクロビオティック独学の先にあるのは、自分だけの健康道

マクロビオティック実践を終えても、今まで歩んだマクロビオティック道が消えるわけではありません。県境を越えるように、違う道が始まるという感じです。自分だけの健康道です。

記事を読む

同じカテゴリの記事をもっと見るマクロビオティックに関連して」の記事をもっと見る
運営者紹介

健康探究ブログ」運営者のです。

食べたものレビュー(基本的に自然派・無添加系)、買ったものレビューが中心。

読んで下さった方に必ず何かしらのプラスがあるようにという志で記事を書いています。

サイト開設12周年(記念記事はこちら)を迎えました。

北海道旭川市在住。お茶の水女子大学卒業。

管理人のプロフィール詳細