真珠、サンゴパウダーが配合されたゴージャス歯磨き「デンタルホワイト」はさっぱりと使いやすい

シェアする

母が、市内の自然食品店でまとめ買いをしてきたのですが、何かのキャンペーン中だったらしく、おまけでこんな物をもらってきました。↓

リマナチュラル デンタル ホワイト

↑「デンタルホワイト」という自然派の歯磨き。マクロビオティック創始者桜沢如一氏の奥さんである「里真(りま)」さんの名を冠したブランド「リマナチュラル」の商品です。

安全性の高い成分

リマナチュラル デンタル ホワイト

↑全成分はこちら。海塩が入っているところがいかにもマクロビオティックっぽいです。

聞き慣れない成分(ラウリン酸ポリグリセリルなど)は調べてみましたが、どれも安全性の高いものばかりで、安心して使えると思います。

「真珠層末、サンゴ末」が研磨剤として使われています。サンゴや真珠を歯磨きの研磨剤に使うなんて初めて聞きました。なんだか妙にゴージャスです。

この歯磨きのキャッチコピーが『宝石のように美しく輝く口元へ』というのも真珠やサンゴ由来なのでしょう。

さっぱりしていて使いやすい

リマナチュラル デンタル ホワイト

↑本体はこんな感じ。歯磨きというより日焼け止めのような、化粧品っぽい見た目だなと思いました。

リマナチュラル デンタル ホワイト

↑中身は、真っ白なゆるめのクリーム。早速これを歯ブラシにつけて磨いてみたら、一応「香味剤」として「キシリトール」が入っているはずなのですが、ほとんど甘さは感じなくて、薄しょっぱいです。海塩の存在感がけっこうあります。歯茎に良さそう。

香りは、「レモングラス油」のものを一番感じました。爽やかな草のような香りです。

泡立ちはほとんどなし。落ち着いてゆっくり磨けます。

口をゆすいだあとの変な後味もないし、さっぱりとして使いやすい歯磨きだと思いました。

朝の歯磨きのラインナップに加えて使っていこうと思います!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事

リニューアルした歯磨き「アバンビーズ」を使ってみた~ユーカリ油が配合され味わいさっぱり

乳酸菌歯磨きのアバンビーズがリニューアルしたというので買ってみました。香味剤としてユーカリ油が新たに加えられたおかげか、より爽やかな味わいになりました。

記事を読む

アバンビーズDX

乳酸菌入り歯磨き「アバンビーズ」で口の中スッキリ(シトラスミント味)

最近気に入って使っている「アバンビーズ」という歯磨き。歯垢除去成分として生きた乳酸菌が配合されており、朝、口の中がスッキリします!

記事を読む

ヴェレダソルト歯磨きのまとめ買い~ミルラエキスと塩のつぶつぶが歯茎に効く!【合成界面活性剤不使用】

愛用中のヴェレダソルト歯磨きを3本まとめ買いしました! ハーブ(ミルラ)エキスと塩のつぶつぶが歯茎を引き締めてくれます。合成界面活性剤が入っていなくて安心!

記事を読む

乳酸菌入り歯磨き「デントラクト」は無添加で安心して使える~自然海塩「海の精」使用

四年前から乳酸菌入り歯磨き「アバンビーズ」を使ってきたのですが、入っている添加物のことがずっと気になっていました。そんなとき、無添加の乳酸菌歯磨きを発見! 成分の安全度が本当にすごい。

記事を読む

ケアポリス

高濃度プロポリス入り歯磨き「ケアポリス」で歯茎すっきり

蜂が、巣作り時にハーブの新芽等を使って作る抗菌成分「プロポリス」が配合された歯磨きを朝に使い始めました。研磨剤や発泡剤不使用の自然派。良い感じです!

記事を読む

アバンビーズ

急に歯がしみる! 知覚過敏用の乳酸菌歯磨きアバンビーズ(ラ・フランスミント味)を使ってみる

左の歯列が急に熱いもの、冷たいものにしみるようになってしまいました。そこで、知覚過敏用のアバンビーズ(歯磨き)を使ってみることに。

記事を読む

アバンビーズ

スースー感の強い歯みがきを使いたくて、アバンビーズのワイルドミント味を試してみる

乳酸菌入りアバンビーズ(シトラスミント味)を去年から使っているのですが、もう少しスースー感が強いものも試したくてワイルドミント味を買ってみました。

記事を読む

歯磨き 適量

歯磨きの適量は「歯ブラシに1cm」で正しい?

歯ブラシ全体に歯磨きがのせられている広告写真を見た母が、普段の我が家の歯磨き使用量(1cm)が少なすぎるのではないかと騒ぎだしました。

記事を読む

歯ブラシ

十年前に買った未使用歯ブラシを発掘~使ってみたが劣化を感じる

長年手つかずだった収納を整理したところ、おそらく十年以上前に買った未使用の歯ブラシを発掘しました。使ってみましたが、どうもブラシが劣化しているようで……。

記事を読む

デンタルフロス二刀流~入り組んだ箇所にヒモタイプ、その他はヘッド固定タイプ

持ち手つきのフロスでは届かない場所に、ヒモタイプのフロスを使うことにしました。すると、入り組んだ場所にもフロスが通って感動!

記事を読む